サンセット・クルーズ

 2005年7月、マカッサルに2隻のサンセット・クルーズ船が相次いで登場した。夕陽で有名なマカッサルにこれまでサンセット・クルーズが無いこと自体が不思議であったが漸く実現した。
 いずれも南スラウェシの伝統的なピニシ船を使っての航海である。夕方4時頃出航、沖合いで夕陽を鑑賞して7時帰港するスケジュールだ。
  クルーズの目玉は、勿論、自然の大絵巻さながら、紅色に染まった雲に飾られ、燃えながら水平線に沈む巨大な夕陽であるが、出航してまもなく海から見たマカッサルの街並、大型船の出入りするマカッサル港、さざなみに浮かぶ千々の小島、漁労中の小舟、帰港時には宵闇に光輝く海岸通の夜景も堪能できる。

  現在クルーズを行っている船はCINTA LAUT号と TIDAKAPAPA号、いずれも南スラウェシの伝統的な木造のピニシ帆船である。参加費用は一人飲み物、軽食付で15万ルピア程度。(2005年7月時点)また、貸切りで船上パーティなどにも利用出来る。マカッサルの新しい観光の目玉になりそうだ。

CINTA LAUT号

 日本とインドネシアが共同で進めている東部インドネシア海域の学術調査を目的とした船であるが、調査航海のない日は利用可能。

連絡先: Lembaga Perahu (船を管理するNPO)
所在地:Jl. Pengayoman Kompleks Mawar E11
担当者:Suaib
Tel/Fax:0411-424927

 CINTA LAUT号は全長 28.6m, 幅 5.9m, マストの数:2 本、帆の数:7枚、帆の面積:計 200u, 主機:Yanmar 190 HP

TIDAKAPAPA号

   もともとダイビング・クルーズ用に建造された船である。
連絡先: Christopher Sperduto (米国人)
Tel: 0411-5066785
最小乗客数6名〜最大30名で運航可能。