つぎ くろ まつ
小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
     黒 松  no1(3)      

黒 松・くろ まつ  小品盆栽

盆栽の黒松の育て方 手入れの仕方

下へ

岩苔玉付 赤松はこちらでどうぞ


 
岩苔玉付 黒松はこちらでどうぞ


上へ



下へ


まえ くろ まつ
雑木 まとめ
黒 松 類 まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ



02.06
no1

黒松です。ぼさぼさです。


03.11
no2

黒松です。
09.01
no3
小品盆栽
くろまつです。ぼさぼさが少しおさまって来ました
 



no2a
黒松・枝先です。


植物 俳句

いさんぼ 作


裸木や松も少しく葉を落し


初雪が松の針葉に刺されたり


いさんぼ、俳句一覧





10.08
no4

小品盆栽
くろまつです。
16.06
no5
小品盆栽


小品盆栽 黒松  です。

新芽が少し
伸びてきています

初夏の手入れは
何もしていません

no5はno4の鉢を
替えてみました
松の重々しさを
軽い感じにしました

国鉄時代の
新宿駅の
ホームのスタンドで
購入してから
46年経ちました


no1からno5は
同じ黒松です

no3から
小品盆栽としました

年数が経ってきて
盆栽として
見れるように
成ってきました

根は十分です

私の考えでは
根が
魅力的になれば
大喜びです

上へ
下へ

盆栽大幅改造例


no1は
国鉄(JR)新宿駅の
山手線のホームの
売店で買いました

当時、
松、皐月全盛で、
ちょっとした苗でも
高くて買えませんでした
ところが、
ホームの販売スタンドに
小さい苗、
5本束で、
500円とありました
誰が
水遣りしてるのかな、

疑いましたが
買いました
38年前の事です
(1970年購入)


余談ですが、
この頃は
松類の種も売ってました
今は
見かけません
もっとも
ネット販売では
見かけます
まあ
松ぼっくりを
早く拾えば種を
取り出せます



no1、no2、no3、no4は、
同じ黒松です

no1
01.11の時期に
しなければならない
枯れ葉の取り除き、
前年葉の取り除きの
手入れ等は
していない状態です

no2
10月〜翌年2月までの間に
実施しなければならない
枯れ葉の取り除き、
前年葉取り除きの
手入れを実施した状態です

前年までの葉
(今年伸びた
新芽の葉も
かなり整理取り除きました)
を取り除き
綺麗にし
風通しよくしました
no2aは
その例です
(今年伸びた
新芽の葉も整理した状態)
全ての
枝先をこのようにしてあります


解らなければ、
今年伸びた葉の
整理はしなくて良いです
前年までの
枯葉の取り除きだけでも
樹は相当良くなります


また
no2
no1の鉢を小さくし、
苔もとって
且つ
根が良く見えるように
また
元気に育つように
高植としました
03.04に実施しました


no3は
既に
幹肌、根張は充分です

言っても
約40年弱の姿ですが


余計なことですが、
植物を
育て始めた
当初の私は
松類が
あまり好きでは
ありませんでした

もみじが
大好きで
のめりこんでいました
次は
花物、実物と進んで
草物に進みました
ふっと
思った時に
ぼさぼさの黒松が
ありました
思い出した
ように手入れを
始めました
黒松に関しては
かれこれ
30年弱の
廻り道をしました


右上へ

でも
水遣りだけは続けていました
幹の荒れと
根は
まあまあ良くなってました

釣りでは
「ふな」から始まって
「ふな」に帰ると
言う言葉が
あるようです


盆栽のプロは
黒松が一番と
言っている人が
多いようです

上へ


下へ

本題に
戻ります
no3
no2の鉢を変えました
小さくしました
ちょっと
良いものにしました
no3は
no2の各枝を
針金で上げ下げしました

no4は
no3の翌年の姿です
2010.05の
新芽は切らずに
そのまま伸ばしました


樹の基本作りは
(私も疎かにならないように
どこにでも書いてますが)
整枝剪定の基本を
繰り返ししていれば
出来てきます

その中で
黒松は
黒松のこけじゅんがあります
それを頭に置いて
自分なりに工夫してください
(私に言ってます)
また
自然な樹の姿は
良く観察します
盆栽の展示会等にも行って
観察します


黒松の生きる力とか
黒松の美しさが
出てきたら
当座の完成です


上へ


下へ



松は
針金を掛け
たら良いと
思います
30年程度の木なら、
割合
無理なく枝を思う
位置に持っていけます
余程
へましないかぎり折れません
基本は
幹でも枝でも
二股枝を
扇形、扇形になるように
順次掛けます

針金はまず2種類ぐらい
(太いのと細いのを)
用意して
仮に
曲げてみれば
すぐ解るようになります

黒松は丈夫です
駅の売店で
売っていたぐらいですから
松を
枯らすようだと、
余程さぼった証拠です
乾きめが良いです


黒松 基本的 育て方




仕事しながら
鉢植植物育成法は
こちらでどうぞ



岩 苔玉付 
くろまつはこちらでどうぞ




挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率




挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法




 
小品 ミニ 盆栽 作り方



岩 苔玉 盆栽 作り方



上へ


下へ
上へ