田島征三・田島燃 プロフィール
 
SHOZO TASHIMA

田島征三 プロフィール

絵本作家・画家・版画家・エッセイスト。

1940年 大阪府堺市に生まれる。
1945年 高知県吾川郡へ移る。
1959年 多摩美術大学図案課入学。
1960年 全国観光ポスター展にて金賞および特別賞、
1962年 多摩美術大学図案科卒業。大学在学中に手刷り絵本『しばてん』を制作。今江祥智と知り合う。以来絵本作家として受賞を重ねるとともに、一方ではタブローや版画の制作にも精力的に取り組む。
1963年 毎日現代美術展入選。大島哲以、中村正義、山下菊二らと出会い、1974年人人会創立へ。
1964年 はじめて絵本を出版。『ふるやのもり』
1965年 南天子画廊ではじめての個展。以来内外各地でタブロー作品、版画、イラストレーションの個展を開催する
1969年 『ちからたろう』にて第2回BIB世界絵本原画展金のリンゴ賞。東京都西多摩郡日の出村(現日の出町)に移住し、自然と向き合う生活の中で、創作活動をはじめる。
1974年 『ふきまんぶく』にて第5回講談社出版文化賞、
1974年 『黒い太陽七人の画家・人人展』に創立会員として参加。中村正義、山下菊二、大島哲以、斉藤真一、後、丸木位里、俊、平賀敬、富山妙子等を加えて、毎年開催18年間出品しつづける。1992年脱会。
1984年 北岡賢剛と出会い、知的障害者の美術に興味をいだく
1988年 『とべバッタ』にて絵本にっぽん賞、
1989年 第38回小学館絵画賞など多数受賞。中村正義の美術館にて田島征三’80〜展。
1990年 より広域ゴミ処分場建設反対運動などの自然を守る運動を長年続ける。
1992年 少年時代を書き綴った『絵の中のぼくの村』を出版 1996年に、東陽一により映画化され、ベルリン映画祭で銀熊賞受賞
1997年 知的障害者美術活動のドキュメント映画『まひるのほし』(シグロ)の撮影監督をつとめるなど、幅広く活躍。
1998年 静岡県伊東市に移住。木の実を使ったコラージュ大作や絵本を本格的に制作し始める。
2003年 6月〜8月伊豆一碧湖池田二十一世紀美術館にて、田島征三展予定。


NEN TASHIMA

田島燃 プロフィール

1957年 静岡県生まれ。20歳まで東京都日の出町で育つ。
1988年 木工を学びに飛騨高山に移住。
1991年 南フランス・モンペリエに遊学。
1993年 帰国。再び高山へ行き、造形作家活動開始。
1998年 飛騨朝日村にアトリエを構える。

主な展覧会

1994年 緑の王様らとグループ展(名古屋メルヘンハウスギャラリー)
1995年 個展(名古屋メルヘンハウスギャラリー)
1998年 個展(名古屋メルヘンハウスギャラリー)
2000年 田島征三(絵)と二人展(八ヶ岳小さな絵本美術館)
2001年 森川泰治(陶)と二人展(益子ギャラリーM‘s)
2001年 第2回 百の個展参加(笠間芸術の森公園)
2002年 第3回 百の個展参加「舞踏集団 honesty earthquake とのコラボレーション(笠間芸術の森公園)」
2002:田島征三(絵)と二人展「ゆめゾロゾロ展」(名古屋メルヘンハウスギャラリー・伊豆エレガンス・高知アートヴィレッヂギャラリー)
← 過去の展覧会紹介に戻る     ← 最初に戻る     ← 田島征三・田島燃 展 インフォメーションへ戻る