HOME旅行記一覧
アメリカ西部の旅 (2008/6/25〜7/3)
はじめに
TOP ツアー 国情報 準備 始に 《往路:1日目》 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 《帰路:7-9日目》 終に
≪ PREV. 行程表(目次) NEXT ≫
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇


この旅行は以前から予定したものではなかった。2月に予約し支払も済ませたヨーロッパ・ツアーが残念ながら5月になりキャンセルとなった。急ぎ適当な旅行の候補地を選び、「エイッ」とばかりに180度の方向転換をして申し込んだツアーです。結果として、旅先がバルカン半島からアメリカ西部、航空会社が○○○から全日空、となった。とはいえ、同じ旅行会社の全食事付きパックツアーのこと、旅行先の環境が違うだけと云うべきかもしれません。

若い頃にアメリカ生活の経験があっても東海岸のニューヨークでした。いろいろ忙しくてグランドキャニオンすら見たことがなかった。「大のドライブ好きだったのに・・・。例え古くとも自分の車を走らせて、夏休みに西部の国立公園を束ねて見ておけばよかった」 と、この歳になり後悔しています。今となっては、左ハンドル車でアメリカの広いハイウエーを数週間も走り回る自信はない。

という訳で、ヨセミテ国立公園(世界遺産)、グランドキャニオン(世界遺産)、モニュメントバレー(ナバホ族公園)をツアーで見てきました。ヨセミテは晴ながら空気が山火事の煙で霞み、雄大な氷河谷の景観を満喫したとは云い難いのです。無論、雨や嵐よりは良かった。ブライダルヴェール滝やヨセミテ滝、エルキャビタンは見れたのですが、ウーン、もう一歩だけ欲張りたい気分です。グランドキャニオンはサンセットとサンライズを含め雄大な大渓谷の眺望を楽しみました。本当に大き過ぎる景観ですが、1度は見るべき自然の造形でしょう。モニュメントバレーは西部劇でお馴染みの砂漠の景色がそのまま楽しめます。こんな風景、他にない・・・。ここは先住民ナバホ族の直轄公園で、合衆国の国立公園ではありません。 全体としてアメリカ西部の特色ある自然公園3ヵ所を楽しむことが出来ました。
ラスベガスとグランドキャニオンは大型バスで往復、途中で歴史的景観ルート66の町キングマンとセリグマンにも寄れました。本当にワビ・サビ豊かな俳句や川柳を作るには適切と思える、アメリカの過去を今に語る優れて寂れた田舎かも知れません。

都会はサンフランシスコ、ラスベガス、ロサンゼルスです。サンフランシスコとロスアンゼルスは10年前に3日づつ自由散策を楽しんでいる。多少は変わっていましたが、特に目新しさは感じなかった。同じような観光地を回ったためでしょう。サンフランシスコの中華街とロサンゼルスのリトル東京は初めてみたいなものでした。
ラスベガスは初訪問、カジノは縁のないタイプながら、夜のイルミネーションには楽しめたものもありました。とにかくホテルの規模も大きく、その隣と云えども間隔があり、奇抜な外観やデコレーションやアトラクションなど奇想天外なものも多くて歓楽街としてスケールがちがう。中心のラスベガス・ブルバード自体が壮大な大人のテーマパークみたいなもの。好む好まぬは別として、すごいですね。砂漠の盆地にある街のこと、気温は高くて実に熱かった。が、低湿度のため辛さはそれ程でもなかったのです。

アメリカ西部の有名観光地ばかり回ったのだから、心配など何もせずに楽んだだけの旅行です。この旅行記は日付・時刻に沿って勝手気ままに書いた日誌・時刻誌みたいなもの、アメリカ西部旅行の雰囲気を少しでもお伝え出来ればと思います。制作時には、なるべく多くの情報を掲載するよう心がけたつもりです。お読みになりながら「参考になる情報」や「役立つ情報」に遭遇されたら、これに勝る喜びはありません。通読には時間がかかり過ぎるかも知れません。その時は左メニューで興味あるテーマを表示して御利用ください。

地図はなるべく基本的なものを掲載するようにしましたが、勝手に地図帳から取込む訳にはいきません。配布された国立公園のガイド地図(部分)や現地の案内板、そして自作のものを掲載しています。自作地図の他は全て英語版に日本語の地名を記入しています。例え無料パフレットの地図であれ、厳密には部分的な利用には問題があるかも知れません。御容赦いただけると幸いです。
インターネット上には Google Map など優れた地図サイトがあり、その活用で地図情報は簡単に入手できて便利です。しかし、旅行記としては少し違うタイプの地図が分かりやすいこともあり得るのです。

追記(2010/08/28): グーグル・マップ(Google Map)はグーグル・アカウントを持っていると特定地域をホームページまたはブログに埋め込み表示することが出来ます。幸い日本語の地名表示もあるので、この旅行記では今回の改善を機会に数カ所で利用し始めました。グーグル・マップは観光用の地図とは性質が違いますが、それでも拡大したり上下左右にスライドさせると様子が分かります。ご利用ください。ただし、オフラインでは表示されません。(追記・終)

このツアーでは4ホテルに宿泊しました。今までの旅行記と同じく、ホテルの画像情報は夫々1ページにまとめてあります。この旅行記では利便性を高めるために、ホテルの画像ページを「ツアーの概要と情報/宿泊ホテル」で表示できるようにしました。単なる宿泊記録写真でホテルの紹介としては不十分なことは承知していますが、それでもホテルの雰囲気を多少はお伝えできると思います。

当サイトの旅行記は行程順・テーマ別に写真ページを作成し、旅行記本文の [PHOTO] マークをクリックして表示、数多くの記録写真をお楽しみ頂く方式が普通です。しかし、この旅行記「アメリカ西部の旅」ではテーマ別の写真ページは用意されていません。代わりに、適切な場所に拡大可能な壁紙写真ページのリンクを設置してあります。風景写真はそちらをご覧ください。

いろいろ至らぬ点も多い紀行文ながら、「アメリカ西部旅行記」をお楽しみ頂けると幸甚です。 もし間違いなど問題にお気づきの場合は、ご遠慮なくメールフォームにてお知らせ下さい。では、どうぞ、ごゆっくりとお過ごし下さい。

◇◆◇
[北行庵]  HOME旅行記:一覧現在の頁(はじめに)
≪ PREV. 行程表(目次) NEXT ≫
PAGE▲TOP