渡船場のある宿場町

≪舞坂宿案内人の会のホームページへようこそ≫



 吹上の新名所・ラベンダー畑
 薄紫色の花が咲き競う


 舞阪町立郷土資料館企画展
 「さかなづくし―魚を描く―」
 
6月23日(日)まで(月曜日休館)

 


観察会&クリーン作戦 5月11日(土)

廣重画「東海道五十三次舞坂・今切渡船場」

夕日に染まる浜名バイパス今切大橋

 東海道四百年を機会に歴史の道が整備され、訪ね歩く人も増えています。浜名湖のほとりにある舞阪には渡船場が往時のままに残り、今も暮らしの中に溶け込んでいます。明治時代に鉄道の開通とともに開けた弁天島は景勝地としても知られてきました。海の見える宿場町には見どころがいっぱいです。町を訪れる人たちに史跡の由来や見どころを分かりやすく紹介しようと、平成12年11月に、舞阪町史研究会を母体にして「舞坂宿案内人の会」が発足しました。 
  舞坂宿を訪ねるときには私たちに声を掛けてください。案内にかかる費用はいっさい必要ありません。連絡はメールか電話でお願いします。電話連絡先:舞阪町教育委員会社会教育課(053-592-0742)