自然 俳句 植物写真
いさんぼ
a
a
植物に拘らない
俳句 一覧
春の季語の植物の俳句

秋の季語の植物の俳句

冬の季語の植物の俳句

新年の季語の植物の俳句


俳句 目次

盆栽・ホーム
a
       (季語:夏)  下へ



先頭に
 
見出 季語 日付
四季
俳句目次
           
   落し文    種蒔いたことのある樹や落し文  たねまいたことのあるじゆやおとしぶみ  12.08
           
           
   日焼け    初めての日焼け止めクリームや古稀  はじめてのひやけどめクリームやこき  12.06
           
           
   梅雨    地震越ゆる友と梅雨の銀の鈴  なゐこゆる ともとばいうの ぎんのすず  11.05
           
           
   がまがえる    メルトダウンふつとなきやむがまがえる  メルトダウン ふつとなきやむ がまがえる  11.05
           
           
   索麺冷やす    朝昼晩かまはず索麺冷やす  あさひるばん かまはず さうめんひやす  10.09
           
           
   木下闇    ゆつたりと俳句なぞるや木下闇  ゆつたりと はいくなぞるや こしたやみ  10.09
           
           
       索麺を滝に準らふウインドー  さうめんを たきになぞらふ ういんどー   10.09
           
           
   草刈機    ありふれて今が盛りの草刈機  ありふれて いまがさかりの くさかりき  10.09
           
           
   酷暑    初めから予定を入れぬ酷暑かな  はじめから よていをいれぬ こくしよかな  10.09
           
           
   蝉の殻    苔庭に少なからずや蝉の殻  こけにはに すくなからずや せみのから  10.08
           
           
   雷雨    列車並予報違はぬ雷雨かな  れつしやなみ よほうたがはぬ らいうかな  10.07
           
          下へ



先頭に
 
   汗    腹の弛みに汗溜る半可かな  はらのたるみに あせたまる はんかかな  10.05
           
           
   ナイター    ナイターの犠牲バントの笑顔かな  ナイターの ぎせいバントの ゑがほかな  10.04
           
           
十薬 十薬や名前浮かばぬ他人と遇ひ じふやくや なまえうかばぬ ひととあひ 08.05
夏来る 赤松のほろ酔いの幹夏来る あかまつの ほろよひのみき なつきたる 08.05
目白 かならずや見する目白の逆さ食ひ かならずや みするめじろの さかさくひ 08.04
目白 躊躇つ番飛立つ目白かな ためらひつ つがひとびたつ めじろかな 08.03
白鷺 多摩川の堰の白鷺かごかかな たまがはの せきのしらさぎ かごかかな 07.10
白鷺 白鷺と太公望の間合かな しらさぎと たいこうばうの まあひかな 07.10
白鷺 白鷺の魚獲るる間の長さかな しらさぎの うをとるるまの ながさかな 07.10
蝉鳴けどなにもおこらぬ平和かな せみなけど なにもおこらぬ へいわかな 07.09
香水 香水を一度つけたき齢かな かうすいを いちどつけたき よはひかな 07.09
帰省子 帰省子や子供まだかと明け透けに きせいしや こどもまだかと あけすけに 07.09
油照り 身奇麗な政治家居らず油照り みぎれいな せいぢかをらず あぶらでり 07.09
油虫 政治家は政治屋と言ふ油虫 せいぢかは せいぢやといふ あぶらむし 07.09
夏芽 自民惨敗戦の夏芽薄る じみんざんぱい いくさのなつめ うする 07.08
蝉捕へ犬に自慢の親爺かな せみとらへ いぬにじまんの おやぢかな 07.08
       ここから下は他の頁に記述した
(夏の季語)の俳句を載せ
夏の季語の俳句の頁として纏めました
  下へ



先頭に
 
           
           
  木漏れ日の蝉の小便輝けり こもれびの せみのせうべん かがやけり 07.08
  aあ
 
  日傘 雑踏を個室の如き日傘かな ざつとふを こしつのごとき ひがさかな 07.08
  aあ
 
  ビール 賞味期間切れの厨のビールかな しやうみきかん ぎれのくりやの ビールかな 07.08
  aあ
 
  蝉鳴けば大安売りのセールかな せみなけば おほやすうりの セールかな 07.07
  aあ
 
  梅雨明け 梅雨明けて時計の遅れ正したり つゆあけて とけいのおくれ ただしたり 07.07
  a
 
  初蝉 初蝉やお待ち遠とて出前持 はつぜみや おまちどほとて でまへもち 07.07
  aあ
 
  花火 打上ぐる花火の如き選挙かな うちあぐる はなびのごとき せんきよかな 07.07
  aあ
           
 
  海開き 海開き一時富士もくつきりと うみびらき いつときふじも くつきりと 07.07
  aあ
 
  茅の輪 大国魂神社の和す茅の輪かな おほくにたまじんじやの くわす ちのわかな 07.06
  aaあ
 
  茅の輪 茅の輪潜る厳かなるご本殿 ちのわくぐる おごそかなる ごほんでん 07.06
  aaあ
 
  茅の輪 打ち薫る茅の輪をくぐる朝とかな うちかをる ちのわをくぐる あさとかな 07.06
  aaあ
 
  蟻地獄 環境破壊群集の蟻地獄 くわんきやうはくわい ぐんしふの ありぢごく 07.06
  aaあ
 
  河鹿 闇討ちにふつと鳴き止む河鹿かな やみうちに ふつとなきやむ かじかかな 07.06
  aaあ
 
  蜘蛛の巣 蜘蛛の巣やとうに禁止の霞網 くものすや とうにきんしの かすみあみ 07.05
           
           
  開門が夏の時間の社かな かいもんが なつのじかんの やしろかな 07.05
  aaああ
 
  常盤木落葉 常盤木落葉や落石注意書 ときはぎおちばや らくせき ちゆういがき 07.05
  aあ
 
  杉落葉 農道が尽きて林道杉落葉 のうだうが つきてりんだう すぎおちば 07.05
  aあ
 
  毛虫 ゆらゆらと糸一本の毛虫かな ゆらゆらと いといつぽんの けむしかな 07.05
  aあ
  ホーム・もくじ       下へ



先頭に
 
 
  青葉闇 トンネルを抜けて旧道青葉闇 トンネルを ぬけてきうだう あをばやみ 07.05
  aあ
 
  木下闇 笑ひつつ越し行く人等木下闇 わらひつつ こしゆくひとら こしたやみ 07.05
  aあ
 
  秋川の美し里山の蝮かな あきがはの いしさとやまの まむしかな 07.05
  aあ
           
  四十雀 高みよりツィピツィピツーと四十雀 たかみより ツィピツィピツーと しじふから 07.04
  aあ
 
  軽鴨 弥次喜多の如き軽鴨飛び姿 やじきたの ごときかるがも とびすがた 07.04
  aあ
 
  秋隣 大木の樹液満ちたり秋隣 たいぼくの じゆえきみちたり あきどなり 06.12
  aあ
 
  舞舞 舞舞が樹齢百年登りけり まひまひが じゆうれいひやくねん のぼりけり 06.12
  aあ
 
  万緑 万緑や三十年を水遣りす ばんりよくや さんじゆうねんを みずやりす 6.12
  aあ
 
  蔓刈 蔓刈れば樹樹も一息つきにけり つるかれば きぎもひといき つきにけり 06.11
  aあ
 
  蟻運ぶ餌の輝き帆の如し ありはこぶ ゑさのかがやき ほのごとし 06.11
  aあ
           
  手掴みの蝉高高と園児かな てづかみの せみたかだかと ゑんじかな 06.11
  aあ
  俳句目次
  黒揚羽 隕石の落つる如きや黒揚羽 ゐんせきの おつるごときや くろあげは 06.11
  aあ
 
  子鴨 甲羅干しし亀の岩子鴨占む  かふらぼし ししかめのいは こがもしむ 06.10
  aあ
 
  夏鴨 ぽちやりとて飛べば耀ふ真夏鴨 ほちやりとて とべばかがよふ まなつがも 06.10
  aあ
 
  草むしり 子供等が土手草むしり草滑り こどもらが どてくさむしり くさすべり 06.10
  aあ
 
  草いきれ 多摩川の音も聞えぬ草いきれ たまがはの おともきこえぬ くさいきれ 06.10
  aあ
 
  蛞蝓 捕らへたる筈の蛞蝓靴の上 とらへたる はずのなめくぢ くつのうへ 06.09
  aあ
           
  お花畑 見知らねど言葉を交すお花畑 みしらねど ことばをかはす おはなばた 06.08
  a
 
  お花畑 木曾駒の千畳敷のお花畑  きそこまの せんでふじきの おはなばた 06.08
  aあ
 
  団扇 真夜中に弄り寄する団扇かな まよなかに まさぐりよする うちはかな 06.08
  aあ
 
  高窓をぴしつと閉めて夏終る たかまどを ぴしつとしめて なつをはる 06.08
  aあ
   下へ



先頭に
           
  油蝉 中学の女生剣士に油蝉 ちゆうがくの ぢよせいけんしに あぶらぜみ 06.08
  aあ
 
  舟遊び 投網打つ天竜峡の舟遊び とあみうつ てんりゆうきようの ふなあそび 06.08
  aあ
  俳句目次
  aあ
  噴水 噴水や太極拳の婦人会 ふんすいや たいきよくけんの ふじんくわい 06.08
  aあ
 
  青田波 島のバス青田波より出で来たる しまのバス あをたなみより いできたる  06.08
  aあ
 
  落し文 境内の鶴亀石に落し文 けいだいの つるかめいしに おとしぶみ 06.08
  aあ
 
  夏の暮 水撒けば真空の如夏の暮 みづまけば しんくうのごと なつのくれ 06.08
  aあ
 
  蚯蚓 旧道を横断したる蚯蚓かな きうだうを わうだんしたる みみずかな 06.08
  aあ
 
  落し文 落し文鴉の口の開いた儘 おとしぶみ からすのくちの あいたまま 06.08
  aあ
 
  蟻今に火を操れる日もこよう ありいまに ひをあやつれる ひもこよう


 下へ



先頭に

a
06.07
  当頁先頭に
           
  俳句目次
  暮の夏 切株の早土壌たり暮の夏 きりかぶの はやどぢやうたり くれのなつ 06.07
  aあ
 
  蛞蝓 朽つる葉に群がり光る蛞蝓 くつるはに むらがりひかる なめくぢら 06.07
  aあ
 
  髭剃れば空青青と簾越し ひげそれば そらあをあをと すだれごし  06.07
  aあ
 
  秋隣 どうしても粥啜りたし秋隣 どうしても かゆすすりたし あきどなり 06.07
  aあ
 
  五月雨 五月雨の電話ボックス笑ひ声 さみだれの でんわボックス わらひごゑ 06.07
  aあ
 
  蝦蟇 蝦蟇鳴くも神社ひらたき祝詞 がまなくも じんじやひらたき のりとごと 06.07
  aあ
 
  蚰蜒 蚰蜒の見所のある歩き風 げじげじの みどころのある あるきぶり 06.07
           
           
  尺取虫 メダル掛け尺取虫の鞍馬かな メダルかけ しやくとりむしの あんばかな 06.07
  aあ
 
  尺取虫 息殺し尺取虫の枝に化く いきころし しやくとりむしの えだにばく 06.07
  aあ
 
  芝刈 芝刈れば鳥の群れたる競馬場 しばかれば とりのむれたる けいばぢやう 06.07
  aあ
 
  油蝉 石塊や裏返りたる油蝉 いしころや うらがへりたる あぶらぜみ  06.07
  aあ
 
  天牛 天牛や鋸唸りたる木工所 てんぎうや のこうなりたる もくこうじよ 06.07
  aあ
 
  守宮 重力を躱し雨戸の守宮かな ぢゆうりよくを かはしあまどの やもりかな 06.07
  aあ
 
  仰仰子
(葦切)
仰仰子痛むる頚のコルセット ぎやうぎやうし いたむるくびの コルセット 06.07
   下へ



先頭に
aあ
  俳句目次
  茅の輪 照れながら若い二人の茅の輪かな てれながら わかいふたりの ちのわかな 06.07
  aあ
 
  金ぶん 金ぶんの仰向けになるしじまかな かなぶんの あふむけになる しじまかな 06.07
  ぶん=虫の上に文です aあ
 
  団扇 寝覚めても団扇で扇ぐ夢の後 ねざめても うちはであふぐ ゆめのあと 06.07
  aあ
 
  揚羽 眼前を此れ見よがしに揚羽舞ふ がんぜんを これみよがしに あげはまふ 06.07
  aあ
 
  山開き 草の群 山開き住み渡りたる草の群 やまびらき すみわたりたる 草の群 05.07
  aあ
 
  梅雨晴間 竿竹の声高止まる梅雨晴間 さをだけの こゑたかどまる つゆはれま 06.06
  aあ
  俳句目次
  更衣 野良猫の身綺麗なるや更衣 のらねこの みぎれいなるや ころもがへ 06.06
           
           
  梅雨 水飲めば梅雨の晴間の喉仏 みづのめば つゆのはれまの のどぼとけ 06.06
  aあ
 
  海開き 逆立をすれば半島海開き さかだちを すればはんたう うみびらき 06.06
  aあ
 
  髪切虫 唐突に髪切虫と一騎打 たうとつに かみきりむしと いつきうち 06.06
  aあ
 
  蚯蚓 植替の蚯蚓生生移したり うゑかへの みみずなまなま うつしたり 06.06
  aあ
 
  蛞蝓 蛞蝓や軌跡の残る大鳥居 なめくぢや きせきののこる おおとりい 06.06
  aあ
 
  蛞蝓 蛞蝓猫の胴程間延する なめくぢら ねこのどうほど まのびする 06.06
  aあ
 
  守宮 水撒の塀に張付く守宮かな みづまきの へいにはりつく やもりかな 06.06
  aあ
           
           
  天道虫 天道虫つと羽撃けど葉の裏に てんとむし つとはばたけど はのうらに 06.06
  aあ
 
  梅雨入 梅雨入や縁なし眼鏡試みて つゆいりや ふちなしめがね こころみて 06.06
  aあ
 
  五月晴 庭球の白い靴紐五月晴 ていきゆうの しろいくつひも さつきばれ 06.06
  aあ
   下へ



先頭に


  走り梅雨 電球の球を換へたり走り梅雨 でんきうの たまをかへたり はしりづゆ 06.05
  aあ
 
  走り梅雨 置去りの自転車転ぶ走り梅雨 おきざりの じてんしやころぶ はしりづゆ  06.05
  aあ
  俳句目次
  首筋に蟻の重さを感じたり くびすぢに ありのおもさを かんじたり 06.05
  aあ
 
  目高 銀座一丁目の甕に目高棲む ぎんざいつちやうめのかめに めだかすむ 06.05
  aあ
           
           
  目高 甕に棲む目高に聞くかいる訳を かめにすむ めだかにきくか いるわけを 06.05
  aあ
 
  緑陰 緑陰やゴルフボールの白き球 りよくいんや ゴルフボールの しろきたま 06.05
  aあ
 
  走り梅雨 わさわさと土竜ふためく走り梅雨 わさわさと もぐらふためく はしりづゆ 06.05
  aあ
 
  青葉闇 青葉闇彼方に光る波の音 あをばやみ あなたにひかる なみのおと 06.05
  aあ
 
  毛虫 大木を下る毛虫の糸光る たいぼくを くだるけむしの いとひかる 06.05
  aあ
 
  草刈 唸りほど切草撒かぬ草刈機 うなりほど きりくさまかぬ くさかりき 06.05
  aあ
 
  余花 水飲めば靄の晴たる余花の山 みづのめば もやのはれたる よくわのやま 06.05
  aあ
           
           
  子供の日 生欠伸出て母偲ぶ子供の日 なまあくび でてははしのぶ こどものひ 06.05
  aあ
 
  新緑 新緑や遠近眼鏡凸に掛け しんりよくや ゑんきんめがね でこにかけ 06.04
  当頁先頭に aあ
  俳句目次
  鼓楼とて囲ひ込まるる祭かな ころうとて かこひこまるる まつりかな 06.04
  aあ
 
  新緑 新緑の深みに嵌る谷の道 しんりよくの ふかみにはまる たにのみち 06.04
  aあ
 
  新緑 新緑の跳ぬる枝垂の頬を撫づ しんりよくの はぬるしだれの ほほをなづ 06.04
  aあ
 
  仏法僧 目を凝らし仏法僧の山を聞く めをこらし ぶつぽふそうの やまをきく 06.03
  aあ
 
  噴水 噴水が一直線に青い空 ふんすいが いつちよくせんに あおいそら 06.03
  あa
           
  夕焼 夕焼の積木の如く崩れたり ゆふやけの つみきのごとく くづれたり 06.03
 
 
  目白 追へど来る誰と違ふる目白かな おへどくる たれとたがふる めじろかな 06.03
 
 
  蚯蚓鳴く ひかり号鎮守の森の蚯蚓鳴き ひかりごう ちんじゆのもりの みみずなき 05.10
   下へ



先頭に
a
          
           
  朝焼 朝焼やパンタグラフが立ち上る あさやけや パンタグラフが たちあがる 05.10
  a
 
  猿逃ぐる雷轟きぬ谷の底 さるにぐる らいとどろきぬ たにのそこ 05.10
  a
 
  噴水 土砂降りの噴水濡るる素振りなし どしやぶりの ふんすいぬるる そぶりなし 05.10
  a
 
  草刈 杉山の草刈の音闇の中 すぎやまの くさかりのおと やみのなか 05.10
  a
           
  冷奴 旧道の有縁有りたり冷奴  きゆうだうの うえんありたり ひややつこ  05.09
  a
 
  風鈴 風鈴や旅蘇へるしじまかな ふうりんや たびよみがへる しじまかな 05.09
  a
 
  雷鼓 雷鼓嗚呼鼓楼の音こそ聞きたけれ らいこああ ころうのねこそ ききたけれ 05.09
  a
 
  草刈 駐輪場草刈終へて雲もなし ちゆうりんぢやう くさかりをへて くももなし 05.09
  a
 
  渓谷の蝉の音岩に飛沫散る けいこくの せみのねいはに しぶきちる 05.08
  a
  俳句目次
  蝉時雨 蝉時雨参道の砂利砕きたり  せみしぐれ さんだうのじやり くだきたり 05.08
  a
 
  酷暑 ウオーキング川が波立つ白酷暑 ウオーキング かはがなみだつ はくこくしよ 05.08
  a
           
  熊蝉 熊蝉やぱつと開くる日本海 くまぜみや ぱつとひらくる にほんかい 05.08
  a
 
  蝉時雨 列車とて遮りかねぬ蝉時雨 れつしやとて さえぎりかねぬ せみしぐれ 05.08
  a
 
  シャッターの音の錆つく夏の街 シャッターの おとのさびつく なつのまち 05.08
  a
 
  落し文 奉納の相撲厳し落し文 ほうなふの ずまふいつかし おとしぶみ 05.08
  a
 
  酷暑 電車待つ園児諍ふ酷暑かな でんしやまつ ゑんじいさかふ こくしよかな 05.08
  a
  俳句目次
  蚊取り線香 神社はや蚊取り線香燻りたり じんじやはや かとりせんかう くゆりたり 05.08
  a
 
  極暑 光さへぼやつとしてる極暑かな ひかりさへ ぼやつとしてる ごくしよかな 05.08
  a
           
  衣替 黒雲の衣替へたる青い空 くろぐもの ころもがへたる あをいそら 05.08
  a
           
  夏終る マッチの火ぽぽつと燃えて夏終る マッチのひ ぽぽつともえて なつをはる 05.07
  a
 
  トマト 店頭のトマト盛りの段飾り てんとうの トマトさかりの だんかざり 05.07
  a
 
  月涼し 馬券舞ふ月涼しかる競馬場 ばけんまふ つきすずしかる けいばぢやう 05.07
  a
 
  落し文 参道に日が零れたり落し文 さんだうに ひがこぼれたり おとしぶみ 05.07
  a
 
  遠雷 遠雷の友の眼鏡が去り難し ゑんらいの とものめがねが さりがたし 05.07
  a
 
  甲虫 富士山の樹海を泳ぐ甲虫 ふじやまの じゆかいをおよぐ かぶとむし 06.08
  a
           
  梅雨晴間 高原の草木隈なく梅雨晴間 かうげんの くさきくまなく つゆはれま 05.07
  a
 
  蟻の列 止め処なく挨拶したる蟻の列 とめどなく あいさつしたる ありのれつ 05.07
  a
 
  蟻の列 息遣ひ荒々しかる蟻の列 いきづかひ あらあらしかる ありのれつ 05.07
  a
  俳句目次
  揚羽蝶 真向ひの空よりひゆうと揚羽蝶 まむかひの そらよりひゆうと あげはてう 05.06
  aあ
 
 
  素足 紙芝居素足の子らの耳尖り かみしばい すあしのこらの みみとがり
  a
 
  炎天 炎天の駐輪場に影もなし えんてんの ちゆうりんぢやうに かげもなし
  a
 
  競馬場蝉予想屋の声負かし けいばぢやう せみよそうやの こゑまかし
           
           
  夏富士を脳軽くして登りたり なつふじを なうかるくして のぼりたり
 
 
  金魚売り 掲示板歳時祭事や金魚売り けいじばん さいじさいじや きんぎようり
           
          下へ



先頭に