Top >> 茨城のレンコンについて

茨城産のれんこん
全国れんこん生産量(平成20年度 農林水産統計より)
作付面積(ha) 収穫量(t) 出荷量(t)
茨城県 1630 27900 22300
徳島県 583 10700 8040
愛知県 417 5710 5260

全国の3割は茨城産で、東京の市場に限ると約9割のシェアーをほこります。そのほとんどが霞ヶ浦周辺で生産されています。
農林水産統計情報総合データベース



この一帯は、あしなどの野草が堆積して土壌が肥え(泥炭性埴土)、その肥沃とそれによる高水温な水といった良い環境にあります。ですから霞ヶ浦に面した土浦市は戦後から栽培が盛んだったのはそのためだといえます。

茨城県内生産量
作付面積(ha) 収穫量(t)
土浦市 510 9180
霞ヶ浦町 343 6310
玉里村 147 2540
桜川村 124 1610
茨城県産れんこんは土浦市を生産量トップに様々な地域で栽培されています。どの地域も低湿地帯という霞ヶ浦の恵みを受け、作られています。

霞ヶ浦産のれんこんの特長は節と節が詰まっていて、繊維質が豊富で色、艶が良い所です。
そして特に我が家のれんこんは漂白剤等一切使用していません。淡い茶褐色の色こそが本来の色といえるのです。 より鮮度、色見など重視するのであれば、「泥付れんこん」がオススメです。
「安心して食べられる れんこん」ということを自慢に我が家では栽培しています。

れんこん収穫期(平成13年)始め 8月5日頃(前年より早めです。)
ピーク12中旬頃(前年並です。)
ピーク12中旬頃(前年並です。)
種れんこん植付け 4月中旬〜5月下旬頃(前年並です。)


鈴木農園
茨城県土浦市沖宿町842 電話 029-828-0747 / FAX 029-828-0749 運営責任者 代表 鈴木 則雄
 e-mail>ap_yosuke@mpd.biglobe.ne.jp (c)2001-2007. Suzuki nouen ALL Right Reserved This Page Japanese Only