最新の歯周治療 レーザーの応用  
当院のEr:YAG(アーウインヤグ)レーザーによる滅菌

歯周病は人類を悩ますすべての病気のなかでも、最もミステリアスで正体がつかみにくい疾患の1つだろう。国民の8割以上が生涯のうち1度は必ず罹患し、そのうえ多くが放置されている病気など他に類を見ない。歯周病は多因子積層型で、ワクチンもなければ根治治療もない。最後は「患者の自己管理が悪い」と歯科医師側の逃げ道まで用意されている悪質な疾患である。
そのなか最近注目されているのがレーザーによる歯周病治療である。歯周病原菌はグラム陰性・嫌気性菌であり、これらの菌の細胞膜は水分に富んだ粘液層なのでEr:YAGレーザーは水に強く反応する。このレーザーを照射すると簡単に細菌が破壊される。つまり滅菌が可能なのである。
歯周ポケットを滅菌状態にすることは歯周治療の究極目的であり、そのため抗性物質を使用した3DS法は耐性菌の問題、他の殺菌溶液は長期にわたる使用にもかかわらず治癒がわるいことが言われている。
当院のEr・YAGレーザーは短時間で確実な滅菌効果が得られ、臨床効果はたいへん優れたものである。