前のページへもどる


 鹹水かんすいを煮つめている最中、コーヒーフィルター・輪ゴムとコップを使い、簡単なろ過器を作った。





 できあがった塩をろ過器に入れた様子

 ろ過器に塩を入れた当初は、水っぽくなっているが、水分が下に落ちていくにしたがい、塩らしくなっていく。
 下に落ちた水分が苦汁ニガリである。実際は、苦汁ニガリも塩の一部として結晶化している。










 できあがった塩をろ過器に入れ終わったあとの土鍋


 できた塩を1週間ほどかけて乾燥させた。塩の重量110c


  目次へもどる   トップページへもどる