2017トップ画像:1月 2月 3月 4月 5月 6月 金剛山の山野草  金剛山の樹木
6月20日:久しぶりの慈雨にほっとしています。今夕は水まきしなくてすむので助かります。ジガバチソウ、クモキリソウなどが咲いています。金剛山では稀に見ることができるランで、(ランはすべて稀少種です)大切に護っていきたいですね。花の命は短くて咲いたら2,3日で萎れて行きます。
ジガバチソウとクモキリソウはラン科クモキリソウ属、ジガバチソウの花の形は複雑で本当に昆虫を思わせます。ラン科の花は花被片のうち唇弁が大きく目立ちます。雄しべは雌しべ(花柱)とくっついて”ずい柱”というものになり、花粉塊を作っています。(左から4番目の唇弁の上に見える)。進化の過程で複雑に変化した花で、形が面白いですね。
キイチゴの仲間:左からエビガライチゴ、ナワシロイチゴ、クサイチゴ、ナガバノモミジイチゴ、ニガイチゴ。 (キイチゴとは黄色いイチゴの意味ではなく、木本のイチゴという意味)
コアジサイ:ヤマアジサイのような装飾花はなく、花は両性花で、花弁5、雄しべ10、雌しべ(花柱)2〜4個。雄しべは長く青色を帯びる。
ミヤマウグイスカグラ ウリノキ オカウコギ
ササユリ ウツボグサ ケウスノキ アメリカオニアザミ
***************************************************************************************************************************************
6月16日:前回のオオバアサガラとの違いを見てください。はっきりと分かるのは葉裏を見ることです。
      アサガラの葉脈は網目がはっきりしません。オオバアサアラの葉裏には細かな網目が浮き出ています。花序の長さや形も違いますが、葉裏を見るのが確かです。
アサガラ アサガラの葉裏 オオバアサガラの葉裏 ヤブイバラ 頂小葉は他の葉より大きく先が細く伸びる
ギンリョウソウ ケヤマウツボ 白花のオカタツナミソウ ミヤマムグラ

金剛山の自然series
リンク集
情報



 
  



金剛山の植物に親しむ会 

金剛山のホームページ

掲示板リンク集(金剛山関係)

相互リンク集

ちはや星と自然のミュージアム


忍者さんの作品集
昭和4年に発足した伝統ある植物について学ぶ会近畿植物同好会に入会しませんか。

植物に関心をお持ちの方は、ぜひ一度、観察会に参加してみてください。新たな発見があります。(会長ごあいさつより) 
現在金剛山の植物調査をしています。

NHK気象情報
日本気象協会tenki.jp
BIGLOBE天気予報

金剛山の植物 花 野鳥
金剛山以外の花
KSSK特別観察会レポート
2016年トップ画像集
美し過ぎる日本の自然 2017.1.24
2015年トップ画像集 赤阪山の植物に親しむ会13/5/7
2014年トップ画像集 ◆和歌山 中紀の植物 2010/12/23 高野山の植物観察09/07/04
2013年トップ画像&うわさ話 アラスカ大自然ハイキング 雲山峰 06/4/30
立山・花旅 08.7/29〜8/1 雲山峰スミレの仲間 07/04/14
信州・関東すみれ追っかけ07/6/9 雲雀山2004/1/10
剣山花紀行 04/07/28 雲雀山 2013/3/30  
上高地 涸沢の秋 いも煮を楽しむ会
ヤマドリの群れ遭遇記  北海道の花 赤坂山の花
Special thanks野鳥物語.wmv 北アルプス雲の平   プロフィール
花の科学
2