つぎ 
きんきゃらぼく

小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
     黒 松  (五葉松) no3      

五葉松・ごよう まつ 小品盆栽  ジンとは

岩 苔玉付 まつ類は こちらでどうぞ

盆栽の五葉松の育て方、手入れの仕方



上へ



下へ


 
まえ すぎ
雑木 まとめ

黒 松 類 まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ



02.06
no1

五葉松。改作中。



04.06
no2

五葉松です。
 



06.07
no3



09.05
no4

小品盆栽
植物 俳句
いさんぼ 作
いさんぼ、俳句一覧




今年の新芽の
伸の様子

五葉松の葉です。ピンセットの先端右側が昨年の葉です。ピンセットの左が今年の新芽の伸びようとしている葉です。
黒松に戻る


上へ



下へ

                       
五葉松  育て方

盆栽改作実例

no1、no2、no3、no4は
同じ五葉松です
改造履歴です

no2は
no1を下記改造しました

根張を
更に良くするため、
良く見えるようにするため
高植としました

鉢も小さくしました

no1は
間延びしている事と
木を小さくするために
全体バランス考え、
幹から出ている
地から数えて
3本目の枝で切りました

途中の余計な枝も切りました
枝によっては
ジンにしています
ジンとわこちらでどうぞ


ジンには03.03に実施しました



no3は
06年に出来た芽が
芽元
(昨年に伸びた
枝葉の元に付いた芽)


余分な間伸びがなく
即、葉を展開しています

新芽が
伸び間伸びびせずに
葉が展開ました
新芽をそのまま伸ばしました

(写真 a 参照下さい
元気な
若木はこのピンセットのところで
今年の新芽がグーット伸びて
間伸びして葉が展開します

写真 a の
追加説明は
こちらでどうぞ




no4は
no3を
更に小さい鉢にしました


根は大満足です

針金を少し掛けました

(2本の枝を
扇を開いた時の様な
角度に掛けます)



09年も
各新葉芽が
詰まって伸び出したので

そのまま
新芽を摘まずに伸ばす予定です

この五葉松の
新芽の伸びを見ていると
若木から
ちょっと青年に入ってきたようです




盆栽の五葉松の
育て方、手入れの仕方



 植替

1  植替頻度

   若木(20年生迄)は
1回/2年

   古木は1回/4年

  2 時期

 春秋の彼岸前後

3 用土:赤玉土

4 植替方法

マルメロでの説明ですが、
どの樹も同じです



整枝剪定
(新芽摘み)

1 
小品(ミニ)盆栽に向けての場合

  イ  
5月中旬頃に
各枝の
新芽がグーットと伸びます
 (特に若木、元気の良い木)
  
伸びすぎた新葉芽は
(新芽の
上部にしか葉がない新葉芽)
今年
伸びだした
新芽元で切ります

この間
伸びした新葉芽は
 基本的には
全ての枝の新葉芽は、
新芽元で切ります

写真 a は
今年の新葉芽が伸び出す
位置です
(ピンセットの位置)
この写真は
新葉芽の伸びはありません
希望する伸びです

上記 イ の
新葉芽を 
伸び出した新芽元で
切るという事は
これは本来せっかく
1年成長して
枝が伸びるところを、
元に戻してしまう事です

五葉松は
黒松のように
新葉芽を切ったところの
新芽元に
今年の
新たな芽は出来ません

五葉松の
切り戻したところへの
新たな
新芽は来年できます


右上へ




 基本的には
1年間の成長を
元に戻す事です
でも
幹、根は
この1年が充分

役立っています
  繰り返していると
強い芽は
出なくなります

出来るなら
上記写真 a のように
新葉芽が
グーット伸びないように
なるのが1番良いことです

特に
小品(ミニ)盆栽としたい場合
今年から
来年への
僅かな枝の伸びでも
抑えられたら
抑えた方が良いです

でも
楽しむにはここまで
やらなくても良いです

知ってさえいれば
やろうと
思ったときからでも充分です
なにしろ
仕事をしていたら
仕事をしながら植木遊びを
楽しむわけですから


小品(ミニ)以上の盆栽に向けて
(大きさを言ってます)


グーット伸びた新芽でも
今年の新芽元まで
戻して切りません


理由は
五葉松は新芽元で切っても

再度
今年の新たな芽は出ません


そこで
今年のグーット伸びた芽でも

そのまま伸ばし
若い葉が開くのを見て
長すぎる部分は切り詰めます
葉があるところで切ります
(伸びた半分程の長さ)

但し
この枝はちょっとでも

伸ばしたくないと思えば
1年のロスでも切り詰めます


これとても
上記写真 a のように詰まった
新芽となれば
そのまま
葉を開かせれば良いのです


樹の力、
肥料、水遣り、
日当たり(置場)等の

相乗効果で
新芽の力が決まります



樹齢の古い樹のほとんどは
新葉芽の詰まった
希望の新芽となります


 整枝剪定
(9月)


 9月に
今年伸びて出来た新芽葉と
前年葉以外は除きます


 但し
あくまで木全体のバランスを
見て実施します

 葉が
混みすぎていたら
前年葉の
一部も除いて大丈夫です


  例えば、
弱そうな枝の葉、
そこに
枝が欲しいところの葉は
残します

どの木にも
言えますが、
2枝残しで剪定するのは
五葉松も同じです

また、小さく小さく作ります
それでも
木は大きくなります


針金掛け

松は針金を
掛けたら良いです

2枝コンビで、
扇形、扇形になるよう
針金を掛けます

相当
無理しても折れません

毎年、
11月〜翌年2月が良いです

私も
no2で
掛けました
結果がno3です

もみじの例ですが
針金の掛け方はこちらでどうぞ


肥料



10cm径の鉢で
3mm径の化成肥料を
鉢の周囲に
3、4個撒きます


時期
秋の彼岸の頃

秋に植替た樹は
植替から
1ケ月後



置き場
日当たりの良いところ


上へ



下へ



ジンの説明
ジンとわ
切ったところが
以前はここに
枝が
あったのだと言う証拠です

また
古木の想をだすため
でもあります

ジンは、
今まで生きていた枝の皮を
剥いで芯を残します

このようにすると
腐ってなくなることはなく、
将来とも残ります


写真 a の追加説明

解りにくいので
説明を加えます
写真を
見ていただいて
ピンセットの右側は
緑が濃いです

ピンセットの左側は
黄緑色です

この
黄緑色が
今年の新芽葉が
開こうとしているところです





鉢植植物育成法は
こちらでどうぞ




挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率




挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法




 
小品 ミニ 盆栽 作り方



岩 苔玉 盆栽 作り方



上へ



下へ
 











上へ



下へ