マカッサル1942年

Makassar in 1942

近藤哲郎氏所蔵の1942年ごろのマカッサルの写真集

Tim survei sumber daya alam dari Angkatan Laut Jepang mengunjungi berbagai tempat di Sulawesi selama Juli-Desember 1942. Mr.Kondo melestarikan foto album terdiri dari 118 gambar yang diambil selama survei karena ayahnya, Kondo Kozabuo, bergabung dengan tim survei sebagai spesialis kehutanan pada waktu itu.

昭和17年7月から12月頃にかけて海軍地区南方資源調査団がマカッサルを基地にセレベス島各地を調査のため訪れています。近藤鑅三郞(こうざぶろう)氏(故人)は林学の専門家としてこの調査団に参加しました。近藤家には、調査団に随行したカメラマンが撮影した118枚の写真が残されています。これらの写真の中から、ここでは調査団の本部が置かれたロッテルダム要塞とその周辺で撮影された写真をご紹介します。(近藤哲郎氏提供  (C) Kondo Tetsurou, used with permission)

昭和17年2月8日、日本海軍のマカッサル上陸作戦のあと、4月には民政府が設置され、山崎軍太氏がマカッサル名誉市長に就任しています。マカッサルに連合軍の爆撃が始まるのは昭和18年4月中旬以降です。従って近藤氏が駐在した時期は、蘭印時代の建物がそのまま残された、極めて平穏な時代であったと思われます。(参照:当時のマカッサル市内図)

1

ロッテルダム要塞入り口
Pintu masuk Fort Rotterdam

左側には「資源調査本部」、右側には「民政府標本陳列所」の看板が掛けられています。ここに資源調査本部が置かれていました。その後、昭和18年5月、この資源調査団が母体となって総合研究機関マカッサル研究所が発足しています。この研究所は、総務・農林水産・地質鉱物・環境科学・熱帯衛生・慣行調査の六部、総計482名、研究者、スタッフとも、すべて日本人でした。


2

ロッテルダム要塞内部
Dalam Fort Rotterdam

この写真を見ると、要塞の中の建造建物配置物、建物の形は、現在と比較して、かなり異なっている。日本軍政時代に建てられた建物もあります。


3

ロッテルダム要塞裏門(東門)
Pintu belakang (timur) Fort Rotterdam

現在、要塞の周囲は、海側を除いて大きな建造物によって囲まれ、写真の城壁や裏門を見ることは出来ない。蘭印時代、要塞の北側にユリアナ公園があった。そこには現在、国営ラジオ局RIIの建物や電波塔が配置されている。


4

マカッサル水族館
Akuarium Laut Makassar

マカッサルには第二次世界大戦中、おそらく空襲によって消失してしまったと思われる水族館がありました。


5

ロッテルダム要塞近くの
喫茶店からの眺め
Pemandangan dari kedai kopi di dekat Fort Rotterdam

当時兵隊たちに”海岸の喫茶店”と呼ばれておりました。 プールに隣設しており、此処からの夕景は綺麗で、戦争を忘れさせてくれました。 プールで泳いだあと、此の籐椅子に坐り、レモナーデなどを。 昭和18年春頃の空襲で犠牲者が多数出たため、この喫茶店は無くなりました。正面に見えるのは掃海艇。 戦時中船腹の艦番号は消してあったので何号かは不明です。 (匿名元軍人の回想)

6

ロッテルダム要塞近くの
喫茶店の女給
Karyawan kedai kopi di dekat Fort Rotterdam

この二人は姉妹です。アンボン系で、左が姉ミネコ、右は妹テルコと呼ばれ、兵隊たちのアイドルでした。  (匿名元軍人の回想)



7

大和ホテル
Yamato Hotel

手前が大和ホテル、蘭印時代の オラニエ・ホテル(Oranje Hotel) が日本軍に接収されて大和ホテルとなった。後ろの建物は司令部、大和ホテルはその後、何らかの理由(被爆?)で改修が行われた。(下の写真) 戦後は Grand Hotel として営業されていたが、現在この場所は銀行の建物がある。


1975年頃に撮影されたGRAND HOTEL

8

Hoogepad 通り(トキワ通り)
(現在のJl. Ahmad Yani)

 マカッサル随一の目抜き通り、Hoogepad 通りには大和ホテルのほか、司令部、薬局、セレベス新聞社、富士ホテル、清月堂などが並んだ。この写真は現在のカレボシ広場付近から海岸(ロッテルダム要塞)の方向の眺め。右側の司令部の建物の先に僅かに大和ホテルが見える。

9

マカッサル民政府
Administrasi sipil Makassar

大和ホテルとHoogepad 通りを挟んだ反対側にマカッサル民政府があった。(現在の市庁舎の場所)