カポポサン島でのダイビング

Pulau Kapoposang


 カポポサン(Kapoposang)島は Ujung Pandang の沖合い、北へ約60Km、高速艇で約1時間のところにあるサンゴ島である。白い砂浜、海水の透明度は抜群で、ハワイやサイパン島の比ではない。この島はウジュンパンダンで唯一の日本料理店「ニュー将軍」を経営する西川さんが6年前ウジュンパンダン沖にある様々なサンゴ島を潜った中で最もダイビングに適していると判断し島にコテージを建てた。旅行に行くというよりキャンプに行く感覚で行けば間違いないだろう。限りなく自然の島で、当然電気も水道もないが井戸水が利用出来、自慢の水洗トイレもある。私がダイビングに訪れたときは、捕まえたコショウダイとチョウチョウコショウダイを夕食に刺身と鍋料理で食べた。夕方6時頃のサンセットと星空は格別である。

(1997年12月30日 脇田 啓司)

写真左:コテージと白い砂浜(コテージは奥に廊下を挟んで寝室が並んでいる。)
写真右:サンセット


追記 (2002年1月20日)

 2001年、新たにコテージ4部屋を建設し、既存のコテージ2部屋 を合わせ、6部屋となった。既存のホームベースキャンプも 入れますと、一度に16人のダイビング客を受け入れる事が出来 るようになった。

カポポサン・アイランド・リゾート
ホームページ



問い合わせ先:MAKASSAR DIVING CENTER ( 0411) 326056