自然 俳句 植物写真 
いさんぼ
a
植物に拘らない俳句
a
       俳句 一覧 
(季語:春)
  夏の季語の植物の俳句

秋の季語の植物の俳句

冬の季語の植物の俳句は

新年の季語の植物の俳句


俳句 目次

盆栽・ホーム
 
           
           
  

下へ

中へ

当頁先頭

見出 季語 日付
四季
俳句目次
           
   立春    立春や鼻づまり散る俯せ寝  りつしゆんや はなづまりちる うつぶせね  14.02
           
           
   菜の花    青空の菜の花続く線路かな  あをぞらの なのはなつづく せんろかな  12.03
           
           
   菜の花畑    富士山聳ゆる 菜の花畑かな  ふじさんそびゆる なのはなばたけかな  12.03
           
           
   木の芽    触れたれば脈の伝はる木の芽かな  ふれたれば みやくのつたはる このめかな  12.03
           
           
   木の芽月    社覗ける欅参道木の芽月  やしろのぞける けやきさんだう このめづき  12.03
           
           
   雪解け    雪解けの大義と跳ぬる幹の枝  ゆきどけの たいぎとはぬる みきのえだ  11.02
           
           
   立春    立春や待合室の明り窓  りつしゆんや まちあひしつの あかりまど  10.02
           
        下へ

中へ

当頁先頭

 
       環境と太く書かるる奴凧  くわんきやうと ふとくかかるる やっこだこ  10.01
           
           
   麗か    麗らかの伝ひ歩きを始めたり  うららかの つたひあるきを はじめたり  09.03
           
           
陽炎 白銀の富士の裾野のかげろへり はくぎんの ふじのすそのの かげろへり 08.06
蜜蜂 だしぬけや襲ふ蜜蜂耳の穴 だしぬけや おそふみつばち みみのあな   08.04
春の月 澄みわたる子山羊の声や春の月 すみわたる こやぎのこゑや はるのつき 08.03
建国記念の日 建国記念の日神社筝の曲 けんこくきねんのひ やしろ さうのきよく 08.02
ウオーキング春の話の五六人 ウオーキング はるのはなしの ごろくにん  08.02
浅き春 盆栽の配置変ふるや浅き春 ぼんさいの はいちかふるや あさきはる 08.02
蜂注意痴漢注意の威看板 はちちゆうい ちかんちゆういの いかんばん 07.09
  ホーム・もくじ        
  俳句目次        
  当頁先頭に        
           
      ここから下は他の頁に記述した
(春の季語)の俳句を載せ
春の季語の俳句の頁として纏めました
下へ

中へ

当頁先頭
 
           
           
           
           
蜂が飛ぶ金塊の如葉を抱へ はちがとぶ きんくわいのごと はをかかへ 07.06
 
  蜂の来る四手の鉢植ゑふと隠す はちのくる しでのはちうゑ ふとかくす 07.06
 
 
  余寒 罅割れの植木鉢見る余寒かな ひびわれの うゑきばちみる よかんかな 07.06
 
 
  芽立ち 温暖化正す心の芽立ちあり をんだんか ただすこころの めだちあり 07.05
 
 
  下水管ぽかんぽかんと春を告ぐ げすいくわん ぽかんぽかんと はるをつぐ 07.04
 
 
  四月馬鹿 其の様になれば夢なし四月馬鹿  そのやうに なればゆめなし しぐわつばか 07.04
 
 
  朧月 劇場が跳ねて杳杳朧月 げきじようが はねてようよう おぼろづき  07.03
 
  ようよう=くらいさま、はるかなさま
           
  花粉症 花粉症心の窓は開け放ち くわふんしやう こころのまどは あけはなち 07.03
 
  ああ
  辛夷 雑踏がざわめき揺らぐ辛夷かな ざつたふが ざわめきゆらぐ こぶしかな 07.03
  ああ
 
  辛夷 曇天の雲を突上げ辛夷咲く どんてんの くもをつきあげ こぶしさく  07.03
  ああ
 
  恋猫 恋猫の選挙カー並忙しなさ こひねこの せんきよカーなみ せはしなさ 07.03
  ああ
 
  雛祭 結納の膳揃ひたり雛祭 ゆひのふの ぜんそろひたり ひなまつり 07.03
 
 
  春一番 春一番水平線を越え来たり はるいちばん すいへいせんを こえきたり 07.02
 
 
  立春 立春を朝日ほのぼの昇りたり りつしゆんを あさひほのぼの のぼりたり 07.02
 
           
  流氷 流氷や委蛇のサハリン液化ガス りうひようや ゐいのサハリン えきかガス 06.12
 
下へ

中へ

当頁先頭



a
  ホーム・もくじ           
   俳句目次      
  当頁先頭に      
           
 
  紀元節 盆栽は生五七五や紀元節 ぼんさいは なまごしちごや きげんせつ 06.12
 
 
  子亀 重なりて岩に子亀の甲羅干 かさなりて いはにこがめの かふらぼし 06.10
 
 
  風船 風船を猿に見立てて童話劇 ふうせんを さるにみたてて どうわげき 06.07
 
 
  軒下を蜂の飛び行く通り雨 のきしたを はちのとびゆく とほりあめ 06.07
 
 
  幼鳥の欺かれたる蝶の舞 えうてうの あざむかれたる てふのまひ 06.07
 
 
  縄張を越え張上ぐる田の蛙 なはばりを こえはりあぐる たのかへる 06.06
 
 
  風船 雑踏を白風船の破裂音 ざつたうを しろふうせんの はれつおん 06.06
 
 
  初蝶 初蝶の潜り抜けたる冠木門 はつてうの くぐりぬけたる かぶきもん 06.06
 
 
  宿借 宿借や小学生の浜掃除 やどかりや せうがくせいの はまそうじ 06.06
 
 
  田蛙のぴたり鳴き止む終車バス たがへるの ぴたりなきやむ しゆうしやバス 06.06
 
 
  逃水 逃水や行きつ戻りつ鳥の群 にげみづや ゆきつもどりつ とりのむれ 06.05
 
 
  雨なれど急ぎか蝶の雲に消ゆ あめなれど いそぎかてふの くもにきゆ 06.05
 
 
  八十八夜 八十八夜や指揮者興に入り はちじふはちやや しきしや きようにいり 06.05
 
  俳句目次
  進級 進級の声跳ね返る庭球部 しんきふの こゑはねかへる ていきうぶ 06.04
  ああ
 
  目借り時 土手落つる球の水音目借り時 どておつる たまのみづおと めかりどき 06.04
 
 
  芽立前 遊具猶ぽつり止まる芽立前 いうぐなほ ぽつりとどまる めだちまえ 06.04
 
 
  料峭 料峭や自転車に些と油注し れうせうや じてんしやにちと あぶらさし 06.04
 
  ホーム・もくじ 下へ

中へ

当頁先頭
   俳句目次        
  当頁先頭に        
           
           
  鶯ややや重馬場のゲート入り うぐひすや ややおもばばの ゲートいり  06.04
 
 
  呼子鳥 呼子鳥大きくくねる川の水 よぶこどり おほきくくねる かはのみづ 06.04
 
 
  黄砂 基地跡地残る線路に黄砂舞ふ きちあとち のこるせんろに くわうさまふ 06.04
 
 
  芽吹き 山々の芽吹きたりけり川の岩 やまやまの めぶきたりけり かはのいは 06.03
 
 
  芽立前 盆樹手に空に棚にと芽立前 ぼんじゆてに そらにたなにと めだちまへ 06.03
 
 
  下萌 下萌やトランペットの人の空 したもえや トランペットの ひとのそら 06.03
 
 
  初音 神官と顔を見交わす初音かな しんくわんと かほをみかわす はつねかな 06.03
 
 
  初音 境内の藪を抜け出る初音かな けいだいの やぶをぬけでる はつねかな 06.03
 
           
  俳句目次
  春光 春光や石走りたる滝の音 しゆんくわうや いはばしりたる たきのおと 06.03
 
 
  彼岸 良き花をゴム輪で結ぶ彼岸かな よきはなを ゴムわでむすぶ ひがんかな 06.03
 
 
  春の蜘蛛半円描きて休みたり はるのくも はんえんかきて やすみたり 06.03
 
 
  啓蟄 啓蟄の砂浜に息光りたり けいちつの すなはまにいき ひかりたり 06.03
 
  ホーム・もくじ 下へ

中へ

当頁先頭
   俳句目次        
  当頁先頭に        
          
           
  啓蟄 啓蟄や般若心経一歩つつ けいちつや はんにやしんぎよう いつぽつつ 06.03
 
 
  春の雨 微睡の間怠かりける春の雨 まどろみの まだるかりける はるのあめ 06.02
 
 
  春霞 春霞引込み線に尾燈付く はるがすみ ひきこみせんに びとうつく  06.02
           
           
  春一番 予報官春一番を笑顔にて よほうかん はるいちばんを ゑがほにて 06.02
 
 
  春の海 瀬戸内の目紛しかる春の海 せとうちの めまぐるしかる はるのうみ 06.02
 
 
  浅き春 鏡葉の投射煌く浅き春 かがみばの とうしやきらめく あさきはる 06.02
  俳句目次
 
  日永 美術館青き天窓日永なり びじゆつくわん あをきてんまど ひながなり 06.02
 
 
  弥生 戌年の吠える間もなく弥生かな いぬどしの ほえるまもなく やよひかな 06.02
 
 
  浅き春 空部屋の札のはためく浅き春 あきべやの ふだのはためく あさきはる 06.02
  aあ
 
  立春 立春や文金島田宮参り りつしゆんや ぶんきんしまだ みやまゐり 06.02
  aあ
 
  日永 鳥騒ぎ耳を穿る日永かな とりさわぎ みみをほじくる ひながかな 06.01
  aaあ
 
  砂抜きの蜆命を育めり すなぬきの しじみいのちを はぐくめり
  aあ
 
  竹の秋 砂浜が妙に濡れたり竹の秋 すなはまが めうにぬれたり たけのあき
           
         下へ

中へ

当頁先頭