3月14日
冬へ逆戻りかと思われる寒い日でした。期待していた開花情報も残念ながら先延ばしです。しかし、何か咲いていないかなとじっと見つめていましたらフサザクラが2輪だけ開き始めていました。足元でイワボタン(ミヤマネコノメソウ)も咲き始めており、植物が自然現象に対応するセンサーの見事さに脱帽です。それにしても、例年より遅い春です。でも一気に春爛漫に突入して花の追っかけが忙しくなるのでしょうか。
フサザクラ(タニグワ):前年の枝(短枝)に萼も花弁もない裸花を開いたところです。雄しべは多数、目立つ暗赤色は葯で、雌しべは雄しべ群の中に6〜18本輪生しています(画像を拡大すると花糸の隙間から見えます)。
花は基本的には風媒花で、たまに虫もやってきます。花が終わった後に葉が開きます。早春の谷筋に咲く美しいフサザクラは、カツラなどと同じように古くから生育している原始的な樹木です。
アブラチャン:たった一輪咲いていた花を無理やり撮りました

イワボタン(ミヤマネコノメソウ):金剛山ではあまり見かけないネコノメソの仲間。雄しべはふつう8本、葯(花粉袋)は黄色。  右端はヨゴレネコノメ
花時に根生葉があり、雄しべは萼より長くなる。参照:金剛山の山野草 イワボタン
ミスミソウ:ようやく開花寸前でした。きょうは咲いているでしょう。 タマゴケ:蘚類タマゴケ科タマゴケ属 胞子体が球形で人気がある。
ホウオウゴケ ゼニゴケ コモチマンネングサ フキノトウ
***************************************************************************************************************************
2017トップ画像:1月 2月 3月 美し過ぎる日本の自然

金剛山の自然series
リンク集
情報



 
  



金剛山の植物に親しむ会 

金剛山のホームページ

掲示板リンク集(金剛山関係)

相互リンク集

ちはや星と自然のミュージアム


忍者さんの作品集
昭和4年に発足した伝統ある植物について学ぶ会近畿植物同好会に入会しませんか。

植物に関心をお持ちの方は、ぜひ一度、観察会に参加してみてください。新たな発見があります。(会長ごあいさつより) 
現在金剛山の植物調査をしています。

NHK気象情報
日本気象協会tenki.jp
BIGLOBE天気予報

金剛山の植物 花 野鳥
金剛山以外の花
KSSK特別観察会レポート
2016年トップ画像集
美し過ぎる日本の自然 2017.1.24
2015年トップ画像集 赤阪山の植物に親しむ会13/5/7
2014年トップ画像集 ◆和歌山 中紀の植物 2010/12/23 高野山の植物観察09/07/04
2013年トップ画像&うわさ話 アラスカ大自然ハイキング 雲山峰 06/4/30
◆2012年トップ画像集 立山・花旅 08.7/29〜8/1 雲山峰スミレの仲間 07/04/14
2011年トップ画像集 信州・関東すみれ追っかけ07/6/9 雲雀山2004/1/10
剣山花紀行 04/07/28 雲雀山 2013/3/30  
上高地 涸沢の秋 いも煮を楽しむ会
ヤマドリの群れ遭遇記  北海道の花 赤坂山の花
Special thanks野鳥物語.wmv 北アルプス雲の平   プロフィール
花の科学
2