つぎ ごよう まつ

小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
       黒 松  (杉 𣜌) no2       

杉・すぎ  小品盆栽
      
児の手柏
 このてかしわ 
実のあかちゃん
 小品盆栽

下へ
岩 苔玉付 まつ類は こちらでどうぞ
盆栽の杉の育て方 手入れの仕方
児の手柏も杉と同じです



上へ



下へ




 
まえ えぞ まつ
雑木 まとめ
黒 松 類 まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ



03.11
no1
すぎ
杉です。


04.07
no1a
すぎ
杉です。
11.07
no1b
すぎ

小品盆栽
小品の杉です。

盆栽の杉の
育て方
手入れの仕方



水遣り
春~秋:1回/日
夏:2回/日
冬:1回/3日


植替

時期:
3月末

用土:赤玉土

植替頻度:
1回/3年


基本的植替方法は
こちらでどうぞ

肥料


20cm径の鉢で
3mm径の化成肥料
鉢の周囲に
3、4個やる

時期
3月末
植えかえた樹は
4月中旬


整枝剪定


春から伸び出した
新芽の先を摘む

4月、5月
5cm程伸びたら
3cm摘む

6月、7月
4cm程伸びたら
2cm摘む

7月、8月
全体がこんもりするようになったら
蒸れないように
枝透かし
葉透かしをする


きんきゃらぼくの
例ですが、
新芽摘みの説明
こちらでもどうぞ


児の手柏
手の形で
5cm程伸びたら
3cm摘む

8月頃迄
これを繰り返す

置き場

日当たりの
良いところ

夏の水遣りが
2回出来ないなら
夏は日陰


害虫
なし


杉の花粉症
心配なし




10.11

すぎ
雄の花芽
すぎの花芽です。雄です。


植物 俳句

いさんぼ 作


杉落葉もどり漁船の生きのよさ


杉の山冬日が峠越えてくる


いさんぼ、俳句一覧

        上へ



下へ
 
 08.04
no1
児の手柏
中品盆栽
くろべです。
10.05
no1a
このてかしわ
小品盆栽

くろべです。
11.02
no1b

このてかしわ
小品盆栽

くろべの冬の姿です。
15.09
no1c
このてかしわ
小品盆栽
小品盆栽の このてかしわ  です。

no1aは
no1の
途中
小枝のある
上で切りました
小品盆栽と
しました

no1cは
no1bの途中
葉のある上で
切りました

更に小さくしようと
思ってます

途中
鉢は
あれや
これやに
変えてみています

no1cの
先端に実がなってます

可愛らしいので
写真撮りました

 
 

このてかしわ
実の赤ちゃん達

くろべのあかちゃんです。


このてかしわ
実(種)
くろべの実が熟しました。中心の尖ったのが種です。
 





上へ



下へ
 


no1
とno1aとno1bは 
同じ杉 です

no1bは
no1aの幹の
1/3程残して切りました

幹の途中の
小枝のある上で
切りました

小品盆栽にしました

杉らしい
のっぽではなくなりましたが、
今後
小さくとも、
そのような感じが
出るよう育てたいと思ってます


A  は雄の花芽です

花粉症の雄花です

私は
毎年雄花に慣れて
免疫になっているのか
今の
ところ花粉症は大丈夫です

でも
他ががたがたです

脳とか
あちこち
痛いし

杉は
春の新芽が綺麗です


秋の
紅葉の季節には
好きな
もみじの紅葉を
楽しんでいます

でも
贅沢なもので
色づくものに飽きて
杉の緑が目にしみます

no1の
児の手柏は庭木でした

盆栽棚拡張のため
このてかしわを切りました
その際に
このてかしわを
挿し木しました

no1とno2は
別なこのてかしわです

盆栽にするには
芽摘が重要です

芽摘みはこちらでどうぞ
もみじの例ですが同じように
新芽の先を摘むことです


写真 A は
実のあかちゃんです

写真 B は
実が熟しました
種が出来ました


no2aは
冬の姿を撮りました

道行く人が
あらまあ
枯れちゃったのねー
と言って
通り過ぎていきます

確かに、
松や杉の葉は
冬の間
生き生きとはしてませんが
緑色です

くろべは
葉の色が悪い意味で
目立ちます
枯れてはいません
一応写真をUPしました


春からは葉が綺麗です
挿し木も簡単につきます

挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率



挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法



 
小品 ミニ 盆栽 作り方


岩 苔玉 盆栽 作り方
上へ



下へ