年間を通して同じ場所に生息し、季節による移動をしない鳥。


漂鳥(ひょうちょう)


暑さ、寒さを避けるため、夏は山地、冬は平地、と言うように繁殖地と越冬地を区別している鳥。


渡り鳥(わたりどり)


食糧環境繁殖などの事情に応じて定期的に長い距離を移動(渡り)するのこと。

日本を基準とした場合、以下のような分け方となる。


夏鳥

主として繁殖のために日本より南の国から渡ってきて、を日本で過ごし、繁殖期が終わると再び越冬のために南の国に渡って行く鳥。

冬鳥

主として越冬のために日本より北の国から渡ってきて、を日本で過ごし、が終わると再び繁殖のために北の国に渡って行く鳥。

旅鳥

日本より北の国で繁殖し、日本より南の国で越冬するため、渡りの移動の途中に日本を通過して行く鳥。
主として移動時期である春と秋に見られる。
シギチドリの仲間に多い。

留鳥(りゅうちょう)