旅行記|トルコ:バス周遊の旅 (2002年11月21日〜11月26日)
トルコの基本情報(旅行用/2007年)
表紙 | ツアー | トルコ情報 | 始めに | 1日目 | 2日目 | 3日目 | 4日目 | 5日目 | 6日目 | 終りに
前頁に戻る 行程表(目次) 次頁に進む
◇◆◇

国名(英語) トルコ共和国 ( Republic of Turkey )
国旗 Flag_Turkey かつてのオスマン帝国の国旗と同じデザインといわれる。この三日月と星の組み合わせはイスラム教のシンボルとされるが、アナトリアではイスラム教が広まる前からあった、という説もあるらしい。
建国記念日 1923年10月29日、当時のケマル・アタテュルク大統領はトルコ共和国の独立を宣言、以来10月29日は「共和国の日(トルコ共和国宣言記念日)」なる祝日(独立記念日)です。
憲法 現在の憲法は1982年に制定されたもの。
2007年10月22日、大統領公選制を含む憲法部分改正案が可決された。
近代トルコ政治の偉人 ケマル・アタテュルク(1881〜1938)
トルコを独立国家へと導き、初代トルコ共和国大統領を務め、イスタンブールからアンカラに遷都し、その他多くの国の基本路線を敷いた人物と言われています。
首都 アンカラ(人口約401万人)
国の人口 7206万人 [2005年、外務省サイト]
面積 約780,576平方Km(日本の約2.07倍) [外務省サイト]
人口密度 92.5人/平方Km(日本は約342人)
民族 トルコ人 (南東部にはクルド人、アルメニア人、ギリシャ人、ユダヤ人等も多い)
言語 トルコ語(公用語)/文字はラテン文字(ローマ字)
宗教 イスラム教(スンニ派、アレヴィー派)が多数派(人口の約99%)。
他にギリシャ正教、アルメニア正教、ユダヤ教。
イスラム教国としては珍しく、明確に「政教分離」を定めている。
連邦議会 一院制(550議席 任期5年 複数政党制)、議員は比例代表制選挙で選出。
政治体制 共和制。2007年秋までは大統領および首相は大国民議会で選出されていたが、2007年10月22日の憲法改正・成立により大統領公選制にかわる。大統領の任期は今までの7年1期から5年2期までとなる。
地方の行政単位 全国で81の県
国際政治 欧米との協調的な関係が基本。NATO、OECD、OSCEの加盟国。
EU と IMF 加盟を目標にしている。クルド人問題とキプロス問題をかかえている。
産業構成 サービス業(63%)、工業(25%)、農業(12%) [出典:外務省サイト/2002年]
経済指標 GNP/1人(5477ドル年)、経済成長率(6.0%)、物価上昇率(9.7%)、失業率(9.9%)  [出典:外務省サイト/2006年]
国の花 チューリップ (Tulip / トルコ語ではターバンを意味する Tulbend )
トルコの世界遺産 ◇ イスタンブール歴史地域 文化遺産 / 1985 /
◇ ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群 複合遺産 / 1985 /
◇ ディヴリーイの大モスクと病院 文化遺産 / 1985 /
◇ ハットゥシャ :ヒッタイトの首都 文化遺産 / 1986 /
◇ ネムルット・ダー 文化遺産 / 1987 /
◇ クサントス-レトーン 文化遺産 / 1988 /
◇ ヒエラポリス-パムッカレ 複合遺産 / 1988 /
◇ サフランボル市街 文化遺産 / 1994 /
◇ トロイの古代遺跡 文化遺産 / 1998 /
入出国 (1) 90日以内の観光目的(商用目的も含む)の滞在ならばビザは免除
(2) 関税申告をしない場合は緑の窓口。
(3) 通過の持込・持出の額に制限はない。しかし5,000米ドル相当以上のトルコ通貨の持込・持出は禁止。[出典:Turkey Index]
通貨 [デノミネーション]
新トルコ・リラ(2005年1月1日 旧100万リラを新1リラへ呼称単位変更)
[現在(2005/1/1以後)]
単位:トルコリラ(TL)/補助貨幣クルシュ(kr)、1TL=100kr。
紙幣:1TL、5TL、10TL、20TL、50TL、100TLの6種
硬貨:1Kr、5Kr、10Kr、25Kr、50Kr、1TLの8種
両替 日本円の両替は銀行、空港、駅、ホテルなどで出来る。両替手数料あり。
為替相場 1新トルコ・リラ=約93.63円(2007年11月14日)
現在のレートは、例えば、[ Yahoo!ファイナンス ]を参照のこと。
税金 KDV(付加価値税)18%
外国人
免税制度
KDV(付加価値税)の還付制度あり。
度量衡 メートル法
交通 車は右側通行(日本の逆)。制限時速は都市部で50km、都市部以外では90km、と単純です。
チップ トルコではチップの習慣は定着していないが、高級ホテルやレストランではサービス10〜15%が予め含まれることもあるようです。この場合はチップはいりません。ホテルのポーター、枕銭、ルームサービスにはU.S.$1.00程度、レストランでは料金の10%をチップの目安とすると良いでしょう。タクシー(ドルムシュ)はチップ不要のようです。トルコ風呂(ハマム)は料金以外に小額のチップを渡す、とも云われます。
郵便局 “PTT”という黄色い看板、主要郵便局は、8:00〜24:00(月〜土)、9:00〜19:00(日)の営業。
国番号 00 (国際電話接続番号) + 90 (トルコの国番号)。(日本は 00-81)
モジュラージャック 日本・アメリカと同じRJ−11タイプ
電圧 交流220V(50Hz)
電源プラグ・タイプ 標準のプラグタイプはC型。時には異なるタイプのものもあるらしい。
時差 -7時間
夏時間(DST) あり。(夏時間の期間は時差-6時間)
気候 トルコは広く、4つの海に面したトルコの海岸線は8000キロにもなる。その国土は、温暖な黒海沿岸、大陸性気候の内陸部、地中海性気候のエーゲ海と地中海沿岸部などに分けられます。地方によって気候や降水量にかなりの差があるのです。季節ははっきりしているようです。
飲料水 トルコ政府観光局は「塩素消毒しているため、どこの都市でも飲むことができます」としている。しかし、旅行者はミネラルウォーターの利用が安心です。
飲酒 トルコは国民の99%がムスリム(イスラム教徒)で、飲酒は宗教的には禁止のはずです。しかし、レストランでの飲酒や商店での購入も可能で、飲酒には寛容と言われます。ワインやビールにも多くの国産銘柄があるらしい。ただし、酩酊などはきつく罰せられるので、適量で楽しむ程度が良いようです。
喫煙 愛煙家が多く、喫煙率が高いとされる。
トルコ共和国大使館
文化広報参事官室
(トルコ政府観光局)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-33-6
TEL:03-3470-6380(直) FAX:03-3470-6037
Mail:info@home.turkey.or.jp
外務省サイト 各国・地域 > トルコ共和国
外務省・安全情報 トルコの安全情報
トルコ情報 フリー百科事典ウィキペディア
トルコ関連サイト 日本トルコ文化協会
イスタンブル・パラダイス
英語サイト集 トルコで初めてで唯一の英字新聞と言っています。
TurkishPress.com: Turkish Daily News
上記と同じ新聞社、現地のニュースに直接触れるのには便利なサイト。
NTV MSNBC Anasayfa - English
経済関連に強いテレビ局のようで、トルコの最新情報が掲載される。
コメントなど

●この基本情報ページはオリジナルのトルコ旅行記にはありません。2007年11月の改訂版で追加、全データは改訂時点で入手したものです。
●上の表は、(1)外務省サイト、(2)トルコ政府観光局サイト、(3)ウィキペディア(日本語/英語)、(4) 日立デジタル平凡社、「世界大百科事典、DVD版」、1998年、〔注:現在購入できるのは、日立システムアンドサービス、「世界大百科事典第2版」、CD版2枚組み〕、(5)広辞苑、(6)数多くのウェブサイトの情報、等々を参考にして作成しました。 間違いがないよう気を付けたつもりですが正確さの保障はできません。経年変化も発生するでしょうが、原則としてデータや記述の更新は致しません。
●上記テーブルの固有名詞をコピーして Google、Yahoo!Japan、MSN Search など検索エンジンの入力ボックスにペーストすると迅速に詳細な情報が入手できます。
●リンクは無断リンクですが、なにとぞ御理解の程をお願いいたします。
◇◆◇
HOME旅行記集トルコ旅行記・トップ当ページ(トルコ基本情報)
前頁に戻る This Page Top ▲ 次頁に進む