つぎ  きんかん
小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
花木 樹木 (百日紅)
 
no16(2)


百日紅・猿滑・さるすべり
 紫微 しび 小品盆栽
 


盆栽百日紅の育て方、手入れの仕方



岩苔玉付 百日紅はこちらでどうぞ



紅葉はこちらでどうぞ 



上へ



下へ



まえ
はいびすかす
花木、樹木
まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ
04.07
no1
小品

さるすべりです。

  
04.11
さるすべり・実です。
上へ


下へ
 
05.08
no2
さるすべりです。


08.09
no2a

さるすべりです。
 植物 俳句

いさんぼ 作


噂にも話題とならぬ百日紅


飽き飽きの咲けば揉み手の猿滑


百日紅水平線を蔽ひたり


日食の湖を抜け上がる百日紅


百日紅マラソン選手息弾み


いさんぼ、俳句一覧
 
  11.08
no3
小品盆栽
百日紅です。
 
百日紅の
盆栽の
育て方
手入れの
仕方



水遣り
春〜秋:
1回/日
冬:1回/3日


植替


時期

春彼岸の頃


用土:赤玉土

同じ
大きさの鉢に
植えるなら
鉢から樹を出して
全体の根を
2割切って
植えます

マルメロの
例ですが、
こちらの説明を
参考に
してください。)



植替頻度:
1回/4年


肥料



10cm径の鉢で
3mm径の
化成肥料を3、4個

鉢の周囲にやる

右上へ
 15.07
no3a
小品盆栽


小品盆栽 百日紅  です。

百日紅の花です。


時期

花の後
8月〜9月

花の咲かない樹も
同じころ


整枝剪定
(枝を切る)


剪定時期
及び
剪定方法

花の後に
花柄を摘んで
長く伸びた枝を主に
3〜4節切る

枝が蜜になりすぎたら
枝を間引く
(枝元から切る)

来年の花芽は
翌年の伸び出した

頂芽に付く

花が咲かない樹は
基本は咲くまで切らない



上へ


下へ



但し
鉢植えの場合
(花芽がなかなか
付かない場合)
その年に伸び出した
新枝が
6、7節伸びた頃
2、3節残して切ります

その切口から
伸び出した
枝の頂芽に
花芽が付きます


病害虫
こちらでどうぞ


置き場
日向
or
少しでも
日の当たる所
   
上へ


下へ
  さるすべり 育て方 
    さるすべりは、
東京・青梅の農協で買いました
小さな苗、300円でした
1975年です
ここには写真ありません

no1とno2とno3は
皆別なさるすべりです

no1とno2は
購入した元木を挿し木しました

no3は
no2の枝を挿し木しました

no2とno2aは
同じさるすべりです
どちらも
購入した樹とは違います

no1は
挿し木12年生です(04年時点)

no2は
挿し木22年生です(05年時点)

挿し木も簡単に付きます

no2aは
no2の鉢を変えました
ちょっと格好付けました
根がいいでしょう
私自慢の根見楽
(根を見て楽しむ)です

伸びている枝は
今年伸びた枝です
その年に
伸びた枝に花芽がつきます
これが百日紅の特徴です

花が終わって
初冬に
長い枝を
自分の想像する樹形の
長さに切ります

幹からの太い枝は
節を残して切ります
(さるすべりはこの時期に
葉が無いことが多いです)

私が
そこらじゅうに書いている
「枝を切るときは
葉を残して切れば
良いと言う記述に
さるすべりは反します」

剪定は
花後大きく出来ます
相当切っても大丈夫です

街路樹の植木屋さんの
剪定を良く見てください

毎年同じ所で切ります
その切り口は
こぶになっているぐらいです

鉢植えで
花芽付けるには、
その年に伸びた枝が、
5節程になったら
2節まで切り戻します

そこから出る
再新芽に花芽を付けます

年数経てば
その年に伸びた
枝を切らずとも
花芽つくようになります

地植はそのままで良いです
右上へ
さるすべりは丈夫です

東京・府中の夏、冬、屋外で
越します
水が大好きです
お日様が大好きです
この
2点気をつければ花芽付きます

5月頃から
カイガラムシが付きやすいです
幹から枝先まで付きます
白い、わたのようなもので、
側に蟻がいたら
カイガラムシです

ピンセット等で
こすり落とします
落ちたカイガラムシは
無抵抗となります

ろうあがきに付いた
こんなかいがら虫もいます


上へ


下へ



また、
ウドンコ病がでます
新芽の先に
白い粉がふいたように付きます
出来れば予防薬を
散布すると良いでしょう

私は
蟻の予防として

マラソン+スミチオン合剤を
散布することもあります

毎年良い薬剤が
出てくるので
その都度
ガーデニング店で
確認した方が勉強になります

でも
仕事していたら忙しくて出来ません
私の経験ではほっといても
枯れることはありません

病気の翌年は
鉢の間隔を開けるなどして
風通しを良くすると良いです

どの樹にも言えますが、
病害虫対策は
冬、
石灰硫黄合剤(現在は販売中止)を
散布すると良いです
2〜3回/一冬、
が良いでしょう
相当効果が有る事を
知っておいてください


上へ


下へ



現在は
代りの薬品が売られています
ガーデニング店で
相談すると良いでしょう
新しい薬品が
どんどん出てきています

さるすべりは
公園等では
気が付かないと思いますが、
非常に良い香りが漂います

年数が経つと
幹肌がすべすべしてきて、
それだけでも素晴らしいです


紅葉はこちらでどうぞ
  


 岩 苔玉 百日紅は
こちらでどうぞ




挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率




挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法




 
小品 ミニ 盆栽 作り方



岩 苔玉 盆栽 作り方
  






上へ


下へ