スラウェシ・ビジネス・セミナー


 「スラウェシ・ビジネス・セミナー」がUNIDO(国際連合工業開発機関)東京事務所の主催で2006年7月19日(水)JICA国際協力総合研修所 2階会にて開催されました。講師のヨス・ハルメン (Yos Harmen) 氏は南スラウェシ州地域開発計画局での勤務を経て、2002年より振興・投資局にて投資誘致政策の立案並びに投資家へのサービス提供に従事しています。今回のセミナーではスラウェシのビジネス環境、漁業(マグロ、鰹、海老など)海草などの海水産物、木材、米、カカオ、コーヒー、パッション・フルーツ、ココナツ、コーンなどの農産品加工セクターおよび観光セクターについての紹介がありました。ヨス・ハルメン氏はすでに帰国されましたがご下記メールにて連絡できます。

Email: yosharmen@yahoo.com
Website; http://www.bppmd-sulsel.go.jd/

 セミナーの後半はスラウェシ興産の清野剛氏により南スラウェシ州のトラジャに広大なコーヒー農園を開拓し、軌道に乗せるまでの30年にわたる苦心談が報告された。同社の成功物語 (Kisah Sukses "Perjalanan Panjang Kopi Toraja, PT. TOARCO JAYA")は上記の南スラウェシ州の WebSite (インドネシア語)にも紹介されている。

資料

1)

スラウェシ概要 (経済指標、経済構造、主要産品など) (pdf file 71.7kb)

 
 

2)

Sulawesi, a promising island in the eastern Indonesia (pdf file 1.54 mb)

 
 

3)

UNIDO投資ニュース

 
 

1)2)はセミナーで使われた資料です。スラウェシを知る大変貴重な資料と思います。このたびUNIDOのご了解を頂き紹介させて頂きました。