上へ

下へ
上へ

下へ
つぎ 
びなんかずら


or
つぎ 
どうだんつつじ

小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
樹木 山野草
 
 岩苔玉 雑木 銀杏 及び 
銀杏、もみじ、きゃらぼくの
新芽摘みサンプル写真
no4(3)
 
  
下へ


     銀杏 いちょう 公孫樹 こうそんじゅ
ミニ盆栽 小品盆栽
    


銀杏盆栽の育て方、手入れの仕方


銀杏の黄葉はこちらでどうぞ

下へ


銀杏の新芽の切り方の一つのサンプル説明写真


もみじの新芽摘みの一つのサンプル説明写真


きゃらぼくの新芽摘みの一つのサンプル説明写真


皐月の新芽摘み位置の一つのサンプル写真



下へ


上へ
まえ 
だいもんじそう
岩 苔玉付
花木 野草

まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ


08.05
no1

いちょう
小品盆栽
苔玉付 いちょうです。

公孫樹
(こうそんじゅ)
とも
祖父が種を蒔いて
孫の代に実が成る
ことからの
呼び名と
言われている








10.09
no1b

いちょう
小品盆栽 
岩 苔玉付 いちょうです。2010年の夏は異常だらけの暑さだそうです。





10.09
no1c
いちょう
2010年の
芽摘み位置
春に伸びた新芽の
2芽残して摘む
いちょうの2010年の新芽摘みの位置です。2芽残して新芽を摘みました。 


 
   


いちょうの葉です。


  植物 俳句
いさんぼ 作
いさんぼ、俳句一覧 
 

下へ


11.04
no1d
いちょう
小品盆栽
苔玉付 いちょうです。 

新芽が伸び出した
ばかりで
まだ
新芽摘みを
していません


16.06
no1e
いちょう

小品盆栽

苔玉付 銀杏  です。

no1〜no1eは
同じ
苔玉付き
銀杏です
 

no1eは
no1dの
双幹の幹を
短く切りました
 
芽摘みを
細めに
実施しなかったので
再度
樹高を整えました
また
針金で
双幹の形を
少し
格好付けました


秋の銀杏並木の
黄葉は日本全国
かつ
全世界で人気です

平凡な樹ですが
樹に品があります

私にも
品があれば
良いのですが
自らの判定では
不合格ですね
 

盆栽の銀杏の

育て方
手入れの仕方



水遣り:
春〜秋:1回/1日
冬:1回/3日



植替:
1 時期
3月末

2 用土:赤玉土

3 植替頻度:
1回/5年

岩苔玉付は
植替が出来ないので
岩苔玉上の
銀杏の根が
あるところを
切り開いて
増し土をする


剪定:
1 荒剪定
 10月


幼い苗の樹


改造したい樹

右上へ
 
 枝作り剪定

イ 
時期
新芽が伸びだし
成長している時期
(4月〜7月)


切リ方


盆栽的にするので
あるから
伸びた新芽を
下記写真の
a b c d
参考に新芽を
1〜3摘む



 肥料:

1 
量:
10cm径の
鉢として
3mm径の
化成肥料を
鉢の周囲に
1、2個撒く

やらなくても良い
やらないほうが
締まった樹となる

2 
肥料の時期:

10月


病害虫
ほとんど無し


置き場

場所があれば
日向
なければ
少しでも
日のあたるところ

 
 上へ

下へ



いちょうの葉です。綺麗です。 
銀杏の葉の緑ぐらい
魅力的な
緑はありません



 上へ

下へ
 
 
 
   


 09.11
no2
いちょう
ミニ盆栽
挿し木 
岩 苔玉付 いちょうです。挿し木しました。


       上へ

下へ
  


岩 苔玉 付 いちょうの紅葉です。


      上へ

下へ
 
         



09.04

いちょう
新芽摘み
節間 1 の位置写真

いちょうの新芽切りの位置目安の写真です。参考にしてください。



09.04

いちょう
新芽摘み
節間 2 の位置写真

いちょうの新芽摘みサンプルの節間 2 の位置の写真です。

09.04

いちょう
新芽摘み
節間 3 の位置写真

いちょうの新芽摘みの 節間 3 の位置写真です。

09.04

いちょう
新芽摘み
節間 4 の位置写真 
いちょうの新芽摘みの 節間 4 の位置写真です。
上へ

下へ
09.03

もみじ
新芽摘み(1)

09.03

もみじ
新芽摘み(2)
もみじの新芽はピンセットまでの1節を残しそのすぐ上で摘みます。それも出来るだけ伸びの少ないうちに摘みます。この写真はピンセットの位置で(1節を残しそのすぐ上で))摘んだところです。

新芽摘み説明


09.03

もみじ
新芽摘み(3)
この写真はピンセットで摘んで完了した姿です。

新芽摘み説明


09.04

もみじ
新芽摘み(4)
しなかった時の
枝の状況
約10cmの伸び/7日
例として10cm高の小品の新芽摘みをしなかったとすると今年の新芽の伸びだけでも樹高をこしてしまいます。新芽摘みの意味は理解できたと思います。だからといって仕事もさぼって新芽摘みばかりできません。出来る時に新芽摘みを実施してください。

新芽摘み説明


上へ

下へ



09.04

きんきゃらぼく
新芽摘み
実施前
ピセットの位置で切る
新芽摘み説明用写真です。

こちらに
もみじでの
新芽摘みの
説明があります
どの樹も
内容は同じです




09.04


きんきゃらぼく
新芽摘み
実施後
新芽摘みを実施した写真です。

こちらに
もみじでの
新芽摘みの
説明があります
どの樹も
内容は同じです

09.04

きんきゃらぼく
新芽摘み
実施後
ピンセットの位置で
実施
新芽摘みを実施した後の写真です。ピセットの位置で新芽を摘みました。

こちらに
もみじでの
新芽摘みの
説明があります
どの樹も
内容は同じです



09.04
つつじ さつき
新芽切り位置
つつじ さつきの 新芽摘みの 1 例です。

つつじ 皐月
育て方説明
上へ

下へ

no1と 
no1a、no1b、no1c、
no1d、no1eは
同じ苔玉付 いちょうです

小品盆栽を作ろうと思ってます

no1は
鉢植で育てている物の中で
根元から出てきた芽を
株分けしました
それを
苔玉上に付けました

鉢植、いちょうは
こちらでどうぞ



no1aは
09年の新芽摘みを
まだ
実施していません

上記に
いちょうの新芽摘みの

位置の写真を
載せました


a の
ピンセットの位置で
新芽を摘むとほとんど
枝が伸びません
(新芽の節間 1つを残す)

それでも
幹は少しづつ太ります


b で
切ると
もう少し伸びます
(新芽の節間 2つを残す)

私は、
a、bの組み合わせで芽摘みを
実施しました

no1bは
2010年の新芽摘みをした
夏の姿です

新芽摘みの位置は
新芽摘みの
写真の b の
節間 2 を残して
切りました

no1cは
2010年の
新芽摘み後の
切り口の後が茶色になって
2番芽が出ている状態が
写真で解るところを
撮りました
参考にしてください
2番芽は
このような感じで出てきて
伸びます

また
no1bは
根元から
1本の勢いの良い枝が
出てきました
花木等の接ぎ木苗ですと
台木の芽の可能性が
高くて切り取ってしまうのですが
このいちょうは
そのようなことは
ありません

さしあったって
残して見ようと思ってます
はたして
私の芸術的センスは
どんなもんなんでしょうか

相変わらず 
オーバーな言い方ですが


no1dは
2011年の
新芽摘みをまだ実施していません
こらから実施予定です

どの樹もそうですが、
この
新芽が伸び出す時が
1番綺麗です

花よりも綺麗です
この新芽に魅了されて
約40年弱
植物に
水遣りしています

no1dの
根元から出ている
双幹
幹を残そうか切ろうか
いまだに迷ってます


no1eは
2013.08の姿で
夏の葉姿です

no1dの
双幹の
2本の幹の両方ともを
詰めました
全体を
小品盆栽となるようにしました
更に
針金で軽く形を整えました

銀杏は
緑が綺麗ですが、
やはり
新芽の姿には
かないません

真夏の場合
苔玉付きは
苔の緑が
渋くなっているので
全体の姿としても
新芽姿より
見劣りします


私の
鉢植の
いちょうは約35年経っても

こんなもんです

続きはこちら



a

私は a や b の位置で
 切りますが、
c や d の位置で
切ると
ほとんど街路樹ぐらいに
葉がわっさか茂ります

なお
全然切らなければ
それこそ
街路樹と同じで
植木屋さんが
大きな車を出して
秋に
大剪定していますが
大量の
枝や葉を
一気に切って
すっきりさせています

皆様の好みで実施ください

芽摘みの実施の効果を
いちょうで
見ていただきました


かつ
参考に、
もみじや
きんきゃらぼくの写真も
同時に掲載しました

樹木の
新芽の伸び方は
様々
ありますが、
参考にしてください

きんきゃらぼくはこちらでどうぞ



no2はいちょうです

岩 苔玉付 いちょうの
ミニ盆栽を
作ろうと思って
09.05に
挿し木しました
まだ0歳です

私は
こちらにも書きましたが
もともとは
いちょうが大好きでした


再度0から挑戦しようと
思っています

銀杏の黄葉



参考

銀杏は雌雄異株です

私も
実を成らせたいのですが、
まだ
花すら
咲かせたことがありません
まして
雄雌の株の判別方法も
解ってません



上へ


下へ
 


調べると
様々な意見はあるのですが、
専門家が発している文章が
見つかりません
(もっと
必死に
探さないとダメなんですが)

もし
解ったとしても
私の感じでは
鉢植え等で
育てた程度の樹では
どちらにしろ
力不足かな 
っと言う感じです
まして
岩 苔玉付とか、
小品盆栽、や
ミニ盆栽では  
どうなのかな っと
感じています

実を付ける早道は
銀杏も
接ぎ木苗が早道です
台木は
種から育てた銀杏に
雌花の苗を
接ぎ木するようです

ネットで調べると
一応雌雄の区別の仕方を
説明して販売している
業者はあります



参考
2010年の夏は
気象庁が統計を取り始めて
100何年間で
一番暑い夏だそうです
全国的だそうです

こちら
東京・府中も
熱帯夜、夏日、猛暑日等々
どれをとっても
肌で感じる異常です

植物も弱っています

私は
相変わらず
水遣りは1日1回です
夕方5時頃に
たっぷり水遣りをしています
但し
雑木類や
様々な樹で葉焼けを
起こしてしまいました
こちらは
秋に
急な冷えがこないために
毎年の紅葉は
あまり綺麗ではありません
でも
今年は
既に葉焼けで見るも無残です

余裕のある方は
水遣りを1日2回実施ください


挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率



挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法



 
小品 ミニ 盆栽 作り方


岩 苔玉 盆栽 作り方


上へ


下へ
 





















































































上へ



下へ


   



上へ