次  かりん

小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
花木 樹木 (海棠)
 
no4

海棠・かいどう (はなかいどう)
小品盆栽  ミニ盆栽

盆栽海棠の育て方 手入れの仕方



岩 苔玉付 かいどうはこちらでどうぞ



上へ


下へ

前  ゆきやなぎ
花木、樹木、まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ

04.04
no1

かいどうです。

08.04
no1a
かいどうです。
12.04
no1b

小品盆栽
海堂  です。
 


かいどうです。特に蕾が素晴らしいです。


かいどうです。
海堂の花です。 海堂の花です。

06.04
no2
ミニ盆栽

小品のかいどうです。

植物 俳句

いさんぼ 作

海棠や組み立て足のフラミンゴ


海棠や真直にしぶけ川の水

いさんぼ、俳句一覧


かいどうです。

上へ


下へ
         
 
14.04
no3

ミニ盆栽
no1bの上部を取り木しました。ミニ盆栽を作りました。

no3はno1aの上部を
取り木して作りました

取り木は4年前です
取り木して
残ったのがno1bです

もう一つ
ミニ盆栽が
できました

育て方

水遣り
春〜秋:1回/1日
冬:1回/3日


植替:


時期:

秋の彼岸前後

花が咲かない樹も
この頃



用土:赤玉土



同じ大きさの鉢に
植えるなら
全体の根を
2割切って植えます

マルメロの例ですが、
写真付きで
解りやすいです



肥料:

量:
肥料10cm径の鉢で
化成肥料3、4個
(3mm径の粒)を
鉢の周囲の隅に置く


剪定(枝を切る)


剪定時期

樹形を作る
基本の剪定は
春の花の後
基本は
こけじゅんに従う


毎年の剪定

 時期:

花の後即


剪定方法

枝先より
2〜3を切る

全体が広がりを
見せられる方向の
芽を残して
切る

花芽は
太い充実した
枝に付く


置き場

場所があれば
日向
なければ
少しでも
日のあたるところ

  
17.04
no3a
ミニ盆栽 


ミニ盆栽 海棠  です。
 
  花海棠の花のUPです。    上へ


下へ


海棠 はなかいどう 育て方



no1の海棠は、
府中・大国魂神社の
植木市で500円弱で買いました
植木屋さんが
接木2年生と言ってました



金がないので、
私が買ったのはほとんど
庭木用の安い苗です
35年前の話です



no1、no1a、no1bは
同じかいどうです

no1とno2は
別なかいどうです

no2は
no1を挿し木しました
挿し木4年生です
ミニ盆栽を作りました

no1aは
no1の
右1番枝の上で切りました
葉芽のある上で切りました


剪定して
少し格好付けました

no1bは
no1aを更に剪定しました

良くなってきたでしょう
もっともっと良くなりますよ








海棠は丈夫です

東京・府中の夏、冬、
屋外で越します
水遣忘れないでと言う他、
特別な育成法は必要ありません
水遣りでは
私も時々失敗します

挿し木、ちょっと難しいです

適期に実施しないと難しいです


鉢植から盆栽へは
こちらでどうぞ






盆栽仕立てとする為に、
どのような育ち方の樹が
種木として
使用されているか
記述します
参考意見です


今まで
長年管理された
盆栽中の盆栽
(何百年物から何十年物)は、
そこらじゅうの山から年代の経った
樹木をを取ってきて
(山取りと言います)
そこから
管理の良さを競ったわけです

ですからこの種木の段階で、
既に相当年代の古い樹木です


これが、

現存する高級盆栽のほとんどです


現代は
環境問題で、
流石に山から
年代樹木を
取ってくるのは
出来なくなりました
一部、
不埒者はまだまだいるようですが

今までは
接木物は
盆栽に向かないなんて
盆栽専門家は自慢していました

山から取った
年代樹木をただ
自慢していたわけです




各地の
植木市で
安い接木(1000円以下)の
花木、果樹苗等が出回ってます
興味あって見ている方は
解ると思いますが、
盆栽になる代物でありません

右上へ


理由は

1 接ぎ口が高い

2 接ぎ口が
醜く、育てても
傷口が残りそう

3 接いだ枝等が、
盆栽になるような
格好よいところを、
接木素材として
使っていない

これは
植木屋
(接木苗を作っている人)
さんの
所為(せい)ではありません

当然盆栽用に作ってません

盆栽用の苗として、
作れば
盆栽屋さんの
価格になってしまいます

ここが面白いのです
不向きな苗で
勝負する

生意気な事、
書きましたが
実は
お金がないのです

接木苗を売っている
植木屋さんも、
まさか
これを盆栽にするなんて
っと
思っているでしょう

庭木か、鉢植にでもして
まあまあ
大きく
育てて楽しんでいると
思っているでしょう
(もっとも
そのように思っているか、
聞いたことはありません)

盆栽と言うと、
どうしても、
高価な樹木、
おじんのもの、の
固定観念あります
私も
一時は思ってました

そんなことはありません

安い物でも
歳月かけて、
可愛がれば
立派になります

もっとも
私も
おじんになってしまいましたが
始めた頃は、
それはそれは
素敵なお兄さんでした
えへへへへ
ご勝手にですよね


上へ


下へ



参考

現在
市販されていて
盆栽用種木として、
良いと思える物は、
下記のような物です

1   自分の山を持っていて、
その
山の樹を取り出して
盆栽の種木としている

    環境問題は
自分の山と
言えど残りますが

2   挿し木、取り木等の樹を
畑で育てて
大きくしたものを
種木とする

3   2 より更に良いのは、
    挿し木、取り木等した木を
鉢で
こつこつ育てたものを
種木とする

ここで
趣味者、初心者の出番です

挿し木、取り木、等の苗を
初めから

鉢でこつこつ育てる事です

最上の
盆栽が出来上がります

時間は掛りますが、
育てるのが楽しいのですから

完成した樹を
育てても
あまり面白くありませんん

実を言えば
金がなくて買えないだけですが

岩 苔玉付 
かいどうはこちらでどうぞ


挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率



挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法



 
小品 ミニ 盆栽 作り方


岩 苔玉 盆栽 作り方



上へ


下へ