新会社法による株式会社、合同会社設立の方法をお教えいたします。1円起業・資本金1円会社設立・株式会社の会社設立の概要や会社設立方法、会社形態による起業家のリスク、1円起業1円会社設立のメリットデメリット等を誰にでも分かりやすく解説しています。
このサイトでは新会社法による株式会社設立、合同会社設立の方法と起業のポイントがわかります!
新会社法で1円起業 資本金1円会社設立!「株式会社とLLCの作り方」
会社設立 全国対応
会社設立をお考えの方へ
起業準備中の方へ
創業資金が足りない方へ
失敗する社長・成功する社長
会社設立サービス・お問合せ

全国の各役所一覧
→ 法務局
→ 公証役場
→ 税務署
→ 税事務所
→ 社会保険事務所
→ 労働基準監督署
→ 職業安定所
→ 国民生活金融公庫
一覧はこちら
 HOME > 会社設立をお考えの方へ > LLPとは?(有限責任事業組合とは?)
LLPとは?(有限責任事業組合とは?)
  LLPとは?(有限責任事業組合とは?)
LLP(Limited Liability Partnershipの略)

LLP(有限責任事業組合)は平成17年8月1日から活用が開始された新しい事業体です。
民法組合の特例として作られた制度で株式会社、LLC(合同会社)などとはちがい、法人ではなく『組合』になります。

組合でありながら、

@構成員全員が有限責任で、
A損益や権限の分配が自由に決めることができるなど内部自治が徹底し、
B構成員課税(パススルー課税)の適用を受ける。


という3つの特徴があります。


・・・有限責任とは?
有限責任とは、出資者(LLPの場合には『組合員』)が、
出資額の範囲までしか事実上の責任を負わないこととする制度です。

これに対し、無限責任とは、出資者が私財をなげうってでも、債務をまっとうしなければならない責任です。
もちろん、道義的責任はあるにせよ、起業家にとってはやはり「有限責任」でビジネスができるというのは大きな安心といえます。


・・・内部自治とは?
内部自治とは、組織の内部ルールが、法律によって詳細に定められるのではなく、出資者(組合員)同士の合意により決定できることです。
株式会社とちがい、利益や権限の配分が出資金額の比率に拘束さず、また取締役会や監査役のような機関を設置する必要がありません。組合契約書で独自の定めをすることによって自由な組織設計と運営が可能になります。

サービス(全国対応)
【無料相談】 メール相談
会社設立の疑問を気軽にメール相談できます。
【有料相談】 面談相談
個別面談であなたの不安・疑問を事前に解決します。
【依頼・申込み】
会社設立サービス内容、費用
年間百件以上の会社設立実績。サービスと費用を詳しく。
【依頼・申込み】
融資申請サポート内容、費用
融資相談〜融資実行まで専門家にお任せしたいなら。
【依頼・申込み】
会社設立&融資申請パック
融資申請にも精通した当事務所が会社設立+資金調達を応援させて頂くプラン。
・・・構成員課税とは?
構成員課税とは(パススルー課税とは)、組織には課税せず、出資者に直接課税する仕組みのことです。
例えば、株式会社なら会社であげた利益に対して法人税が課されます。またその後、利益を出資者に配当したら、出資者はその配当に対して所得税を課税されます。
つまり、自分が出資して経営する起業家の場合には、「法人税と個人の所得税を二重に課税されている」という感覚です。

ところが、LLPは法人ではないので、法人税は課税されず、出資者に配当された時点ではじめて課税される仕組みになっています。
また、LLPの事業で損失が出たときには、出資の額を限度として、出資者のほかの所得と損益通算することが認められています。

ホーム事務所案内特定商取引法表示プライバシーポリシーお問い合せサイトマップ



Copyright(C)2006 株式会社丸山事務所 All rights Reserved.