― SAKURA FACTORY ―
東京都青梅市西分町3-123
 

主生産品の夜具地を始め、かつて「織物のまち」として全国に有名をはせた青梅市。その中核を担った青梅織物工業協同組合の広大な敷地の中に、時代の風雪に耐えた建物群ががひっそりとたたずむ。

まちの変遷を観つめ、永く人びとの営みを支えてきた建物群を保存・再生し、そこに新しい価値を創出することでまちの活性化につなげようという提案がなされたのが数年前のこと。 2000年の秋には大谷石造りの旧織物倉庫に集景が施され「ふだんのごちそう」をコンセプトに食と手仕事の出会い空間「ダイニング&ギャラリー繭蔵」がオープン。

そして2002年夏、のこぎり屋根の旧織物工場がジャンルを超えて自由な発想で空間構成が可能なアートスペース「SAKURA FACTORY」に変身。
 
■MAP →
■← GALLERY MAYU-GURA
■← CONTENTS

 
 
EVENT HISTORY
2007.
10/29(sun) 〜 11/23(thu)
The 4th ART PROGRAM OME
「緑化する感性 −街道を読む−」
2006.
6/8(thu) 〜 6/24(sat)

art × architectures [On-limits] オンリミット
2005.
10/30(sun) 〜 11/23(wed)
 
生活の場に新たな目を向ける
「里山と在る」展

 
2004.
11/9(thu) 〜 11/28(sun)
 
環境としての地域を見なおす
風景の心電図展

 
2004.
9/21(tue)〜10/3(sun)
 
明星大学空間造形
結展
in BOX「KI・O・KU」

 
2004.
4/29(thu)
 
オーガニックな草木染服コレクション
「うさぶろうさとうの服」ファッションショー
バロック&オリエンタルライブコンサート
 
2003.
9/14(sun) 〜 10/19(sun)

2003年繭蔵プロジェクト
「温度差7℃」
記憶の断片を散りばめた青梅の街かどからアートを発信

 
2003.
4/25(sat) 〜 5/25(sun)
 

「意識とイメージ」
永遠の中に閉じ込められた想像の空間
大塩英生・大塩桃丘 日本画・彫刻2人展

 
2003.
4/5(sat)・6(sun)

SAKURA JUNKS in SAKURA FACTORY
 
2002.
9/20(fri) 〜 10/19(sat)

友永昭三の世界 展
 
2002.
8/1(thu) 〜 8/31(sat)

中里和人 展
「青梅幻視画(ジオラマ)館」

 
 
 ← CONTENTSへ