自然 俳句 植物写真

いさんぼ 
a
植物に拘らない
俳句
一覧
春の季語の植物の俳句

夏の季語の植物の俳句

秋の季語の植物の俳句

冬の季語の植物の俳句


俳句 目次

盆栽・ホーム
a
俳句
(季語:新年)
下へ

中へ


先頭に
見出 季語 日付
四季
俳句目次
新年
   成人式   晴れやかに成人式の笑顔かな  はれやかに せいじんしきの ゑがほかな  14.01
           
           
   鏡餅   丸のまま汁粉と食ぶる鏡餅  まるのまま しることたぶる かがみもち  14.01
           
           
   年明け   年明けて激しく動く血圧値  としあけて はげしくうごく けつあつち  14.01
           
           
   出初式   出初式青き流れの飛沫なし  でぞめしき あをきながれの しぶきなし  14.01 
           
           
   初忘れ   マウス横にマウスピースを初忘れ  マウスよこに マウスピースを はつわすれ  14.01
           
           
   初夢   今更の歌手の初夢チヤンスかな  いまさらの かしゆのはつゆめ チャンスかな  14.01
           
           
   双六   双六の茨な道に取り乱す  すごろくの いばらなみちに とりみだす  14.01
           
           
   お正月   珍しき弁立つ露店お正月  めづらしき べんたつろてん おしやうぐわつ   14.01
           
           
   初売り   初売りや迎ふる社員乱れなし  はつうりや むかふるしやいん みだれなし   14.01
           
           
      父越えの七度の干支午迎へ  ちちこえの ななたびのえと うまむかへ  14.01
           
           
   初日記   初日記読み返したきのみ記す  はつにつき よみかへしたき のみしるす  14.01
           
           
新しき年  新しき年の暦に替ふる役  あたらしき としのこよみに かふるやく  13.12
           
           
  正月    正月や勝つたら笑へ 将棋の子 しようぐわつや かつたらわらへ しやうぎのこ   11.01
           
           
   初売   初売の旗竿揺らぐ人の波  はつうりの はたざをゆらぐ ひとのなみ   11.01
           
           
   去年今年   生きていることの楽しさ去年今年  いきている ことのたのしさ こぞことし 10.01
           
           
成木責 見るからに骨身に沁むる成木責 みるからに ほねみにしむる なりきぜめ 09.01
成木責 盆栽の雄木も並べ成木責 ぼんさいの おすぎもならべ なりきぜめ 08.01
七福詣で 七福詣でゆつたりと隅田川 しちふくまうで ゆつたりと すみだがは 08.01
初参り 初参り靴音高く朝帰り はつまゐり くつおとたかく あさがへり 08.01
下へ

中へ


先頭に

あけまして
おめでとう
雑踏に言ふあけましておめでとう ざつたうにいふ あけましておめでとう

a
08.01
       ここから下は他の頁に記述した
(新年の季語)の俳句を載せ
新年の季語の俳句の頁として纏めました
 
   
           
  伊勢海老 伊勢海老の伊勢湾よりも名を馳せり いせえびの いせわんよりも なをはせり 07.03
  a
 
  木呪 盆栽の奇奇妙妙や木呪 ぼんさいの ききめうめうや きまじなひ 07.01
  a
 
  お正月 盆栽の古木深むやお正月 ぼんさいの こぼくふかむや おしやうぐわつ 07.01
  a
 
  初競馬 今買うた双眼鏡や初競馬 いまかうた そうがんきやうや はつけいば 07.01
  a
 
  寝正月 寝正月未だヘルペス覚めやらず ねしやうぐわつ いまだヘルペス さめやらず 07.01
  a
 
  初競馬 初競馬帰りは富士の靄りたる はつけいば かへりはふじの もやりたる  06.01
 
 
  去年今年 大国魂神社や隗去年今年 おほくにたまじんじやや くわい こぞことし 06.01
 
           
  初便り 今日帰る光り電話の初便り けふかへる ひかりでんわの はつだより 06.01
  a
 
  初参り 奉納の提灯笑ふ初参り ほうなふの ちやうちんわらふ はつまゐり 06.01
  a
 
  小豆粥 大望の雨が降りたり小豆粥 たいまうの あめがふりたり あずきがゆ 06.01
  a
 
  お正月 凸皺の伸ぶる当て無しお正月 でこしわの のぶるあてなし おしやうぐわつ 06.01
  a
 
  明の方 木守りの朝日に燃ゆる明の方 きまもりの あさひにもゆる あきのかた 06.01
  a
 
  元日 元日の量る体重試しとす ぐわんじつの はかるたいじゆう ためしとす 06.01
  a
 
  正月 このごろは子に褒められるお正月 このごろは こにほめられる おしやうぐわつ 06.01
  下へ

中へ


先頭に

a
          
  俳句目次
  明の春 盆栽の棚にお神酒を明の春 ぼんさいの たなにおみきを あけのはる 06.01
  a
 
  雑煮 爺さんの越後雑煮を続けたり ぢいさんの ゑちござうにを つづけたり 06.01
  a
 
  年賀状 年賀状投函するも首傾げ ねんがじやう とうかんするも くびかしげ 
  a
 
  初売 道の駅初売に風呂御負けなり みちのえき はつうりにふろ おまけなり
  a
 
  初詣 初詣神社に日差し体当たり はつまうで じんじやにひざし たいあたり
           
         下へ

中へ


先頭に