マリノ

Malino

高原リゾート・マリノ

 マリノ (Malino) はマカッサルの東南方向約70km、バワカラエン山 (Bawa Karaeng) の中腹、標高約500-1,000m、マカッサルから約1時間半の距離にある高原リゾート地である。マカッサルからゴワ街道を南下、スングミナサ(Sungguminasa) で左折、日本の援助によって建設されたビリビリ・ダム (Bilibili) を経由、道中は美しい山並み、川沿いの水田地帯などを眺めながら丘陵地帯のドライブを楽しむ事ができる。

 オランダの植民地時代の1927年にマカッサルからマリノまでの道路が完成してから、オランダ人達は下界の熱気から逃避するためここを避暑地とした。広大な松林、滝など観光資源にも恵まれて、現在もマカッサルの上流階級の別荘地ともなっている。日曜の朝市も有名である。日曜は静かな町は一転して賑やかになる。ここを基点として登山する人も多い。山登りをしなくても広大な森林、二つの滝見物、乗馬体験、散策などひんやりしたした空気のなかで寛ぐことが出来る。ホテル、レストランも多い。

   マリノは観光スポットであると同時にオランダ統治時代から数々の大きな会議の舞台ともなっている。1956年のマリノ会議や、最近では2001年にPoso問題の会議もここで開催されている。面積 3万平方キロ、一番高い地点で標高1200m、人口3万強、大半が農業である。この地域からキャベツなど大量の農産物がトラックで出荷され、遠くはマムジュ (Mamuju) 港からフェリーで海峡を渡りカリマンタン島バリクパパン (Balikpapan) まで運ばれる。またマリノの中心部を抜けてさらに山を上がったところに三井農林(株)が1987年に開発した200haの広大な茶園がある。ここで生産されたお茶の大半は日本へ出荷されるが、一部はマカッサル市内で高級紅茶”マリノティ”(Malino Tea) として販売されている。(写真 上)


カンピリ敵性国婦女子収容所

Kamp pengasingan wanita di Kampili

Kamp pengasingan wanita ada di Kampili selama August 1942 sampai August 1945 ( 3 tahun). Sekitar 2600 wanita dan anak asal Beranda, Amerika Serikat, Armenia dll. pernah tinggal disini.

 この風光明媚なマリノにも暗い影がある。昭和17年2月に日本軍がマカッサルを占領した後、停戦協定により敵国の婦女子をマリノに集結させたが、その後、昭和17年8月から昭和20年8月の終戦までの3年間、スングミナサに近いカンピリに敵性国婦女子収容所という施設を作りオランダ人を筆頭にイギリス人、アメリカ人、アルメニア人など11カ国におよび、最大時には2,600人の婦女子を収容していた。収容所長の山地二等兵曹の奮闘とマカッサル専門学校の先生だったオランダ人のヨーストラ夫人を中心とする抑留者側の協力により自治体制が確立され自活運営が行われた。この間の事情については菊池政男著「白い肌と黄色い隊長」(昭和35年 文芸春秋新社 発行)に詳しく書かれ、後日同じ題名で映画化された。

 「セレベスでは特警がうるさく、からかう以上のことをするとぶん殴られた。女性たちを野放しにすると、食べるために必ずパンパンに崩れるので、セレベスでは最終的には、敵性国人収容所をもうけ、オランダ国籍の者を全部収容し、街娼を防いだ。このために山地兵曹は、戦後オランダから感謝状をもらっている。セレベスの民政は安定していたようである。一方、南方全占領地の軍需物資供給地で、南方占領地で最も物資が豊富だったジャワでは、街娼がゴロゴロし、贅沢な暮らしをしていた者が急には生活を落とせず、下男下女を使いながら街娼になっている女性もいた。白人は希少価値があるので日本人より花代が高かった。戦後オランダ軍事法廷で問題になった「スマラン将校慰安所事件」では敵性国人収容所からオランダ女性を連れ出し慰安婦にしたという責任で、何人もが死刑や重刑に処されている。・・・・」(シュミーズ一枚の戦争 P124−125 原著不明 戦友会配布資料 粟竹章二氏所蔵) マカッサルでも同じような要請が軍の上層部から出たが、山地兵曹の必死の抵抗で食い止められたことが「白い肌と黄色い隊長」に描かれている。

 注:収容所の地図と写真は菊池政男著「白い肌と黄色い隊長」(昭和35年 文芸春秋新社 発行)より転載させて頂きました。


太平洋戦争末期にはマリノに陣地構築

 太平洋戦争末期の昭和20年、マカッサルは連日激しい空襲にさらされた。連合軍のマカッサル上陸を恐れた日本軍は艦砲の届かないこと、また、山岳地帯であるためマカッサルからの陸上攻撃も難しいと考えマリノに陣地を構築した。
 「4月に入りマリノの進捗状況の視察と野戦病院設置の準備のため、兵隊を指揮して、トラックに包帯材料、消毒剤等を満載してマリノの陣地へ向かって出発した。途中猛烈なスコールに出会い山道が泥でぬかるみ始めてきた。運転手は苦労しながら曲がりくねった登り坂を運転していったが、何番目かのカーブに差し掛かった時にハンドルを取られ、曲がり切れずにその儘崖に突っ込んでしまった。、、、、」と秋山尚之氏の「海軍薬剤官の思い出」(p39)と書かれている。
 幸いにも連合軍はマカッサルではなく対岸のカリマンタン島バリクパパンを攻撃、7月1日上陸している。この1ヶ月半後に終戦を迎えることになる。連合国の次の攻撃目標はマカッサルだったので、間一髪で戦渦を免れたことになる。マリノには現在も多数の陣地、物資格納などに使われた洞穴が残されている。

   マリノ高原からマカッサルと反対方向(東方向)に下るとボネ湾側のシンジャイに到達するが、その間は大変な悪路である。しかしマリノ高原から車で1時間半くらい位ゆっくりと移動する(とても走れない 時速 5km/h 位か?)と、見事な棚田風景が展開する。これはバリ島の観光名所になっている棚田よりはるかに雄大である。将来この道路が改良されれば、マカッサルーマリノを経てシンジャイ、ブルクンバ(ビラ)へ至る有力な観光ルートになるだろう。

更新: 2006−2−20
更新: 2008−9−16
カンピリ敵性国婦女子収容所部分更新: 2014−3−26