松枝尚嗣/堀井覚司公式サイト『松枝屋東京店』

平成29年2月23日木曜日 

設置完了

やっとですよ。

いえ、設置自体は(結局)原稿作業中だったんです(泣)。
寒い日が続く中、ついに電源が入らないことまで増えてきてしまったので…。
その後なかなかここに書く空きができなくてですね…、まあそういう意味での“やっと”です。

しかしなんせMacOS10.7でしたからね(それ以上は機種的にアップグレードできなかったので)、最新の10.12まですっ飛んで大丈夫かと思っていたんですが、思ったより使用感に変化はなく。
ただ、いつの間にかモニター上部に勝手にカメラとマイクが設置され、Mac使いならおなじみ「Growl」やiOSみたいな「通知」が登場。「Siri」までいますよ。
えっ、USB3.0?(遅)

あとは、使えなくなってしまったアプリ群を代替できそうなものを探してインスト、セッティングして…と、ようやく馴染んできましたよ。

ただ、一番の難関はじつは設置最初期にありました。
写真を見て「ん?」と思われる方もいるでしょうが、このiMac、脚が違うんです。

うちの机、ただでさえ高いんですね。
そこにあのオサレな脚付きで乗っかった日には見上げる形になってしまうんです。
以前の22インチモニターだったときは、かなり高さを下げてどうにかなりましたが、今度は27インチで高さ調節不可、これはヤバいと。

そんなわけで、当iMacはVESAアダプタ付きタイプとなります。
脚がなく、あとは各自でモニターアームとか買って付けてね、てタイプです。
というか、それしかないので。

ところがところが、そもそもうちの机にはアームなんて付けられません。作り付けなんですよね、これ。
DIYやってる暇もないし、旧Macは萎れていくし、アームも対応スタンドも高いし、ていうか自在に動かす気ねーし…、と、初めは途方に暮れてたんです。

そこで目に止まったのが、それまでの22インチモニター。
ナナオのこの機体、VESA規格に対応しているんですよね。しかもスタンドは評判の「フレックス・スタンド」、上下、横縦左右回転、チルトが自在な優れものなのです。
耐荷重だけが心配でしたが、モニタ部分だけの重量が7kg、iMac8kg…うーん、きっと大丈夫!と、なかば見切り発車で設置した次第です。

そんなわけで、裏はこうなってます。
台座のぶん下には下げられませんが、そもそもiMacの下断面は吸気口になっていますので、まあまあ仕方がないということで。
画面傾きもほぼ90度にしているのでなかなかの威圧感(苦笑)。とはいえ、高さ的にはなんとか許容範囲に収まってくれました。

いやあ、動きはキビキビだし、5Kはシャレにならないくらいキレーだし、もう最高!!!!
さて、これで一安心…

…なわけですが…

…iMacになったとたんに、
部屋が寒くなってしまいましたよ。
以前は、足元の本体の排熱とモニタの輻射熱で冬も暖房知らずだったんですが…、なんということでしょう。

足元にはそんな古いMacProと脚のないモニタが立ってますが…、これもどうしたものか…。


ともあれ、再始動です。

午後3時27分

平成29年2月9日木曜日 

うわーい

iMacが来たー♪
27in 5Kだわーい♫


…来たけど………

されど今は環境をこっちに移してセッティングして調整して…とかやってる暇がなく…(泣)。
来週前半までお預けですよ…。
嗚呼。

初めてMac買った時も数ヶ月放っぽってたなあ…。

午後5時10分

平成29年2月1日水曜日 

月が変わって

おしおk…じゃない、まだ悩んでますよ、パソコン(苦笑)。
うーん、たぶんいずれ『ここ!』ってタイミングがあることでしょう、うん、きっと。
保留。

自分は、わりとなんでも平気で物が捨られるたちでして、せっせと集めたコレクションやら思い出の品やらも、それこそタイミングが合えばさくっと捨ててしまいます。なのであまり部屋にも物がなかったりしますし、最近も減らせないかと言われてあっさり本棚一個分が消え去りました(笑)。

パソコン内のけっこう大事な過去データをそのノリで整理して、あとで気付いたら消えてしまっていたという悪例もありますよ(おい)。

いわゆる“断捨離”だの“ミニマル”だのうさんくさいのには興味ないんですけどね、まあそれ系かもしれません。
狭い空間は大好きなのですが、物に囲まれるのは苦手なのです。

また、自分で作った物にも、じつは意外なほど頓着がなかったりします。
自分の過去作も一応は義務的に保存していますが、まあべつになくなったらなくなったで(おいおい)。
完成しちまったらもう過去なんですよねー。

んで、
そんな自分でも捨てられない物となると、気に入っている(要は飽きていない)コレクション品や処分に困るお守り魔除け系(笑)はべつとしても、それ以外の多くは人からの“頂き物”だったりします。
昔のファンレターなんかもそうですね、全部保存してありますよ(苦笑)。

そんな“捨てられない物”に比較的共通しているのが、相手が“自分のために”とわざわざくれた物だったりします。

ただの観光のお土産だろうと、“みんなに同じ物を配られた”のではなく“堀松にはこれを選んだ”と渡された物はもうダメです、捨てられません。
相手との関係がそれなりであればなおさら(でなきゃ相手もそんなことしないでしょうけど)です。
その人の気持ちが垣間見えるともうダメなんでしょうかね。やれやれです。

さて、パソコンを買うの買わないのってこともあって、現在机周りを整理しています。
写真は、1辺30cmくらいの立方体型の収納。“モデム等周辺機器隠し”として応用しています(なので背板は外してあります)。
その扉部分にホワイトボードを着けたいなーなんて思い立ちまして、有り物を切断、正方形に整形し直し、貼り付けましたよ(まあ鋼板だけ直に貼るって方が存在感ないんですけどね、切断面の処理がね)。

そのボードの右上には捨てられない羊(干支)のお守り(苦笑)、左下には…、これ、数年前のチキンラーメンのおまけですよ…、こんなものが……。

これぞ捨てられない最強カテゴリー、“娘からもらった物”です。
べつに娘本人の物は捨てられるんです、“娘が自分にくれた物”がどーーしても捨てられないんです。
なので、シールだの落書きだの手紙だのメモ書きだの…、幼少からの、それこそがらくたもすべて保存してありますよ…。

嗚呼。


やっぱもらうなら消え物がいいなー(!!)。

午前11時15分

平成29年1月24日火曜日 

不穏

なようなそうでないような…?

地味に忙しくしていますよ。われながら忙閑のムラがすごい。

そんななか、パソコンがどうもヤバげです。不調。
システムのメンテもやってはいますが一向に改善せず、挙動からしてハード周りの可能性が大です。
かつて先代のG4MDDで電源爆弾をかいくぐってきた身としてはデジャビュ感満載…、毎日びくびくしていますよ。
なんせ今のMac Proは5年近く前に買った5年物の中古品、つまり、もはや10年も使い倒しているわけです。
寿命なんてもんじゃありません。

商売道具である以上出費を惜しんじゃいられまいってんで、今は買い替えを目論んでいるものの、つくづくなんじゃいこのラインナップ。
もうどうやら次はProは選択肢に入れられない様子ですね。

iMacかぁ…。
嗚呼、いろいろと。


……あ、タイトルの“不穏”はパソコンの話じゃないんですよ(!)。
どうも周りがざわざわしてましてね、気になっているんです。

まあ面倒なことはイヤなので、杞憂であることを願うばかりですが。

魔除けに、娘にもらった(iPhone用)接写レンズを装着したわがiPad2で撮った魔神様でも貼っておきましょう。
どうですこの粒状感!

…iPad2……(泣)。

午前4時48分

平成29年1月11日水曜日 

新年

喪中なんで一応挨拶は抜きですよ。
今年もよろしくお願いします。何がよろしいのかはおのおので慮ってくださることを期待(おい)。

…とかいいつつもう1月中旬です。

で、去年軽くふった件を、一応成果物として画像に。
まあ、自分の力の及ばないことばかりをもって“成果”と呼ぶにはおこがましいんですが。

右は表紙が素敵な「時間島」フランス語版、
左は、年末開催された“ペルソナシリーズ20周年フェス”のパンフレットです。
パンフは、間違っても表紙が松だと思わないように…って思わないか。
「ペルソナ」関連作家?ってことで、会場に展示された色紙を描いたんですね、んでそれがこのパンフにもコメント付きで掲載されているっていう。
ゲームのオリキャラ描くの?漫画のキャラ描くの?なんて迷って相談したら、『べつに漫画のほうでいいんじゃないですか(超訳)』という角川書店の担当氏からの気を使ったお言葉に甘えてそっちで行ったところ、他の作家さんはみーんなオリキャラで…と、なかなか小っ恥ずかしい次第でした(苦笑)。
まあ“初めての角川からの支払明細”に謎の感慨を覚えたので(笑)そこはそれ、よしとしましょう。

肝心のフェスには結局行けなかったんですけどね(!)。

年末はなんかふわっふわしてたんですよねぇ、なんでだろう。
…といいつつ、今もまたふわふわしています。

ちょっと風邪気味で頭が痛いので。

目の前にやることもあるのになぁ、なんだかなぁ。



2017年、じ〜んわりと始まりましたよ。

午後7時33分

「不透明人間」第11話より登場の、マスクをした公介の後輩の苗字は?
※ヘボン式ローマ字半角英小文字で。