自然 俳句 植物写真
いさんぼ
植物に拘った俳句 春の季語の植物の俳句

夏の季語の植物の俳句

秋の季語の植物の俳句

新年の季語の植物の俳句


俳句 目次

盆栽・ホーム
植物名 俳句 一覧
作句した冬の季語の
植物の俳句
or
冬に詠んだ植物のまとめ
 
下へ


中へ



上へ
見出 季語 植物名 日付
四季 季語欄未記入は
植物名が
季語です
あいうえお順
俳句目次
                         
青木の実 一日の終りに出合ふ青木の実 いちにちの をはりにであふ あをきのみ
           
青木の実 夕闇に笑みを浮ぶる青木の実 ゆふやみに ゑみをうかぶる あをきのみ
青木の実 裏木戸にミッキー顔の青木の実  うらきどに ミッキーかほの あをきのみ
           
冬紫陽花 紫陽花 旋風冬紫陽花が威抱込む つむじかぜ ふゆあぢさゐが いだきこむ
冬紫陽花 紫陽花 雨激し冬紫陽花の殻孤高 あめはげし ふゆあぢさゐの からここう 05.11
           
銀杏枯る ベンチ主の路地写真展銀杏枯る ベンチしゆの ろぢしやしんてん いちやうかる
         下へ


中へ



上へ

 
冬日和 植木屋 植木屋の地下足袋忙し冬日和 うゑきやの ぢかたびせはし ふゆびより
写真なし
           
           
梅探る 奥多摩や待かねきれず梅探り おくたまや まちかねきれず うめさぐり 07.01
           

(寒梅)
寒梅や泥濘む道を会釈して かんばいや ぬかるむみちを ゑしやくして 06.01
           
蝦夷松 蝦夷松を削ぎ落したる北の雪 えぞまつを そぎおとしたる きたのゆき
           
妖艶な枝を舞ひたる粉の雪 えうゑんな えだをまひたる こなのゆき
           
木守柿 黒光る根の盆栽の木守柿  くろびかる ねのぼんさいの きもりがき 06.10
           
椿
(寒椿)
古文書の鏡文字和す寒椿 こもんじよの かがみもじかす かんつばき 05.12
椿
(寒椿)
鉢水を切りて咲かする寒椿 はちみづを きりてさかする かんつばき 06.01
俳句目次
寒椿 篤姫とまこと見紛ふ椿かな あつひめと まことみまがふ つばきかな 09.01
寒椿 労働者派遣法散れ寒椿 らうどうしやはけんはふ ちれかんつばき 08.12
寒椿 古文書の鏡文字和す寒椿 こもんじよの かがみもじくわす かんつばき 05.12
下へ


中へ



上へ

寒椿 レース後の馬の耳垂る寒椿 レースごの うまのみみたる かんつばき 06.01
           
虎落笛 黒松 黒松の亀甲粗し虎落笛 くろまつの きつかふあらし もがりぶえ 06.02
           
     霜柱  苔庭の浮きぬ沈みぬ霜柱  こけにはの うきぬしずみぬ  しもばしら  12.02
           
           
寒の入 寒の入声も上げずに苔が生す かんのいり こゑもあげずに こけがむす
           
木の葉雨 木の葉 木の葉雨手のひら満たす楽しさよ このはあめ てのひらみたす たのしさよ 
写真なし
           
山茶花 山茶花や散る花弁に急かされる さざんくわや ちるはなびらに せかされる
           
           
白足袋 サボテン 白足袋の方がサボテン弾きけり しろたびの かたがサボテン はじきけり
           
           
冬日 白樺 白樺が冬日をどつと吸い込みぬ しらかばが ふゆびをどつと すいこみぬ
           
           
冬日 杉の山冬日が峠越えて行き すぎのやま ふゆびがとうげ こえてゆき

(枯れ薄)
せせらぎや翻りたる枯れ薄 せせらぎや ひるがへりたる かれすすき  05.09
           
           
冬日 草原 草原を冬日潜りて鳥一気 そうげんを ふゆびくぐりて とりいつき
写真なし
           
椿
(寒椿)
古文書の鏡文字和す寒椿 こもんじよの かがみもじかす かんつばき 05.12
           
寒椿 篤姫とまこと見紛ふ椿かな あつひめと まことみまがふ つばきかな 09.01
椿
(寒椿)
鉢水を切りて咲かする寒椿 はちみづを きりてさかする かんつばき 06.01
雪晴 雪晴の蕾やにはに光りたり ゆきばれの つぼみやにはに ひかりたり
           
           
南天の実 南天の実の根の隆起活火山 なんてんの みのねのりゆうき くわつかざん 05.12
南天の実 南天の実やお真砂女の銀座路地 なんてんの みやおまさじよの ぎんざろぢ 05.11
           
         下へ


中へ



上へ

 
酉の市 酉の市葉を透通す夕日射 とりのいち はをすきとほす ゆふひざし
           
           
冬日和 虫食いの葉の癒される冬日和 むしくいの はのいやされる ふゆびより
冬至 葉の傷も行き着き尽きた冬至かな はのきずも いきつきつきた とうじかな
           
    花蕨
冬の花蕨
 さらりと示す冬の花蕨かな  さらりとしめす ふゆのはなわらび かな  10.08
           
   俳句目次        
      花蕨
冬の花蕨
 折り目正して冬の花蕨かな  をりめただして ふゆのはな わらびかな  10.08
           
           
花蕨
冬の花蕨
後何度見らるる冬の花蕨 あとなんど みらるるふゆの はなわらび 07.10
花蕨 青空の金に輝く花蕨 あをぞらの きんにかがやく はなわらび 05.09
花蕨
冬の花蕨
明けの明星やお冬の花蕨 あけのみやうじやうや お ふゆのはなわらび 05.09
花蕨
ラララララ音叉の如き花蕨 ラララララ おんさのごとき はなわらび 05.09
花蕨
藁葺の庭土柔し花蕨 わらぶきの にはつちやはし はなわらび 05.09
           
冬薔薇 冬薔薇の猶香りたる一和かな ふゆばらの なほかをりたる いつくわかな 06.12
           
           
枇杷の花 枇杷の花福神の如開きたり びはのはな ふくじんのごと ひらきたり
           
           
冬芽 見詰れば夢の広がる冬芽かな みつむれば ゆめのひろがる ふゆめかな 08.11
           
凍てつく 山毛欅
(ぶな)
山毛欅の葉の凍てつきたるや明けの鐘 ぶなのはの いてつきたるや あけのかね 06.01
         下へ


中へ



上へ

 
           
大寒 胞子 大寒の岩の胞子や日を浴びる だいかんの いはのはうしや ひをあびる 06.01
           
           
松葉敷く 盆栽 盆栽の果樹の鉢にも松葉敷く ぼんさいの くわじゆのはちにも まつばしく 06.11
           
           
冴え 盆栽 盆栽の冴え渡らせる空の紺 ぼんさいの さえわたらせる そらのこん 05.12
           
           
盆樹 皸や盆樹の液の辛味増し あかぎれや ぼんじゆのえきの からみまし 06.01
雪の花 盆栽 盆栽や五境尖らす雪の花 ぼんさいや ごきやうとがらす ゆきのはな 06.02
           
           
裸木 裸木や松も少しく葉を落し はだかぎや まつもすこしく はをおとし 07.01
           
           
初雪 初雪が松の針葉に刺されたり はつゆきが まつのはりばに さされたり
           
           
蜜柑 蜜柑の花とや富士山ふはふはと みかんのはなとや ふじさん ふはふはと
           
           
冬日 水遣 水遣るや虹の低さの冬日かな みづやるや にじのひくさの ふゆびかな 05.12
写真なし
           
笹鳴 もみじ
(イロハもみじ)
笹鳴やイロハもみじの迷ひ枝 ささなきや イロハもみじの まよひえだ 06.01
           
           
八手
(花八手)
花八手風の姿を醸したり はなやつで かぜのすがたを かもしたり 05.12
   俳句目次        
           
藪柑子 父とせし最期の会話藪柑子 ちちとせし さいごのくわいわ やぶかうじ 07.05
a
藪柑子 この先で藪柑子の実見ゆる筈 このさきで やぶかうじのみ みゆるはず 06.10
a
藪柑子 藪柑子鳥跳ねて実の独り立ち やぶかうじ とりはねてみの ひとりだち
         下へ


中へ



上へ

 
          
           
蝋梅
(唐蝋梅)
咲きがたき唐蝋梅を愛すかな さきがたき たうらふばいを あいすかな 07.12
a
蝋梅
蝋梅の余すところのなく咲けり らふばいの あますところの なくさけり 09.01
a
蝋梅
蝋梅の聞きとれるほど香りたり らふばいの ききとれるほど かをりたり 09.01
a
蝋梅
蝋梅のほろ酔ひの人拒みたり らふばいの ほろよひのひと こばみたり 09.01
a
蝋梅
蝋梅の忍を秘めたる黄色かな らふばいの にんをひめたる きいろかな 07.12
a
蝋梅 蝋梅のいつとはなしに散りにけり らふばいの いつとはなしに ちりにけり 07.12
a
蝋梅 蝋梅の朝日に浮かぶ花の星 らふばいの あさひにうかぶ はなのほし 07.12
a
           
蝋梅 蝋梅をこんな小さな子等も褒む らふばいを こんなちいさな こらもほむ 07.01
俳句目次 a
蝋梅 蝋梅は吾を初心に引戻す らふばいは われをしよしんに ひきもどす 07.01
a
蝋梅 蝋梅の咲き初めたる日日記す らふばいの さきはじめたる ひにちきす 06.12
a
蝋梅 蝋梅や垣根の緩みぎゆつと締め らふばいや かきねのゆるみ ぎゆつとしめ 06.12
aa
蝋梅 蝋梅やビバルディ作四季を聴き らふばいや ビバルディさく しきをきき
aa
蝋梅 山並が蝋梅二輪解き放つ やまなみが らふばいにりん ときはなつ
aa
蝋梅 蝋梅や背筋伸ばして身を正し らふばいや せすぢのばして みをただし 05.11
a
           
蝋梅 蝋梅を地球の花と思ひ切る らふばいを ちきうのはなと おもひきる 05.11
aa
蝋梅 蝋梅の人柄偲ぶ垣根かな らふばいの ひとがらしのぶ かきねかな 05.11
aa
蝋梅 蝋梅や七味並ぶる露天商 らふばいや しちみならぶる ろてんしょう  05.12
a
蝋梅 蝋梅の蜜吸ふ鳥の枝の揺れ らふばいの みつすふとりの えだのゆれ 06.01
俳句目次
蝋梅 蝋梅の五輪見くる豊かさよ らふばいの ごりんみつくる ゆたかさよ 06.01
a
蝋梅 蝋梅や嘴くるり項突き らふばいや くちばしくるり うなじつき 06.01
蝋梅 蝋梅や手水舎の濡れ深深と らふばいや てうづやのぬれ しんしんと 06.02
下へ


中へ



上へ