つぎ  
ぶるーべりー
 
うったーど


小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
花木 樹木 (ブルーベリー キャラウエイ) no17(2)


    ぶるーべりー きゃらうえい   小品盆栽 

岩 苔玉付の ぶるーべり はこちらでどうぞ



つぎ  ぶるーべりーうったーど



ぶるーべりー盆栽の育て方、手入れの仕方



紅葉はこちらでどうぞ




上へ


下へ 


まえ  みかん
花木、樹木
まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ


05.04
no1

ぶるべりきゃらうえいです。




07.08
no1a

ぶるーべりー きゃらうえい です。




08.08
no1b
ブルーベリーキャラウエイです。



 



ぶるーべりーです。きゃらうえいです。実を頼みます。





ぶるーべりー きゃらうえい です。

植物 俳句

いさんぼ 作


青東風やブルーベリーの瑠璃の艶


いさんぼ、俳句一覧



09.04
no2

小品盆栽
ぶるーべりーきゃらうえいです。 沢山は取れませんが、美味しいですよ。






13.04
no2a
小品盆栽

小品盆栽 ブルーベリーキャラウエイ です。




14.07
no2b
小品盆栽
小品盆栽 ブルーベリーキャラウエイ です。

ブルーベリー
盆栽の
育て方



水遣り
春〜秋:
1回/1日
冬:1回/3日


植替:


時期:

春の彼岸前後


用土:赤玉土

当然
園芸書の
混合用土でも
OK


同じ大きさの
鉢に
植えるなら
全体の根を
2割切って
植えます

マルメロの
例ですが、
写真付きで
解りやすいです




植替頻度:
1回/4年



肥料:

量:
10cm径の鉢で
化成肥料3、4個
(3mm径の粒)を
鉢の周囲の
隅に置く

右上へ 


時期:
花の後の
1ケ月後
実が
確り付いたか
確認する
(4月〜5月)

花の
咲かない樹も
(実も付かない樹)
同じ頃

肥料は
こちらでもどうぞ




上へ


下へ 



剪定(枝を切る)

剪定時期
花の後に
実が付いたか
確認して
(6〜7月初旬)
or
晩夏
(9月)


剪定方法

長くに
伸びた枝先の
先端の
1〜3を切る
(場合によっては
実も多少落とす
実は沢山付く)

花が
咲かない樹は
基本は咲くまで
切らない

切りたいなら
花の時期
(4月)
の後の即

枝の先端の
1〜2を切る


病害虫
ほとんど無し


置き場

場所があれば
日向
なければ
少しでも
日のあたるところ


風通しの
良いところ

       上へ


下へ 


ぶるーべりー 育て方

ぶるーべりーは丈夫です
東京・府中の夏、冬、屋外で
越します

花は簡単に咲きます

実を取った後、
樹形が乱れないように
強い枝の先端を
切り詰めます

実は
2種類の
ぶるーべりーを
揃えると付きます

私は
次頁の、
うったーどを持ってます


挿し木も良く付きます


no1、no1a、no1bは
同じぶるーべりーです

no2は
no1bを小さくして
小品盆栽としました

no2とno2aとno2bは
同じ
ぶるーべりー きゃらうえい
 です


no1aは
no1の鉢を変え、剪定も
丁寧に実施し
少し纏まってきました


剪定の基本は
こけじゅん

です

但し
強く拘らずに
自分のセンスを
発揮してください

no1bは
no1aの
裏表逆にしました
鉢も替えました



no2は
no1bを
小さくしました
小品盆栽にしました

根張り優先で
向きを変えました
また
大剪定をした為に
樹の幹を含めた骨格は
良くなりました



no2で
大きく剪定した樹が
no2a
及び
no2bと
やっと
全体が
柔らか枝振に
なって来ました
これからが楽しみです

右上へ




東京・府中では
ヒヨドリが多いのか
写真を撮ろうと
思っている隙を衝かれて
実を
食べられてしまいます

実が青く熟しだしたら
毎日が
鳥との睨み合いです
でも
鳥も
植物につく虫を
食べてくれるので
仲良くしないとダメなのは
解っているのですが

気を使います


上へ


下へ 



また
実を食べることを
主にするなら
当たり前ですが
大きな鉢か
地植が良いです

写真に写っている
ぶるーべりーの実は
青く熟した実が
まばらですが、
どちらかと言うと
ぶるーべりーは
地植でも全ての実が
揃って熟す事はないです
順次熟した実を
もいで食べます


岩 苔玉付の 
ぶるーべり は
こちらでどうぞ
挿し木をしました


鉢植植物の育て方は
こちらでどうぞ




挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率



挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法



 
小品 ミニ 盆栽 作り方


岩 苔玉 盆栽 作り方




上へ


下へ