自然 俳句 植物写真
 
いさんぼ
植物に拘らない俳句 春の季語の植物の俳句

夏の季語の植物の俳句

冬の季語の植物の俳句

新年の季語の植物の俳句


俳句 目次

盆栽・ホーム
俳句 作品集 一覧 
(季語:秋)
下へ


中へ


先頭に

見出 季語 日付
四季
俳句目次
       詠み人の知れぬ俳句や地震の秋  よみびとの しれぬはいくや なゐのあき  11.09
           
           
   天高し    天高し魔女になりきる孫二歳  てんたかし まぢよになりきる まごにさい  10.11
           
           
   満月    満月の臆面もなく俳句かな  まんげつの おくめんもなく はいくかな  10.10
           
           
      歩いても歩いても虫鳴きやまず   あるいても あるいてもむし なきやまず  10.09
           
           
   流れ星    木々の根に足を取られて流れ星  きぎのねに あしをとられて ながれぼし  09.10
           
           
   団栗    団栗や一歳の子の手のひらに  どんぐりや いつさいのこの てのひらに  09.10
           
           
   桐の実    桐の実の思ひ及ばぬ種の数  きりのみの おもひおよばぬ たねのかず  09.10
           
           
   夜長    斜め読み正す夜長の読書かな  ななめよみ ただすよながの どくしよかな  09.10
           
           
今年酒 食初めの宴にどんと今年酒 くひぞめの うたげにどんと ことしざけ 08.09
デラウエア 食初めの孫笑ふのみデラウエア くひぞめの まごわらふのみ デラウエア 08.09
小望月 疑ひて疑ひはれず小望月 うたがひて うたがひはれず こもちづき 08.09
今日の月 食パンの縦横どちら今日の月 しよくパンの たてよこどちら  きようのつき 08.09
肌寒 肌寒のいつそ一枚脱いじやおか はださむの いつそいちまい ぬいじやおか 08.09
虫の音 虫の音や手入れ細やか苔の庭 むしのねや ていれこまやか こけのには 08.09
虫の音 虫の音の聞く間もなくて寝息かな むしのねの きくまもなくて ねいきかな 08.09
尉鶲 畝立てを波乗りの如尉鶲 うねたてを なみのりのごと じょうびたき 07.12
明か 搾りたる乳に明かな山羊の糞 しぼりたる ちちにさやかな やぎのふん 07.12
団栗 団栗やポッケ繕ふ母は亡く どんぐりや ポッケつくろふ はははなく 07.11
団栗 団栗を回して児等に敬はる どんぐりを まはしてこらに うやまはる  07.11
十三夜 多摩川の闇の現の十三夜 たまがはの やみのうつつの じふさんや  07.10
秋の蜘蛛 破れ巣の尚らんらんと秋の蜘蛛 やぶれすの なほらんらんと あきのくも 07.10
けさ秋 けさ秋の梢煌く夜半の雨 けさあきの こずゑきらめく よはのあめ 07.09
天高し 電線の埋設工事天高し でんせんの まいせつこうじ  てんたかし 07.09
台風禍 政治と金の紙面削らる台風禍 せいぢとかねの しめんけづらる たいふうか 07.09
残暑 主義主張あからさまなる残暑かな しゆぎしゆちやう あからさまなる ざんしよかな 07.08
下へ


中へ


先頭に

       ここから下は他の頁に記述した
(秋の季語)の俳句を載せ
秋の季語の俳句の頁として纏めました
   
           
  残暑 戦争の語りを挫く残暑かな せんさうの かたりをくじく ざんしよかな 07.08
  aあ
 
  猿酒 憲法九条貴重な猿酒 けんぱうきうでう きちような ましらざけ 07.08
 
 
  終戦日 終戦日反省浅きメディア人 しゆうせんび はんせいあさき メディアびと 07.08
 
 
  終戦日 終戦日吾あらためて絵馬描く しゆうせんび われあらためて ゑまゑがく 07.08
 
 
  残暑 五十度もありえそうなる残暑かな ごじふども ありえそうなる ざんしよかな 07.08
 
 
  秋風 秋風や欅のかげに立つ虚子碑 あきかぜや けやきのかげに たつきよしひ 07.08
 
 
  盆踊 盆踊昔話の世話係 ぼんをどり むかしばなしの せわがかり 07.07
 
           
  台風 台風や吾はゴールド免許証 たいふうや われはゴールド めんきよしよう 07.07
 
 
  芋虫 梔子の香の芋虫を捕へたり くちなしの かのいもむしを とらへたり 07.06
 
 
  草の花 草の花幾度咲けど名の知れず くさのはな いくたびさけど なのしれず 07.06
 
 
  九月 温暖化阻止九月廃車決定 をんだんかそし くぐわつはいしやけつてい 07.06
 
 
  背黒鶺鴒 芝山を背黒鶺鴒駆け登る しばやまを せぐろせきれい かけのぼる 07.04
 
 
  桐一葉 裏年や銀光る桐一葉 うらどしや しろがねひかる きりひとは 06.11
 
  ホーム・もくじ
  俳句目次         
  当頁先頭に        
           
  暮の秋 残る葉も今落つる葉も暮の秋 のこるはも いまおつるはも くれのあき 06.11
 
           
  月光 月光と主婦等お話ウォーキング げつくわうと しゆふらおはなし ウォーキング 06.11
 
 
  虫時雨 虫時雨崩し語らふ夕餉時  むししぐれ くづしかたらふ ゆふげどき 06.11
 
 
  ちちろ ビブラートほんのり利かせちちろ鳴く ビブラート ほんのりきかせ ちちろなく 06.11
 
 
  椎拾う 自転車を転がし子等が椎拾う じてんしやを ころがしこらが しひひろふ 06.11
 
 
  秋の雲 大木の梢に懸かる秋の雲 たいぼくの こずゑにかかる あきのくも 06.10
 
  俳句目次
  虫の秋 張つめてソロを奏づる虫の秋  はりつめて ソロをかなづる むしのあき 06.10
 
 
  眼医者言ふ月浮立てば濁りなし めいしやいふ つきうきたてば にごりなし 06.10
 
           
  居待月 テニス部の訓示長長居待月 テニスぶの くんじながなが ゐまちづき 06.10
 
 
  立待月 一休み立待月のウォーキング ひとやすみ たちまちづきの ウォーキング 06.10
 
 
  十六夜の月 遅れ発つ機関車に十六夜の月 おくれたつ きくわんしやに いざよひのつき 06.10
 
 
  伐るらしき樹に紐付くる杣の秋 きるらしき きにひもつくる そまのあき   06.10
 
 
  秋季祭 行灯の絵柄を競ふ秋季祭 あんどんの ゑがらをきそふ しうきさい 06.10
 
 
  栗祭 参道の露店一気に栗祭 さんだうの ろてんいつきに くりまつり 06.10
 
 
  青虫 青虫の梭を投ぐる間に肥りたり あをむしの さをなぐるまに ふとりたり 06.09
 
           
  俳句目次
  虫時雨 指揮するは小澤征爾か虫時雨 しきするは おざわせいじか むししぐれ 06.09
 
  下へ


中へ


先頭に

  盆に来て轟き帰るオートバイ ぼんにきて とどろきかへる オートバイ 06.09
 
 
           
  螽斯 店頭の籠にか細き螽斯 てんとうの かごにかぼそき きりぎりす 06.09
 
 
  満月 満月や敷き藁新た子豚小屋 まんげつや しきわらあらた こぶたこや 06.09
 
 
  蟋蟀 蟋蟀の鉢穴覗く脚運び こはろぎの はちあなのぞく あしはこび 06.09
 
 
  蜻蛉 小半時杭にひららか蜻蛉かな  こはんとき くひにひららか とんぼかな 06.07
 
 
  七夕 七夕や光ケーブル山を縫ひ たなばたや ひかりケーブル やまをぬひ 06.07
           
           
  蓑虫 蓑虫や釣餌の袋底を突き みのむしや つりゑのふくろ そこをつき 06.06
 
 
  蓑虫 撓みたる枝を操る蓑虫や たわみたる えだをあやつる みのむしや 06.06
 
 
  天窓の露きらきらと美術館 てんまどの つゆきらきらと びじゆつくわん 06.06
 
 
  運動会 運動会退場門に水溜り うんどうくわい たいぢやうもんに みづたまり 06.05
 
 
  白鶺鴒 大曲に白鶺鴒や風の息 おほわだに はくせきれいや かぜのいき
06.02
 
 
  落穂拾い 巡り会ふ落穂拾ひの美術館 めぐりあふ おちぼひろひの びじゆつくわん 06.02
 
 
  秋澄む 秋澄むや梢染み入る潦 あきすむや こずゑしみいる にはたづみ 05.11
  a
           
  月の舟 青成るも空車戸惑ふ月の舟 あをなるも くうしやとまどふ つきのふね 05.11
  a
  俳句目次
  冬隣 立木を切る鋸呻く冬隣 りふぼくを きるのこうめく ふゆどなり 05.11
  a
 
  月の宿 マラソンのもう止めようか月の宿 マラソンの もうやめようか つきのやど 05.11
  a
 
  秋の蝶 化石抜け飛出したるか秋の蝶 くわせきぬけ とびだしたるか あきのてふ 05.11
  aあ
 
  秋遊び 雨止みて葉時雨止まぬ秋遊び あめやみて はしぐれやまぬ あきあそび 05.11
  a
 
  城跡の月渡り行く行き止り しろあとの つきわたりゆく ゆきどまり 05.11
  a
 
  鳥去るも繁く葉が舞ふ秋の庭 とりさるも しげくはがまふ あきのには 05.11
  下へ


中へ


先頭に

a
           
           
  草の香 草の香や鉄橋の上炎星 くさのかや てつけうのうえ ほのほぼし 05.11
  a
 
  金星やカーブミラーの露が落ち きんせいや カーブミラーの つゆがおち 05.10
  a
 
  ちちろ 夕星を掴みたりけりちちろ鳴く ゆふづつを つかみたりけり ちちろなく  05.10
  a
 
  流れ星 しやつくりに息を呑み込む流れ星 しやつくりに いきをのみこむ ながれぼし 05.10
  a
 
  紅葉狩 路線図の駅名読みて紅葉狩 ろせんずの えきめいよみて もみじがり 05.10
  a
 
  天高し 天高し幹がすきつと筋のばす てんたかし みきがすきつと すぢのばす 05.10
  当頁先頭に a
  俳句目次
  灯台の霧晴らしたる汽笛かな とうだいの きりはらしたる きてきかな 05.10
  a
           
           
  蜻蛉 吾の肩掴む蜻蛉に意気地あり われのかた つかむとんぼに いきぢあり 05.10
  a
 
  赤蜻蛉 杭違吾の肩持つ赤蜻蛉 くひたがへ われのかたもつ あかとんぼ 05.10
  a
 
  曼珠沙華 夕闇の池にゆらゆら曼珠沙華 ゆふやみの いけにゆらゆら まんじゆしやげ 05.10
  a
 
  団栗 団栗の鏤められるレンガ道 どんぐりの ちりばめられる レンガみち 05.10
  a
 
  赤い羽根 付添ひの母は力まぬ赤い羽根 つきそいの おやはりきまぬ あかいはね 05.10
  下へ


中へ


先頭に

a
          
           
  秋の空 朽木いと臍を噛むめり秋の空 くちきいと ほぞをかむめり あきのそら 05.09
  a
 
  団栗 脱帽の団栗一にこざつぱり  だつぼうの どんぐりいつに こざつぱり   05.09
  a
           
  栗強飯 栗強飯器手焼きに座を正す くりおこは うつはてやきに ざをただす 05.09
  a
 
  毬栗 毬栗を捩づる靴載せ腕捲くり いがぐりを ねづるくつのせ うでまくり 05.09
  a
 
  毬栗 毬栗や渋滞道のもどかしさ いがぐりや じふたいだうの もどかしさ 05.09
  a
 
  満月 満月や視力体操偽らず まんげつや しりよくたいさう いつはらず 05.08
  a
 
  小望月 居残りの球蹴る子等に小望月 ゐのこりの たまけるこらに こもちづき 05.08
  a
 
  月夜 鉄塔を綱渡りする月夜かな てつたふを つなわたりする つきよかな 05.08
  a
 
  三日月 三日月や鋸の刃毀れ止む無かり みかづきや のこのはこぼれ やむなかり 05.09
  a
           
  半月 天が紅半月はたと止りたり あまがべに はんげつはたと とまりたり 05.09
  a
 
  秋雲の道草したり投票日 あきぐもの みちくさしたり とうへうび 05.09
  a
 
  秋の暮 車庫のバス思ひ溢るる秋の暮 しやこのバス おもひあふるる あきのくれ 05.09
  a
  下へ


中へ


先頭に

           
           
  台風禍 売出しの旗溺れたり台風禍 うりだしの はたおぼれたり たいふうか 05.08
  a
 
  台風 台風の雲掴むよな予報官 たいふうの くもつかむよな よほうかん 05.08
  a
  俳句目次
  満月 満月が多摩川い遡りたり まんげつが たまがはいさかのぼりたり 05.08
  a
 
  満月 満月の休耕の畑晒したり まんげつの きうかうのはた さらしたり 05.08
  a
           
  猫じやらし 駐輪の留立てしたる猫じやらし ちゆうりんの  とめだてしたる ねこじやらし 05.08
  a
 
  猫じやらし 多摩川の水跳ね上がる猫じやらし たまがはの みずはねあがる ねこじやらし 05.08
  a
 
  台風 台風にライト向ければ風の音 たいふうに ライトむければ かぜのおと 05.07
  a
  俳句目次
  満月 満月や祖父のと聞きし眼鏡あり まんげつや そふのとききし めがねあり 05.07
  a
 
  蜻蛉 信州を切り開きたる蜻蛉かな しんしうを きりひらきたる とんぼかな 05.07
  a
 
  飛蝗の子 飛蝗の子ヘノヘノの足ずつこける ばつたの子 ヘノヘノのあし ずつこける
  a
 
  台風 台風が波に飲まれて魚の餌 たいふうが なみにのまれて うをのゑさ
  aあ
 
  天高し 天高し盆栽村の気高さよ てんたかし ぼんさいむらの けだかさよ
  a
 
  秋の海 目映かる楽譜の如き秋の海 まばゆかる がくふのごとき あきのうみ
 
  空蝉 水遣りの空蝉確と鳴いたよな みづやりの うつせみしかと ないたよな
           
         下へ


中へ


先頭に