2017トップ画像:1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 金剛山の山野草  金剛山の樹木
11月13日
11日のKSSK観察会+その他の記録です。KSSKのHPと重なる画像があります。開花していたのは、アワコガネギク、シマカンギク、ノコンギク、ケシロヨメナ、ヤクシソウなど野菊の仲間でした。他に、タデ科のイヌタデとイラクサ科のヤマミズが細々と残っており、ほとんどは草本、樹木の果実でした。観察会で見つけた落ち葉の名前も出しています。
アワコガネギク(キクタニギク) シマカンギク ノコンギク マルバヤマホロシ果実 シオデ果実 サンカクヅル果実
アキグミ アオツヅラフジ果実 コクサギ雌株 果実 クサギ果実 オオバヤシャブシ果実
コミノサルトリイバラ果実 キブシ冬芽 オニツルウメモドキ果実 オニツルウメモドキ果実 落葉の観察 バッコヤナギ

11月6日
☆秋本番、金剛山は10月の2回の台風によって多くの土砂崩れが起きています。植物はよく耐えて咲き残りっていますが、草花は野菊以外はほとんど残り花。その中で、春に咲くコスミレが咲いているのを見かけました。狂い咲きという悪口を云われそうですが、それでも愛おしくて嬉しいものです。
☆樹木は殆どが果実の時期です。 ☆久しぶりにヤマホオズキに出会いました。大阪府の絶滅危惧U類
に指定されている貴重種です。
コスミレ コウゾリナ ヤマハッカ サクラタデ サクラタデ
アメリカイヌホオズキ ウシハコベ イヌコウジュ レモンエゴマ クサアジサイ
ハダカホオズキ ハダカホオズキ カラスウリ スズメウリ ヤマホロシ
ヤマホオズキ:ハダカホオズキと違って花のあと萼が大きくなり果実を包みます(左端)。まだ赤く熟していません。嵐に傷めつけられた様子です。 ヤマノイモのムカゴ
フユイチゴ ノイバラ サネカズラ ヤブコウジ ヤブミョウガ
金剛山の自然series
リンク集
情報



 
  



金剛山の植物に親しむ会 

金剛山のホームページ

掲示板リンク集(金剛山関係)

相互リンク集

ちはや星と自然のミュージアム


忍者さんの作品集
昭和4年に発足した伝統ある植物について学ぶ会近畿植物同好会に入会しませんか。

植物に関心をお持ちの方は、ぜひ一度、観察会に参加してみてください。新たな発見があります。(会長ごあいさつより) 
現在金剛山の植物調査をしています。
NHK気象情報
日本気象協会tenki.jp
BIGLOBE天気予報

金剛山の植物 花 野鳥
金剛山以外の花
KSSK特別観察会レポート
2016年トップ画像集
美し過ぎる日本の自然 2017.8.1
2015年トップ画像集 赤阪山の植物に親しむ会13/5/7
2014年トップ画像集 ◆和歌山 中紀の植物 2010/12/23 高野山の植物観察09/07/04
2013年トップ画像&うわさ話 アラスカ大自然ハイキング 雲山峰 06/4/30
立山・花旅 08.7/29〜8/1 雲山峰スミレの仲間 07/04/14
信州・関東すみれ追っかけ07/6/9 雲雀山2004/1/10
剣山花紀行 04/07/28 雲雀山 2013/3/30  
上高地 涸沢の秋 いも煮を楽しむ会
ヤマドリの群れ遭遇記  北海道の花 赤坂山の花
Special thanks野鳥物語.wmv 北アルプス雲の平   プロフィール
花の科学