■ 開設者のあいさつ(2015年11月11日更新)


1.ホームページ「塩の世界」の開設について

 ホームページをご覧いただきありがとうございます。
 このホームページを作成したときは、「塩」に関するホームページに納得のいくものが少なかったのを覚えています。
 そこで、2001年7月、「塩」をテーマとしたホームページ開設を企画し、海岸で海水を原料として、塩分濃度のこい塩水の鹹水かんすいをつくり、実際に自宅の台所で鹹水かんすいを土鍋で炊いて塩をつくってみました。土鍋での塩づくりは、デジタルカメラの写り具合を試しながらしましたので、結局、何回も塩づくりをおこなうことになりました。
 とにかく2002年度からはじまる小学生や中学生の「総合的学習の時間」の教材として役立ちたいと思い、はじめてホームページをつくりました。ホームページの題名はいろいろ考えた結果、当初は小橋靖の「塩の世界」にしました。
 ホームページに記載している文章は、これまで私が執筆したものをもとにして、私の「塩の世界」に入れたいものをどんどん入れていきました。私の「塩の世界」の中でいちばん苦労したのは、塩の結晶の写真撮影です。いろいろ塩の結晶をつくって顕微鏡撮影をしてみましたが、あまりうまくいきませんでした。そういうとき、鳴門教育大学の米澤義彦教授(生物学)がご協力してくださいました。
 また、土鍋で鹹水かんすいを炊く途中に水面上に塩の結晶ができてきます。それをスプーンにすくって顕微鏡の実体視鏡で見ると、ピラミッド形のトレミー型結晶がよく見えて感動しました。
 ホームページの作成は、HTML(タグ)を勉強して自分で作りましたので、シンプルなホームページとなりました。
 あまりむずかしく考えないで、親子で一緒に海水から塩をつくる体験をしてみるといいと思います。そのとき、顕微鏡の実体視鏡で塩の結晶を見てみましょう。皆様にもそういう体験をしていただきたいと思っています。
 このホームページを作成してから、多くの小学校の先生や子どもと接してきましたが、先生より子どものほうが興味があるように思います。実際に土鍋で炊いて塩をつくるときは、煮つまって水分が少なくなってくると、ときどき塩が上に噴火しますので、土鍋の上に顔を入れないようにして十分気をつけて実験してみてください。


2.「鳴門海峡の渦潮」の開設について

 私は、徳島県鳴門市に住んでおり、塩業以外に、郷土の歴史や鳴門海峡の渦潮などにも興味をもっています。鳴門海峡の渦潮は、子どものときから観潮船からよく見てきました。
 大潮の干潮時に大きな渦ができるので、そのときに観潮船に乗ってビデオ撮影をしましたが、観光客が多く、なかなかいいアングルで撮影できませんでした。
 この鳴門海峡の渦潮をホームページに入れてから相当な年数が過ぎましたので、この度、観潮船などから撮影したビデオに差し替えました。このビデオをご覧いただけたら、見どころがよくわかると思います。
 また、「鳴門海峡の渦は右回りか左回りか?」ということをよく耳にしますが、実際見てみると、右回りも左回りもあります。
 2002年10月1日に「鳴門海峡の渦潮」をこのホームページに掲載し、ホームページの名称を”小橋靖の「塩の世界」と「鳴門海峡の渦潮」”に替えました。


 ■ 開設者のプロフィール(2015年11月11日更新)

  小橋 靖(おばし やすし)
   1953年、徳島県鳴門市に生まれる。 現在、徳島県鳴門市在住、 日本塩業研究会会員 ・ 徳島地方史研究会会員 ・ 鳴門郷土史研究会会員。
   主な著書・論文等
   <塩業関係>
    『 鳴門市史 ・ 現代編 1 』( 1999年鳴門市発行 ) の 「 第10章 塩業 」
    『 近世日本の塩 』( 1997年雄山閣発行 ) の 「 二、瀬戸内の入浜塩業の2.入浜塩田の採鹹さいかん用具 」
    『 特別展蜂須賀三代正勝・家政・至鎮−25万石の礎− 』(2010年徳島市立徳島城博物館発行)のうち、「 阿波塩業と製塩図−阿波の国づくりに寄せて− 」
     『 鳴門塩田絵巻 』( 2015年 絵巻の原画・文制作 緒方常雄、解説・編集・発行者 小橋靖 )
     「 広島県瀬戸田の採鹹用具 」( 1998年日本塩工業会発行 『 日本塩業の研究 ・ 第26集 』 収録 )
    「 広島県竹原塩田の採鹹用具 」( 2003年日本塩工業会発行 『 日本塩業の研究 ・ 第28集 』 収録 )
    「 山口県三田尻塩田の採鹹用具 」( 2005年日本塩業研究会発行 『 日本塩業の研究 ・ 第29集 』 収録 )
    「 十州塩田の採鹹用具の地域的特徴 」( 2007年日本塩業研究会発行 『 日本塩業の研究 ・ 第30集 』 収録 )
    「 塩田面積や塩生産高等からみた徳島県の塩業−塩田の発祥から廃止まで− 」( 2011年徳島地方史研究会創立40周年記念論集『 生業から見る地域社会− たくましき人々− 』 収録 )
    「 検証・阿波国第二の塩業地「答島浜」 」( 2011年日本塩業研究会発行 『 日本塩業の研究 ・ 第32集 』 収録 )
     「 3回塩田開発に挑戦した阿波国海部郡那佐湾の塩田 」( 2015年日本塩業研究会発行 『 日本塩業の研究 ・ 第34集 』 収録)
     <郷土史関係>
     「 木津 ・ 金刀比羅ことひら神社の石造物 」( 2002年 ・ 鳴門郷土史研究会発行 『 鳴門路 ・ 第4号 』 収録 )
    「 鳴門の赤飯のゴマ砂糖について一考察 」( 2002年 ・ 鳴門郷土史研究会発行 『 鳴門路 ・ 第4号 』 収録 )ほか


 ■ このホームページの著作権について

 このホームページに掲載しているすべての著作権は、このホームページ開設者に帰属しますので、許可なく出版物等に掲載することを禁じます。



  目次へもどる   トップページへもどる