HOME旅行記一覧
スイスとアルプスの山々 (2007年6月25日〜7月3日)
おわりに
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇

2度目のスイス、「行って良かった」が感想です。約束したが如く、山岳リゾートは晴れました。最初のグローセ・シャイデック展望台を出発するころから天上の雲は急速に減りはじめ、ユングフラウヨッホ展望台、フルカ峠、ゴルナーグラート展望台、エギュー・ド・ミディ展望台の全てで好天気に恵まれました。シャモニー出発後30分もしたら雷雨となり、間一髪でアルプスの観光を終えたのです。天候にはツキがありました。
その結果、雄大なアルプスの山々を高所から眺望し、さらにハイキングで山麓を下りながら楽しみました。山岳の風景は高度や角度によって違って見え飽きません。おしむらくは山頂のみ雲が発生している山々もあったが、時には雲の発生が減ってチラッと見えたり・・・。
スイスの高原では、赤い花、黄色の花、ブルーの花、白い花、・・・、各種の高山植物が一斉に咲いていた。もちろん人手が全く入っていない自然のお花畑のこと、人工の広大な観光用花畑みたいなインパクトはありません。しかし、白銀の峰々に囲まれた高原の草地一面に、あるいは所々に、可憐な花がたくさん咲いている。似た色でも違った花だったり、変化にも富んでいる。小さなそれぞれが懸命に背伸びして太陽の光を受けて輝いている。ダイヤモン・クリアーな空気を胸一杯に吸いながら気持ちよいハイキングも楽しめました。
「アルプスの自然から最大のブレゼントもらった」と満ち足りて帰国しました。

出発日の前日に右上前歯の歯肉が炎症を起こしてトラブルとなりました。出発日の朝、行きつけの歯医者さんにアポなしで朝1番の治療をして頂きました。万一の化膿止め抗生物質なども持たせてもらって昼過ぎに出発でした。
適切な治療でして、出発後は1度も痛くならず、旅行中に治りました。全く不本意な時の歯肉炎でしたが、問題なく旅行を楽しめたのも治療して頂いたおかげでもあります。一言、感謝です。

これ以上、何も書けません。
長々とした北行庵のスイス旅行記に最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。
もし宜しければ、北行庵の他の旅行記もお楽しみください。
またのご来訪をお待ち致しております。

◇◆◇

PAGE▲TOP