マカッサルへの交通アクセス

2003-2末にてSILK AIR のシンガポールーマカッサル便が運航休止になりました。

(2002-4-29地図更新)

 

インドネシアその他東南アジア各国の経済危機により大幅な減便となりましたが、その後の経済回復に伴い、次第に便数も増えてきました。増えたと思ったら欠航したり、廃止になったり意外とフレキシブルにやっていますので、最新情報は旅行代理店などでご確認ください。

○シンガポールから:Silk Air, 週3回(月、木、土) 2003-2末 運航休止
     月・木  MI/BO292 1010/1315 帰BO/MI291 1350/1650
     土    MI/BO296 1320/1625 帰BO/MI295 1700/2000

○クアラルンプールからMalaysian airline 週2回(火、金)

     火    MH851  09:20/13:35 帰 MH852 14:25/18:50
     金    MH851  10:05/14:25 帰 MH852 14:25/19:05
          (1998-7-11情報更新)

○バリ島(Denpasar) から:
   Garuda 毎日(1日1便)
                     帰 GA637B 17:00/18:00 
   Merpati 毎日(1日1便)

     月・水・金           帰 M2727 16:45/17:30 
     火・木・土・日         帰 M2729 17:30/18:05 
           (1998-7-11情報更新)

○ジャカルタから:Garuda 毎日(1日2便)片道 約8000円
                 (1998-7-11情報更新)

 Garudaは飛行機のキャンセル・遅延は日常茶飯事です。機体のトラブルが原因ですから無理して飛ばして墜落するよりましと割り切って考えてください。従って乗り継ぎには少なくとも半日以上の余裕をもって計画して下さい。また混雑時期にはチケットを持っていても乗れない事が有ります。チケットがなくても高官が緊急に旅行したり、裏金で乗る人が多いからとの話です。

 便数が週3回と少ないですが、シンガポールから直接ウジュンパンダンへ入れます。シンガポールでの接続のための待ち時間も1998年2月2日から改善されました。シンガポールの観光と組み合わせては如何でしょうか。

 クアラルンプールからのマレーシア航空も値段が安く、評判が良いようです。交渉すればクアラルンプールのホテル代も航空会社が負担してくれるそうです。

  日本からの旅行ルートの例


     ○ 日本 → シンガポール → ウジュン・パンダン 2003-2末 運航休止
     ○ 日本 → クアラルンプール → ウジュン・パンダン
     ○ 日本 → ジャカルタ → ウジュン・パンダン
     ○ 日本 → ジャカルタ → バリ島 → ウジュン・パンダン

  航空運賃の例

 飛行ルート、時期によっても異なりますが、この年末年始に来るグループは、関西空港、Jakarta、Denpasar(Bali島)経由 Ujung Pandang に入るルートで正規運賃 往復で1900ドルとの事でした。またこの正月に個人で往復87000円のチケットで来られた方もいます。