スラウェシに於ける領事館の推移と
戦前(昭和14-16年頃)の日本人会の状況

Konsulat dan Perkumpulan orang-orang Jepang di Sulawesi pada Masa Pra-perang
klik Bahasa Indonesia

松田 勲 MATSUDA Isao

写真:昭和16年3月23日 在マカッサル大日本帝国領事館開館記念(写真提供:土井正治氏)
Orang orang di depan gedung konsulat Jepang di Makassar untuk peringatan upacara pembukaan pada tanggal 23, Maret 1941.

まえがき

取り敢えず入手できました資料を基に標題について箇条書きに纏めてみました。 顧みますと、昭和14年という年は、5月中旬に起きた満州国境のノモンハン事件の結末が影響し、またその前年の「東亜新秩序」の発表などとあいまって、やがて南進政策が企画されようとしていた時代でした。
  ところが、資料によりますとセレベス島にはもう既にこの年、かなり多数の日本人が在留しております。ということはこれら日本人在留者は、自ら求めてセレベス島に渡って行ったことになりますが、はるか海を越えてゆくことをもたらした、惹きつける何かがこの島にはあったということでしょう。たとえば、北部セレベス島モゴンド ウでコーヒーその他有用栽培物を栽培する農園が日本人によって経営されていましたが、これを可能ならしめた何かがあったと推測されます。マカッサルなど他の地区で も同様のことが言いうると思われます。 
  他方、これら日本人在留者を受け入れた現地側の実情はどんな状況だったので しょうか。この点は大いに知りたい所ですが未だ資料にお目にかかっておりません。 更に遡って草分け的な先人たちの状況、これらの方々を含め日本人在留者の残した足跡、遺産、そしてこれらが現地の社会にどう融和し受け継がれているか等調べる価値のある課題が多いかと思われます。

1.領事館の推移

(戦前)

(1)在メナド領事館

昭和12年12月18日に開設。バタヴィア、スラバヤ、メダンに次いで第4番目の領事館。昭和17年2月20日に閉鎖。従って先の大戦開始後も暫らく続いていたことになるが、この間の事情については資料見当たらず。この領事館が開設される以前は、当地域は在スラバヤ領事館が担当。

(2)在マカッサル領事館

昭和16年2月22日に開設。第5番目の領事館。従ってスラウェシ(当時はセレベス)には二つの領事館が開設されたことになる。しかし同年12月8日には閉鎖。この領事館が開設される以前は、スラバヤが当地域を管轄し、メナド領事館はその開設後もこの地域を管轄していなかった。

(3)他の地域の領事館

バタヴィア、スラバヤ、メダンの状況は次のとおり
(イ)在バタヴィア領事館 ー 明治42年2月14日開設、昭和16年12月8日閉鎖。
(ロ)在スラバヤ領事館 -大正9年3月13日開設。昭和16年12月8日閉鎖。
(ハ)在メダン領事館 - 昭和3年3月26日開設。昭和16年12月8日閉鎖

(戦後)

次に戦後の推移に関しインドネシア全体について時系列的に記すと次のとおり

  (1) 昭和26年11月22日ジャカルタ在外事務所開設
  (2) 昭和27年8月5日在外事務所が廃止され、在ジャカルタ総領事館開設
  (3) 昭和27年8月5日スラバヤ領事館再開>
  (4) 昭和33年4月15日日本国とインドネシア共和国との平和条約及び日本国とインドネシア共和国との間の賠償協定が発効。同日、在インドネシア大使館開設
  (5) 昭和35年12月15日在メダン領事館再開
  (6) 昭和52年1月10日在ウジュン・パンダン総領事館開設(平成13年4月1日名称が在マカッサル総領事館に変わる。)

2.戦前(昭和14年頃)の日本人会の状況

(1)スラウェシ島に於ける最初の日本人会は?

スラウェシ(セレベス)島に於ける最初の日本人会は、大正4年に創立された「メナド日本人会」。次いで大正7年にマカッサルに「マカッサー日本人会」が創立され、更に大正9年に「ブートン日本人会」(ブートン島)、昭和8年に「モゴンドウ州日本人会」が創立された。なお、「モゴンドウ州日本人会」は「メナド日本人会」から分離して創立されたもの。

(2)他の近辺の島では?

他の近辺の島(現在のマルク州内外)では、メナド領事館の管轄内に「テルナテ日本人会」(昭和6年8月創立、会員24名)、「アンボイナ日本人会」(大正8年5月13日創立、会員30名)、「ドボ日本人会」(明治38年5月27日創立、会員76名)が存在した。

(3)メナド日本人会

(イ) 会員数  186名(メナドおよび附近の在留邦人)
(ロ) 会の目的  会員相互の交誼を深め、共同利益の増進を計る
(ハ) 登記  昭和10年12月7日付け蘭印政府に登記完了。(蘭文会則テキスト別添)
(ニ) 活動・業績
昭和12年12月9日政府の補助で小学校を開校。仮校舎を建設。(下記(註)参照)
邦人発展上の諸般について斡旋援助―即ち内外官公署との交渉、重要諸事項等の通達、入国手続き、居住券書き換え、納税、警察事故等の弁明、和解、諸願届の代行、会報、ニュース等の発行、名士から講演を受けるなど。
台湾、沖縄、南洋等より漂着漁船乗組員の保護、送還、船体処分、帰船費の立替、救助費の支払いなど。過去10隻の実績あり。
居住券の権利喪失せる者相当数あり、会の斡旋援助により過半数は権利復活を見る。

(註)「メナド」日本人小学校の推移

  (a) 昭和10年度―生徒数、第一学年9名、第二学年2名、第三学年4名、計15名
   (b) 昭和11年度――第一学年6名、第二学年5名、第三学年2名、計14名
   (c) 昭和12年度――第一学年1名、第二学年11名、第三学年4名、第四学年2名、第五学年2名、計20名
   (d) 昭和13年度――第一学年2名、第二学年3名、第三学年11名、第四学年2名、第五学年4名、第六学年1名、計14名
   (e) 昭和11年8月内地より全科目担当教員1名(准教員)が着任。音楽・衛生担当の女性教員(無給)との二人体制。年度は9月1日より翌年3月31日まで。授業日数は168日。

(4)マカッサー日本人会

  (イ) 所在地  セレベス島マカッサー市
  (ロ) 創立  大正7年5月
  (ハ) 会員数  124名
  (二) 村田益太郎
  (ホ) その他  教育基金を設けているので何らかの在留子弟に対する教育を行っていたと思われる。それ以外については資料がなく不明。

(5)ブートン日本人会

  (イ) 所在地  セレベス島ブートン島
  (ロ) 創立  大正9年9月1日
  (ハ) 会員数  12名
  (二) 会長  尾田勝蔵
  (ホ) その他については、資料なく不明。

(6)モゴンドウ州日本人会

  (イ) 所在地  蘭領東印度セレベス島モゴンドウ州モダヤ
  (ロ) 創立  昭和8年5月1日。従来「メナド」日本人会モダヤ支部として存続してきた、しかしメナドとは極めて遠隔セル地理的関係その他特殊事情に鑑み別個独立セル日本人会を組織。
  (ハ) 会員数  正会員14名、準会員38名
  (ニ) 会の目的  邦人相互の親睦・共栄を計り、併せて当地方官憲及び一般外国人との和親を増進し、以って帝國臣民としての品位と信用を向上セシム。

日本人会ではないが邦人実業団体等として、「メナド」日本人商業協会、モダヤ邦人農園組合、沖縄県人会(メナド)、蘭印産業組合(アルー島「ドボ」)が存在した。

(7)メナド日本人商業協会

  (イ) 創立  昭和9年3月
  (ロ) 会員数  7社
  (ハ) 会の目的  会員の強調連絡を図り、共同利益を増進セシム
  (二) 会長  セレベス興業合資会社 長野 智
  (ホ) 活動  創立後、蘭印経済省、監督官庁の公認するところとなる。

商業に関し、主要事項は、欧州人および支那人商業協会と同様電信・書信を受け、邦商の利益に供す。 理事のうち1名は、メナド税関より対日輸入商品に対する評価委員として選任せらる。 蘭印日本人商業協会聯合会に所属し、同会より諸法令、商業・事業関連事項統計類の訳文送付を受け、全会員に配布している。

(8)モダヤ邦人農園組合

(イ)創立  昭和11年2月1日

(ロ)組合員数  9名 モゴンドウ州モダヤ又はモダヤ附近在留邦人として農園を経営する者を以って組織す。

(ハ)活動、事業、業績

(9)沖縄県人会

  (イ) 所在地  メナド(メナド、トンセラ、ビートン)
  (ロ) 創立  昭和12年1月3日
  (ハ) 会員数  85名
  (二) 会の目的  会員相互の交誼を厚くし、共同して利益を計る。
  (ホ) 活動・業績   昭和13年来「ビートン」における沖縄県人子女の為、不完全ながらも日本人小学校の授くべき教育を施している。

(10)蘭印産業組合

  (イ) 所在地  蘭領東印度「アルー」島「ドボ」
  (ロ) 創立  昭和11年7月1日
  (ハ) 組合員数  邦人7名、土人(?)2名、計9名
  (二) 組合長  浦中 久吉
  (ホ) 目的 産業に必要なる物品の購入・漁獲物の共同販売

参考 1.昭和14年時点に於ける他の大都市の日本人会の状況

バタヴィア日本人会 会員  292名 大正2年創立  
スラバヤ日本人会 会員  479名 大正15年創立  
スマトラ日本人会(メダン) 会員  211名 明治30年創立  
新嘉坡日本人会 会員  787名 大正4年創立  
マニラ日本人会 会員 2,325名 大正13年創立  

参考 2.平成17年10月現在の在留邦人数

  マカッサル  83名  
  マナド  17名  
  ビトゥン  10名  
  クンダリ  24名  
  ソロン  13名  
  ジャカルタ  8,102名  
  スラバヤ  550名  
  インドネシア全体  11,221名  

注:この資料は外務省外交資料館に保存されている多数の資料その他を元に取り纏めたたものです。