つぎ  くまやなぎ

小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
花木 樹木 (藪柑子) no14(3)

藪柑子・やぶこうじ 
別名 十両 じゅうりょう


 気根・きこん
 

下へ

盆栽の藪柑子の育て方



下へ

岩 苔玉付 藪柑子は
 こちらでどうぞ



上へ



下へ

まえ くり
花木、樹木
まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ



04.11
no1

やぶこうじです。



05.06
no2

やぶこうじです。
 



やぶこうじです。


植物 俳句

いさんぼ 作

父とせし最期の会話藪柑子


この先で藪柑子の実見ゆる筈


藪柑子鳥跳ねて実の独り立つ


いさんぼ、俳句一覧



09.10
no3
やぶこうじです。




13.11
no4
やぶこうじです。

増やし方
1 
気根
付いているほふく茎を
気根付で
4、5切って
挿し木する

2 
株分け

no4の鉢で言えば
鉢から
藪柑子の苗を
出して
根or土に
虫や病気がないか
確認して
何もなければ
根の土を落とし
水洗いして
単純に
根と茎(ほふく茎)が
繋がっている
グループを
半分or1/3分割
等にして
新しい土で
植える
多少
分割点が傷ついても
大丈夫です


育て方

1 植替:
春彼岸の頃

2 用土:赤玉土

3 植替頻度:
1回/4年

4 水遣り:
加湿気味が良い

春〜秋:1回/1日
冬:1回/3日

5 選定:
横に大きく伸びた
ほふく茎を切る

6 肥料:
10cm径の
鉢として
3mm径の
化成肥料を
鉢の周囲に
3、4個撒く

7 肥料の時期:
花が咲いて
実が
しっかり付いた後
(6月)
花が
咲かなかった苗も
同時期

8 置き場:
1年中半日陰




no3a
気根

やぶこうじのきこんです。どんどん増えてくれます。


上へ


下へ


やぶこうじ  育て方

自然に生えてきました

鳥が持って来てくれたようです

鳥の糞に
種が含まれていたのでしょう
小さな苗が出てきましたので
鉢に植えました
28年前です(no1の時点で)

鉢に植えた時、水不足で
相当弱らせてしまいました
20年前から
順調に実をつけだしました

no1、no2、no3、no4は
同じやぶこうじです

no2は
no1の鉢を変えました
no3は
no2の鉢を変えました
no4は
またまた鉢を変えました

それぞれ
目先を変えて楽しんでいます

やぶこうじは丈夫です
東京・府中の夏冬共
屋外で育てられます

夏は日陰が良いです
私は
かまわず日向に置きます
葉がちりじりになって
時々失敗します
枯れる事はありません

実が赤熟する頃
日当りに置いた方が良いです

紅葉も綺麗です

no3aはきこんです
(爪楊枝の先が気根です)

右上


大辞林によれば、
地上部から空気中に出る
植物の根と説明されています

更に
きこんの機能は
支柱(トウモロコシ)、
吸水(セキコク)、
保水(ヘゴ)、
呼吸(マングローブ)
など多様だそうです



上へ

下へ



大昔、
小学校で習ったなーーーー

私の育てている中にも
幾つかあります

黄梅もその1つです
こちらでどうぞ


このきこんを持ったほふく茎が
土の上を這って
株を
どんどん大きくしてくれます

ほふく茎が
節に根を出しながら伸びて
株がどんどん増えます

増やしたい時はその
ほふく茎を3、4節で切って
一株として植えます

岩 苔玉 やぶこうじは 
こちらでどうぞ



挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率

挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法


 
小品 ミニ 盆栽 作り方

岩 苔玉 盆栽 作り方






上へ

下へ