自然 俳句 植物写真
 いさんぼ
a
植物に拘らない
俳句
一覧
春の季語の植物の俳句

夏の季語の植物の俳句

秋の季語の植物の俳句

新年の季語の植物の俳句


俳句 目次

盆栽・ホーム

(季語:冬) a 上へ

中へ

下へ
見出 季語 日付
四季
俳句目次
           
   節分    節分を知らす空砲神社かな  せつぶんを しらすくうはう じんじやかな  14.02
           
           
   節分    節分の声張り上ぐる人もなし  せつぶんの こゑはりあぐる ひともなし  14.02
           
           
   大寒    大寒や雀の群れの膨らみて  だいかんや すずめのむれの ふくらみて  14.0
           
   寒の月    不意を打つ寂光漂ふ寒の月 ふいをうつ じやくくわうただようふ 
かんのつき 
 14.0
           
   裸木    裸木の空青くして輝きぬ  はだかぎの そらあをくして かがやきぬ  14.0
           
       暮三日酒屋巡りの利酒す  くれみつか さかやめぐりの ききざけす  13.12
           
           
   年の瀬    年の瀬の昼カラオケの拍手かな  としのせの ひるカラオケの はくしゆかな  13.12
           
           
   日脚伸ぶ    日脚伸ぶ日毎息濃きランニング  ひあしのぶ ひごといきこき ランニング  13.12
           
           
   師走    七度の干支を迎ふる師走かな  ななたびの えとをむかふる しはすかな  13.12
           
           
   閉ざさるる
春の道の
    閉ざさるる春の道地震のあくる年  とざさるる はるのみち なゐのあくるとし  12.03
           
           
   春隣    うつろひに委ぬる心春隣  うつろひに ゆだぬるこころ はるどなり  12.03
           
         上へ

中へ

下へ

 
   七五三   娘の着物孫に着付けて七五三  このきもの まごにきつけて しちごさん  11.11
           
   雪晴    雪晴の赤み帯びたる梢かな  ゆきばれの あかみおびたえる こずゑかな  11.02
           
           
   霜柱    霜柱踏めば遣る気の迸る  しもばしら ふめばやるきの ほとばしる  11.01
           
           
   霜柱    青空の苔庭揺らぐ霜柱  あをぞらの こけにはゆらぐ しもばしら  11.01
           
           
   大寒    伐採の地響きや大寒の墓  ばつさいのぢひびきや だいかんのはか  11.01
           
           
   小春日和   背の順に並びて小春日和かな  せのじゆんにならびて こはるびよりかな  10.12
           
           
   冬の月    梢抜け満面笑みの冬の月  こずえぬけ まんめんゑみの ふゆのつき  09.12
           
           
   春隣   走り根に散らばる種や春隣  はしりねに ちらばるたねや はるとなり  09.12
           
           
   枯葉    散る枯葉雑木林の空真青  ちるかれは ざふきばやしの そらまさを  09.11
           
           
大根 大根を抜くときふつと息とめる だいこんを ぬくときふつと いきとめる 09.01
ああ
盆栽の冬の手入れを見詰らる ぼんさいの ふゆのていれを みつめらる 09.01
ああ
師走 芽を見ても花芽かどうか師走かな めをみても はなめかどうか しはすかな 08.12
ああ
暮の町 コーヒーを飲む万人の暮の町 コーヒーをのむ ばんじんの くれのまち 08.12
ああ
ホーム・もくじ
  俳句目次         
  当頁先頭に      上へ

中へ

下へ

 
           
           
           
ぼろ市 ぼろ市や代官屋敷人いきれ ぼろいちや だいくわんやしき ひといきれ 08.12
ああ
落葉 それぞれの根にそれぞれの落葉かな それぞれのねに それぞれの おちばかな 08.11
ああ
返り花 香るとか香りせぬとか返り花 かをるとか かをりせぬとか かえりばな 08.10
ああ
霜柱 霜柱土誕生の予兆なり しもばしら つちたんじやうの よてうなり 08.02
ああ
樹氷 亡き父と樹氷背にする陰画かな なきちちと じゆひようせにする いんぐわかな 08.02
ああ
雪晴 雪晴の突つき足りない小啄木かな ゆきばれの つつきたりない こげらかな 08.02
ああ
雪晴 雪晴のまんまるとくる根際かな ゆきばれの まんまるとくる ねぎはかな 08.02
ああ
豆撒 豆撒や腰をふりふり異邦人 まめまきや こしをふりふり いはうじん 08.02
ああ
豆撒 豆撒の譲る気のなき大人かな まめまきの ゆづるきのなき おとなかな 08.02
ああ
騒々し都会の雪の降り出して さうざうし とくわいのゆきの ふりだして 08.01
ああ
泣きたくて河原の雪を見に行けり なきたくて かはらのゆきを みにゆけり 08.01
ああ
紅葉散る 紅葉散る富士一景の高尾山 もみぢちる ふじいつけいの たかをさん 07.11
ああ
滑子汁 滑子汁飲む錦繍の高尾山 なめこじるのむ きんしうの たかをさん 07.11
ああ
七五三 唇の小さく赤く七五三 くちびるの ちひさくあかく しちござん 07.11
ああ
七五三 兄弟の繋ぐ手揺らし七五三 きやうだいの つなぐてゆらし しちごさん 07.11
憂国忌 憂国忌遺志を潜むる総理かな いうこくき ゐしをひそむる そうりかな 07.08
      ここから下は他の頁に記述した
(冬の季語)の俳句を載せ
冬の季語の俳句の頁として纏めました
 
 上へ

中へ

下へ
 
開戦日 憲法九条捨つ新開戦日 けんぱうきうでうすつ しん かいせんび 07.08
a
  春隣 多摩川の牛群地形春隣 たまがはの ぎうぐんちけい はるどなり 07.04
  東京 羽村市付近 多摩川の川中に
牛の群にそっくりな地形があります。
特に水の少ない季節は目を見張ります
  a
  雪吊 雪吊や大王松も知らぬまに ゆきづりや だいわうまつも しらぬまに 07.03
  a
 
  落葉 境内の鼓楼に落葉吹き留まる けいだいの ころうにおちば ふきたまる  07.01
  a
 
  大根 休耕の畑に一列大根かな きうこうの はたにいちれつ だいこかな 06.12
  a
 
  ぼろ市 ぼろ市をキリスト教の露店かな ぼろいちを キリストけうの ろてんかな 06.12
  a
 
  畳替 終戦の記事現るる畳替 しゆうせんの きじあらはるる たたみがへ  06.12
  a
           
  千歳飴 千歳飴売り参道を落葉掃き ちとせあめうり さんだうを おちばはき 06.12
  a
 
  蔓枯 蔓枯れて思ひ思ひの深山かな つるかれて おもひおもひの みやまかな 06.12
  a
 
  枯木星 武蔵野の赤土踏むや枯木星 むさしのの あかつちふむや かれきぼし 06.12
  a
  俳句目次
  裸木 裸木が水平思考を誘発す はだかぎが すいへいしかうを いうはつす 06.12
  a
 
  裸木 裸木の上木連なる池面かな はだかぎの うはきつらなる いけもかな 06.12
  a
 
  裸木 裸木や気は持ちようの飛蚊症 はだかぎや きはもちようの ひぶんしやう 06.12
  a
 
  裸木 裸木よ吾はそこまで晒せない はだかぎよ われはそこまで さらせない 06.12
  a
枯葉 天窓を突抜けるがに枯葉舞ふ てんまどを つきぬけるがに かれはまふ 06.11

上へ

中へ

下へ


a
a
小春 多摩川のうねり光れる小春かな たまがはの うねりひかれる こはるかな 06.11
a
 
  一の酉 一の酉済みて屋台が包まらる  いちのとり すみてやたいが くるまらる 06.11
  a
 
  一の酉 一の酉談合らしき人等来る いちのとり だんがふらしき ひとらくる  06.11
  a
 
  枯葉 逆光に眩みたる如枯葉舞ふ ぎやくかうに くらみたるごと かれはまふ 06.11
  a
 
  伊那路来てETCを鳶かな いなじきて イーティーシーを とんびかな 06.08
  a
 
  湯気立 湯気立ちて畝の黒さや寺男 ゆげたちて うねのくろさや てらをとこ 06.02
 
           
  寒の内 手掴みの蜂の巣軽き寒の内 てづかみの はちのすかろき かんのうち  06.02
 
 
  寒の入 枝道の背黒鶺鴒寒の入 えだみちの せぐろせきれい かんのいり 06.02
 
 
  貼紙に狸注意と基地跡地 はりがみに たぬきちゆういと きちあとち 06.02
 
 
  寒の内 物干の音軋みたり寒の内 ものほしの おときしみたり かんのうち 06.02
  aaあ
 
  銅像の草鞋の雪を掃ひ除く どうざうの わらぢのゆきを はらひのく  06.01
  a
           
  雪晴 雪晴の光る梢に鳥の声 ゆきばれの ひかるこずゑに とりのこゑ 06.01
  a
  俳句目次 上へ

中へ

下へ

  豆撒 豆撒や神社の裏は競馬場 まめまきや じんじやのうらは けいばじよう 06.01
  a
           
  初雪 初雪の舞はせて見たき黒揚羽 はつゆきの まはせてみたき くろあげは 06.01
  a
 
  初雪 初雪や頭上に手上げ凝りを取り はつゆきや づじやうにてあげ こりをとり 06.01
  a
 
  冬日 物干を綱渡りする冬日かな ものほしを つなわたりする ふゆびかな 06.01
  a
 
  大寒 大寒の御御籤払ふ神社かな だいかんの おみくじはらふ じんじやかな 06.01
  a
 
  北風 北風と幾度対峙鎮守かな きたかぜと いくたびたいじ ちんじゆかな 06.01
  a
 
  芋雑炊 亡母の手編み手袋芋雑炊 なきははの てあみてぶくろ いもざふすい 06.01
  a
 
  明日の春 刃毀れの砥石操る明日の春 はこぼれの といしあやつる あすのはる 06.01
  a
           
  小寒 小寒の日の丸の旗風の息 せうかんの ひのまるのはた かぜのいき 06.01
  a
 
  年を越す 参道の砂利篩はれて年を越し さんだうの じやりふるはれて としをこし 05.12
  a
 
  大晦日 髭剃りの音静かなる大晦日 ひげそりの おとしずかなる おほみそか 05.12
  a
 
  オリオン オリオンや多摩川の鳥消えやらず オリオンや たまがはのとり きえやらず 05.12
  a
 
  シリウス
(青星)
シリウスが雑木林を疾風す シリウスが ざふきばやしを しつぷうす 05.12
  a
 
  数へ日 数へ日の法被姿の往来する かぞへびの はつぴすがたの ゆききする  05.12
  a
 
  数へ日 数へ日の盆栽毎の計画書 かぞへびの ぼんさいごとの けいくわくしよ 05.12
  a
           
  ホーム・もくじ      上へ

中へ

下へ
 
  俳句目次         
  当頁先頭に        
           
           
  大沼の馭者座渡らす氷かな おおぬまの ぎよしやざわたらす こほりかな 05.12
  a
 
  寒風 寒風の商店街に第九鳴る かんぷうの しやうてんがいに だいくなる 05.12
  a
 
  寒林 寒林の気海漂ふ朝未だき かんりんの きかいただよふ あさまだき 05.12
  当頁先頭に a
  俳句目次
  防寒 防寒の水道管の水の音 ばうかんの すいだうかんの みづのおと 05.12
  a
 
  北風 北風のありとあらゆる音に変ふ きたかぜの ありとあらゆる おとにかふ 05.12
  a
 
  寒月 寒月や梢に浮ぶ一葉舟 かんげつや こずゑにうかぶ ひとはぶね 05.12
  a
 
  多摩川や透視図法の富士の雪 たまがはや とうしづほうの ふじのゆき 05.12
  a
           
  落葉 ファンファーレ馬の落葉を蹴散らかし ファンファーレ うまのおちばを けちらかし 05.12
  a
 
  枯葉 碑や枯葉ばさつと闇を突き いしぶみや かれはばさつと やみをつき 05.12
  a
 
  枯木立 山脈を浮立たせたる枯木立 やまなみを うきたたせたる かれこだち 05.12
  a
 
  枯木立 青空のすつと1本枯木立 あをぞらの すつといつぽん かれこだち 05.12
  a
 
  落葉 束の間の輝く星か濡れ落葉 つかのまの かがやくほしか ぬれおちば 05.12
  a
  上へ

中へ

下へ
  俳句目次
  落葉掻 野球部の声張上げて落葉掻 やきうぶの こゑはりあげて おちばかき 05.12
  b
a
  ホーム・もくじ
  俳句目次         
  当頁先頭に        
           
         
           
           
  空鋏させてぐるりと冬の棚 からばさみ させてぐるりと ふゆのたな 05.12
           
           
  初雪 初雪や間近に来る地平線 はつゆきや まぢかにきたる ちへいせん 05.11
  a
 
  落葉 落葉とも鳥ともつかず寄せ返す おちばとも とりともつかず よせかへす 05.11
  a
 
  落葉 落葉踏む音の日増しに薄れたり おちばふむ おとのひましに うすれたり 05.11
  a
 
  落葉 ロータリー迷ひ深むる落葉かな ロータリー まよひふかむる おちばかな 05.11
  a
 
  枯木星 枯木星一つ一つが梢越え かれきぼし ひとつひとつが こずゑごえ 05.11
  a
 
  凩や覇気の一徹星光り こがらしや はきのいつてつ ほしひかり 05.11
  a
 
  帰り花 藪漕ぎの蔓辿りたり帰り花 やぶこぎの つるたどりたり かへりばな 05.11
  a
           
  俳句目次
  七五三 朝靄の神の早起き七五三 あさもやの かみのはやおき しちごさん 05.10
  aあ
 
  ぼろ市 ぼろ市に本屋積木が得意らし ぼろいちに ほんやつみきが とくいらし
  a
 
  障子 鳥の声影が障子を突き破り とりのこゑ かげがしやうじを つきやぶり
  a
 
  冴え バイオリン掴んだ顎に冴え託す バイオリン つかんだあごに さえたくす
  a
 
  サーフィンの如駅を出る暮の街 サーフィンの ごとえきをでる くれのまち
  a
 
  雪時雨 雪時雨ことんと雨戸閉め直し ゆきしぐれ ことんとあまど しめなおし
  a
 
  俳句目次 上へ

中へ

下へ
a
           
  冬日和 冬日和何もせぬまにはつとする ふゆびより なにもせぬまに はつとする 
  a
 
  冬日和 シャキシャキと鋏響かす冬日和 シャキシャキと はさみひびかす ふゆびより
  a
 
  冬日和 植木屋の地下足袋忙し冬日和 うゑきやの ぢかたびせはし ふゆびより
  a
 
  十トン車気合を内に暮緩り じゆつとんしや きあひをうちに くれゆるり
  a
 
  大寒 大寒の起立に朝日射しこみぬ だいかんの きりつにあさひ さしこみぬ
           
         上へ

中へ

下へ