ひゅうがみずき


小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ

花木 樹木 「蝋梅(唐蝋梅)」 no1(4)


蝋梅(唐蝋梅)・ ろうばい(とうろうばい)

盆栽の蝋梅の育て方 手入れの仕方


上へ


下へ

前  おうばい
花木、樹木、
まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ
06.02
no1

09.01
no2

   

植物 俳句

いさんぼ 作

蝋梅の余すところのなく咲けり



12.01
no3
唐蝋梅です。
 
   
蝋梅の聞きとれるほど香りたり


蝋梅のほろ酔ひの人拒みたり


咲きがたき唐蝋梅を愛すかな


蝋梅の忍を秘めたる黄色かな



  唐蝋梅です。   唐蝋梅の花です。     蝋梅のいつとはなしに散りにけり


蝋梅の朝日に浮かぶ花の星


蝋梅をこんな小さな子等も褒む


蝋梅は吾を初心に引戻す



蝋梅の咲き初めたる日日記す


蝋梅や垣根の緩みぎゆつと締め



上へ


下へ



蝋梅やビバルディ作四季を聞き
山並が蝋梅二輪解き放つ


蝋梅や背筋伸ばして身を正し


蝋梅を地球の花と思ひ切る
蝋梅の人柄偲ぶ垣根かな


蝋梅や七味並ぶる露天商


蝋梅の蜜吸ふ鳥の枝の揺れ

蝋梅の五輪見くる豊かさよ


蝋梅や嘴くるり項(うなじ)突き


蝋梅や手水舎の濡れ深深と


いさんぼ、俳句一覧 

育て方

no1、no2、no3は
全て
別な唐ろうばいです

no1は
03年に庭の蝋梅を取り木しました

no2は
07年に庭の蝋梅を取り木しました

no3は
09年に庭の蝋梅を取り木しました

no1、no2、no3の内
2012年は
no3が
一番蕾が付きました

no1とno2は
数個しかついてません

庭木の唐蝋梅は
溢れるばかりの花を
咲かせているのですが

もっと
大きな鉢にすれば良いのは
解っているのですが
置く場所が限られていて
我慢しています



ろうばいは丈夫です

この蝋梅は
唐蝋梅です
香りが素晴らしいです
優雅です
ゆっくり
そばに居れば心安らぎます

私のお気に入りの樹種の1つです

東京・府中の夏冬、屋外で越します


鉢植の場合
花芽は付きにくいです

花芽は
前年枝に付きます
樹に勢いをつけ、
枝切らないことです

切るなら成長の良い枝のみ、
(他の枝と比べて数本が
ぐぐっと伸びます)
花後
(2月頃)
間引きで少し切ります

基本は切らない事です
日が大好きです
西日を
避けたほうが良いです
水も大好きです
乾燥に弱いです

右上へ
香りは上品で
素晴らしいですが
唐ろうばいの花は
目立ちません

と言っても
目立たないだけで
美しいです


唐蝋梅のフアンは
多く
私の自慢の一樹となってます

地植の庭木でも、
花後
強い剪定をすると
場合により
2年程花芽つきません

私が見ている限り
市場では
唐蝋梅は
少なくなりました

30年前頃から
減ってきているように思います

最近売られているのは
素心(そしん)ろうばいです

これは花が大きく
黄色の色も濃く
花の芯も黄色で
派手さでは最高です
この
素心ろうばいの
群生地が
各所に作られるように
なりました

素心蝋梅は
花芽が
唐蝋梅より付き易いです


私は年寄りなので(?)
唐蝋梅を好みます


蝋梅・ろうばい・
開花スライドショー





仕事しながら
鉢植植物育成法は
こちらでどうぞ





挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率




挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法




 
小品 ミニ 盆栽 作り方



岩 苔玉 盆栽 作り方




上へ


下へ
盆栽の蝋梅の
育て方 
手入れの仕方



水遣り
春〜秋:1回/日
冬:1回/3日


植替


用土:赤玉土or混合用土

春彼岸の頃

植替頻度:1回/3年
根はびっしり張りますから
適宜その様子で
(鉢から樹を出して
根の張り具合を見る)
回数を加えて実施する


植替方法
マルメロの例ですが
こちらでどうぞ




上へ


下へ




肥料


30cm径の鉢として
3mm径の化成肥料を
6、7個やる


時期
4月と9月中旬


整枝剪定

花芽を付けるには
花の後(2月下旬)
大きく伸びた枝を
間引く程度に切る



上へ


下へ



不要な混みあった枝は
幹元から切る


花芽を付けるには

庭木や公園の樹は
簡単に付きます
それは
根が十分に張れるからです

特に最近の
素心蝋梅は簡単に付きます
素心蝋梅は
鉢植でも簡単に
花芽が付きます


私の育てている
唐蝋梅は昔の樹で
花芽を付けるのは
鉢では難しいです

難しいのは小さく育てようと
する場合です
ですから
30cm以上の深鉢なら
簡単に付きます


置き場
日当たりの良いところ

病害虫
ほとんどなし