つぎ はなみずき
小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ


花木 樹木 (大手毬) no7

大手毬・おおてまり   小品盆栽

盆栽の大手毬の育て方 手入れの仕方



紅葉はこちらでどうぞ



上へ



下へ


まえ  まゆみ
花木、樹木、まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ

03.04
no1

大手毬です。丈夫です。


03.04
no2

おおてまりです。挿し木苗です。
 
       
 10.04
no3
小品盆栽
小品盆栽のおおてまりです。

no3は
no2の樹高を
半分ほどに
しました


no3とno3aは
同じ樹です

写真撮影の
向きが
裏表逆で
撮ってます

 



14.04
no3a

小品盆栽
小品盆栽の大手毬です。

盆栽の
大手毬の

育て方 
手入れの仕方




水遣り
春〜秋:1回/1日
冬:1回/3日


植替:


時期:

花が咲いた後
(4〜5月)

花が咲かない樹も
この頃



用土:赤玉土



同じ大きさの鉢に
植えるなら
全体の根を
2割切って植えます

マルメロの例ですが、
写真付きで
解りやすいです



植替頻度
1回/4年



肥料:


量:
肥料10cm径の鉢で
化成肥料3、4個
(3mm径の粒)を
鉢の周囲の隅に置く

右上へ

時期:
花の後(4〜5月)

花の咲かない樹も
同じ頃

植替た樹は
植替の半月後

肥料は
こちらでもどうぞ


剪定(枝を切る)


剪定時期

樹形を作る
基本の剪定は
春の花の後
基本は
こけじゅんに従う


毎年の剪定

 時期:

花の後即


剪定方法

花が咲き終わったら
長く伸びた枝の
枝先より
1〜4を切る

同時に
短枝に付いた
花とその軸を切る

全体が広がりを
見せられる方向の
芽を残して
切る


上へ



下へ


花芽は
太い充実した枝の
幾つかの短枝に付く

花を見たい場合
花芽がつくまで
何年でも枝を切らない


置き場

場所があれば
日向
なければ
少しでも
日のあたるところ

 
植物 俳句
いさんぼ 作
いさんぼ、俳句一覧



上へ



下へ
おおてまりの花です。
 

おおてまり 育て方

no1は
東京・府中・大国魂神社の
祭りの
植木市で200円で買いました
8年前です
(no1の時点)


挿し木が全く簡単に付きます
no2は
no1の購入の数年後に
挿し木しました
挿し木後4年生です
もう
見れるようになりました

no3は
no2を
半分の高さで切りました
更に
no2を
180度回転させました
鉢も小さいのに変えました
花後即、
03.05に実施しました

no3とno3aは
同じ 
おおてまりです
no3aは
no3の裏表逆にしました



おおてまりは丈夫です
東京・府中の夏冬、屋外で
越します

水が大好きです
特に
花が咲いている時は
なお好きです
水少ないと、
花も葉もしおれます
水やるとしゃんとします

おおてまりは
一定の
大きさ
(30cm径)
の鉢なら
その鉢に根が充分張れば
花芽は付ます
花芽が付かないなと
思ったら
当たり前ですが

右上へ

 

もう
一年充分水遣りをして
出来るなら
日当たりも
良いところに置きます
鉢が小さいと
花芽が付きにくいです
当然、
日当たりは良いところに
置きます


挿し木、取り木、株分けは
何か
購入したらなるべく早く実施します


上へ



下へ



理由は
接木苗であれば
取り木をすれば
接ぎ木部がなくなり、
盆栽向きになります

また
取り方によっては
小品盆栽にもなります

私の
一番の効果は、
もし
購入樹種を枯らしても、
控えが
有ると言うことになります

もっとも
高級樹種を
購入の場合は、
樹姿を
壊してしまいますので、
一考必要です


  紅葉の姿は
こちらでどうぞ




鉢植から盆栽への育成法は
こちらでどうぞ




挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率




挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法




 
小品 ミニ 盆栽 作り方



岩 苔玉 盆栽 作り方
 上へ



下へ








上へ



下へ