大山清掃登山

(1,252m、神奈川県)

2014年11月29日(土)
ヤビツ峠〜分岐(25丁目)〜下社〜(ケーブルカー)〜追分


 今年の清掃登山はスタートから雨で、のち土砂降り、下山後に晴れ、という生憎の天気だった。
 しかし、ボランティア精神旺盛なメンバー(本当は下山後の飲み会を楽しみにしている)は、元気にヤビツ峠を出発。
  参加者は14名。

(写真左:ヤビツ峠の紅葉)

 いつもなら大山の山頂までゴミ拾いをして、山頂で昼食にするが、雨が本降りになってしまい、分岐(25丁目)から下社へ下山。

「この雨じゃあゴミ拾いどころじゃあねぇなぁ・・!」と言うSさん。(写真左)

 とにかく足元が滑って危ない。拾ったゴミは例年の半分位だろうか?

 富士見台まで来ると、山ガール3人が初めて大山へ来たが、登るべきか下るべきか迷っているという。

 私は、下ることを勧め、晴れた日にもう一度来るようにと付け加えておいた。私はこんな雨の中を登って山が嫌いにならないでほしい、という思いがあったからだ。

 山ガールは素直に「ハイ、下ることにします」といい、オジさんと一緒に記念写真を撮りたいという。私は自分の娘と同じ歳頃の山ガールと一緒に、鼻の下をなが〜くしながら写真に収まった

 私は山ガールが下って来るものとばかり思っていたが、写真を撮った後、仲間のSさんが、「山頂へ行けばご利益があるから行った方がいい」と勧め、山頂へ向かったという。

 下社の屋根が見えるようになり、石段まで来ると、真っ赤な紅葉が目に飛び込んで来た。今年の紅葉は雨のせいか一段と鮮やかに見えた。


(石段に沿って植えてあるモミジ)

 下社へ着くと雨が一層激しくなった。売店へ駆け込み、雨具を着たまま昼食を摂った。

 そして、昼食が済んだ頃、やっと雨が止んだ。皮肉だなぁ〜、とボヤキながらも「山は晴れた日ばかりではない」と自分を慰めた。


(下社の紅葉1)

(下社の紅葉2)

(バス停の紅葉)

 早く伊勢原へ行って、”お疲れさん会”をやろう。生ビール&熱燗が待ってるぜ!