HOME旅行記一覧
アメリカ西部の旅 7-9日目(2008/7/1 - 7/3)
(帰路)ロスアンゼルス⇒乗継⇒成田着・後泊
TOP ツアー 国情報 準備 始に 《往路:1日目》 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 《帰路:7-9日目》 終に
≪ PREV. 行程表(目次) NEXT ≫
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇


ミヤコホテル出発まで
04:00 起床。
05:00 ウェイクアップ・コール。
05:30 チップを置いて、部屋を出る。スーツケースを引き、エレベータ利用でロビーに降りる。
同じ旅行会社の他のグループで賑わっていたが、同じツアーでは未だ2人だけだった。
05:40 メンバーがそろい、サンドイッチ朝食の箱と缶ジュースを受取る。
05:45 ホテル玄関前からバスに乗車。添乗員さんからパスポートの確認要請があった。南米旅行の時にはバスの椅子の横にウッカリ落としてしまい、「パスポートが無い」と大騒ぎしたことがあった。見つかりましたが、バスの出発を遅らせてしまった。今回は大丈夫でしたが、どういう訳かこの時に思い出しました。
05:50 予定通り、出発です。

このページは食事の写真が多くなりました。移動で他の写真はあまりないので悪しからず・・・。

ロサンゼルス空港
06:30 記録はないが、この頃までに空港に到着したと思います。
各自で搭乗手続きを済ませ、スーツケースを預入れた。重量は20Kg以下で問題はない。今日は忘れずにANAのマイレージカードを提出した。同じスターアライアンスのUA窓口でマイレージを獲得したのです。
実はこの空港でUAサンフランシスコ便と帰国のANA成田便の搭乗手続きを済ませました。同じスターアライアンスの航空会社なので出来たことと思います。

アメリカ出国票付きの搭乗券
帰国便の搭乗券にはバスポートから外されたグリーンカード( Form I-94W )の出国部分がホッチキス止めになっている。 往路の日本出国時にも書きましたが、これがアメリカ出国の時に提出されないと、ビザ無し入国の滞在期限が過ぎた時点から自動的に不法滞在者の仲間入りです。本人は気づかずに日本で過ごすことになる。 「またアメリカに行こう」となった時に、びっくり仰天、ガクンとなる仕掛けです。

手荷物と身体のセキュリティーチェック。メンバーの搭乗券に手荷物精査の「SSSS」マークはなく、全員が通常の検査です。靴は脱がされました。


朝食のサンドイッチ弁当
搭乗する UA885便(08:42発) はターミナル7のゲート 70B でした。
07:12 搭乗口に到着。椅子に座り、朝食のサンドイッチ箱を開けた。飲物がないので、近くでミネラルウォーターを1本購入した。

07:35 アナウンスあり。搭乗予定のUA885便はサンフランシスコが天候不順のため出発中止となった。ハアー?
07:36 アナウンスあり、UA885便は天候のため遅れる可能性ありに変更となった。
07:45 アナウンスあり。UA885便は 09:30 出発となる。
08:00 添乗員さんから説明があった。
「サンフランシスコ空港は濃霧のため使用できない。 帰国便ANA/NH 0007はサンフランシスコを12:10発の予定、1時間あると乗継は出来る。 もし 10:00 までに UA885 が出発できないなら、ANAの帰国便を遅らせるよう要請する。 無理ならば、今日出発の UA 成田行きが2便あるのでそちらに切り替えて帰国する。」
何とかなりそうでした。

08:40 しばらくは椅子で休んでいた。退屈なので近くの本屋で気軽な感じの単行本(@14.00)を買った。結局は最初の部分を読んだだけだった。

09:00 アナウンスあり。UA885便は再度遅れて 10:00 出発になる。
09:15 アナウンスあり。出発時刻が 10:30 に延期。
09:37 アナウンスあり。出発時刻が 11:00 に延期。
10:05 添乗員さんから連絡あり。
「11:00 のUA885便に搭乗する。サンフランシスコ空港のANA機は我々の到着を待つ。待てなくなった時点で帰国は ANA からUA成田便に切り替える。」

10:30 ファーストクラス、ビジネスクラスの搭乗が始まった。これで安心です。しかし、「霧のサンフランシスコ」が本領を発揮したらどうなるか、いやと云うほど味わいました。
10:40 我々は第2グループとして搭乗でした。

UA サンフランシスコ便

UA885便、長時間の待機でした
機材は B767、座席配列 3-3、我々の座席は通路を挟んで 29C と 29D でした。ワイフは 29F だったが、ツアーメンバーが席を替わってくれたのです。何はともあれ、搭乗したのでホッとしました。
理由は忘れましたが、このUAサンフランシスコ便の搭乗券が半券付きでそのまま手元にある。新しく搭乗券が発券されたのか、あるいは見せるだけで搭乗させたのか、と思います・・・。
11:00 出発。2時間18分の遅れでした。
11:21 離陸。
11:40 コーヒーのサービスあり。ブラックにした。
12:12 着陸。
12:20 サンフランシスコ空港に到着。

ANA 成田便
大急ぎでANAの搭乗口に向かった。我々の到着を待っている。我々はこの空港で多少の土産品などを購入するつもりだった。諦めるしかありません。


サンフランシスコを発ったANA機
12:45 搭乗口に到着。直ぐに乗り込んだ。
12:50 機材は B777-300、座席配列は 3-3-3、私は22Fでワイフは24Gで少し離れている。直ぐ前はビジネスクラスだった。
セーターをリュックから出して着る。それから靴も脱いだ。その時の悪臭がすごく、驚くと同時にバツが悪かった。しかしエアゾール式の臭気消しは持ち込めず、困ったものです。
注: 後知恵ながら、ウォーキング・シューズは紐靴なので緩く紐を結び、着脱に靴べらが要らない程度にする。これで歩行中に靴と足の隙間に空気が出入りする。蒸れは少なくなり、悪臭もかなり減少します。

私の周囲に同じグループの人はおらず、アメリカ南西部の国立公園巡りの人達だった。となりは群馬県の高校の先生(女性)で、良く話す人だった。ロッキー山脈の南西部にはいろいろな国立公園があるが、5〜6カ所の自然公園を見てきたらしい。仲間の先生の数人とお金を貯めて、年に1度、海外旅行を楽しんでいるようでした。
中年女性のことで旅行は楽しいが足腰の痛みがつらいという。同じ問題を抱えるワイフに効果があった「ドクター・ショールの段階圧力ソックス」のことを話してみた。試めしてみたいらしく、ソックス名をメモしていました。

13:05 出発。我々の到着を待ったため、ANA成田便は55分遅れでした。
13:26 添乗員さんが人数を確認しながら旅行会社のアンケート票と封筒を配って歩く。
13:55 アンケートの記入を終える。ツアーとして特に問題はなかったし、大いに楽しめましたが、残念ながらロサンゼルスのガイドさんだけは良い評価を上げれない・・・。私はワンランク甘い採点を心がけているつもりですが・・・。
14:00 おつまみと飲物のサービス。
14:45 食事の配布。ウドンにタレをかけて食べるのは珍しくて良かった。ソバは時々あるけれど、ウドンの機内食は見たことが無いと思います。

最初の機内食

デザート
15:20 食後のデザート、ハーゲンダッツのバニラ・アイスクリームだった。好物なので嬉しかった。
15:30 マスク、耳栓、アイマスクをして就寝。実は少々風邪気味だった。眠る前に風邪薬を飲んだ。
20:35 目覚め。すぐに飲物とおつまみが配布になった。
21:00 2回目の機内食のメニューを見せてくれる。
21:05 食事の配布。食べ終わってからコーヒーを2杯もらいました。

2度目の機内食
21:40 この頃に食事の後片付け。
やはり風邪気味、また風邪薬をのんでおく。
日本の税関に提出する「 携帯品・別送品申告書(税関申告書) 」の用紙が見当たらない。スチュワーデスさんにお願いして一枚もってきてもらった。これは購入品の免税範囲に関係なくグループで1枚の提出が求められている。直ぐ記入を済ませておいた。
22:50 着陸。成田は曇だった。
23:00 空港ターミナルに到着。

西海岸時刻:7月1日23時00分 ⇒ JST:7月2日15時00分。(夏時間/時差は-16時間)


8日目(2008/7/2) 帰国、成田のホテルで後泊

成田空港でツアー解散

15:00 成田空港に無事到着でした。ツアーは空港で自由解散となります。

入国手続きを済ませ、1階のバゲージ・リクレームでスーツケースを受取る。スーツケース類はカートに乗せて運搬です。
その後、税関の検査となる。携帯品・別送品申告書を提出し、パスポートを見せるだけ。買物に高額品はなく土産品だけ、何時ものように夫婦で一緒に通関となりました。
以上の流れに問題はなく実にスムース、後泊ホテルの送迎バス乗場に向かった。

ホテル日航成田(成田・後泊1泊)
15:35 送迎バスの乗場に到着。スーツケースをカートから降ろした。
15:40 送迎バス出発。
15:50 ホテル到着。旅行会社の予約確定メールのコピーを提出してチェックイン。支払はクレジットカードによる先払いです。何時も通り新館の部屋、996号室だった。
16:00 チェックイン完了。手荷物はホテルの人に任せて、先に行く。部屋は広くてゆっくりできます。
16:10 スーツケースが届いた。

江戸前(上)

味噌汁
夕食:
18:00 本館11階のほかけ寿司に行く。今回の旅行の打ち上げ、ビール(小)1本、江戸前(上、@3500円)2つだった。代金はホテルの部屋に付けず、済ませて店をでる。
18:50 部屋に戻る。
久々にバスタブに湯を満たして風呂に入る。その後はテレビを見ながら眠ってしまった。
真夜中に目覚める。体調が思わしくなく、やはり風邪を引いている。手持ちのクリームサンドを食べ、それから風邪薬をのんだ。

9日目(2008/7/3) 国内移動、帰宅

後泊ホテルの出発まで
07:00 起床。良く眠った。
08:00 部屋を出て、1階の朝食レストランに行く。何時も通り、私は洋食、ワイフは和食、でした。コーヒーは甘くしてタップリ2杯です。

バイキング朝食(洋風)

バイキング朝食(和風)

08:42 朝食から部屋に戻った。
08:50 ベルキャップテンに電話、9時20分の送迎バスに乗ると伝えて、スーツケースの搬出を頼んだ。
09:10 チェックアウト。冷蔵庫のジュース1本の支払いのみ、キャッシュで済ませた。
09:20 送迎バスに乗る。今日も曇だった。

国内移動、帰宅まで
09:25 送迎バス出発。成田空港のゲートで身分証明書(パスポート)の確認。
09:35 第2ターミナル南口で下車、スーツケースをカートに乗せ、エレベーターで1階に下りる。
09:40 リムジンバスの羽田空港第1ターミナル行き乗車券(@3000円)を2枚購入。
09:55 リムジンバス出発。
11:05 羽田空港では第2ターミナルに寄ったあと、第1ターミナル到着です。ここで下車。
直ぐJALの搭乗手続きを済ませ、手荷物は預けた。
その後は何時ものように東京名物の羊羹を購入した。それから2階のスターバックスで休む。軽いランチです。

簡単なランチ

セキュリティ・チェックを受けて搭乗口19番に行った。

搭乗するJAL国内便、今日の東京は曇空でした。

□:□ 搭乗。機材はB767-200、座席配列は2-3-2、我々は19Dと19Eなので中央の左2座席だった。 スチュワーデスさんに膝掛け2枚を頼んだら直ぐにもってきてくれました。
□:□ 予定通りの出発。しかしタクシーアウトでは前に3機待ち、少し時間がかかった。
それ以外は通常の飛行、
予定通りに地元空港に到着でした。

空港の駐車場ではワイフの車が待っていた。不思議に汚れが無く、驚きでした。
無事に自宅に到着です。
自宅の周りも家の中も異常はなく、良いアメリカ旅行となりました。

◇◆◇
[北行庵]  HOME旅行記:一覧現在の頁(7日目)
≪ PREV. 行程表(目次) NEXT ≫
PAGE▲TOP