つぎ 
あわじ くろまつ


小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
    黒 松  (金伽羅木) no4  
 
下へ
金伽羅木・きんきゃらぼく

 
金伽羅木盆栽の
育て方、手入れの仕方


下へ

新芽摘み姿の写真
及び
手入れ方法
 
ミニ盆栽


剪定の写真及び手入れ方法

きゃらぼくは一位(いちい)の園芸品種です
北海道では おんこ とも言うようです

下へ

岩 苔玉付 金伽羅木は こちらでどうぞ




上へ



下へ


まえ 
ごよう まつ
雑木 まとめ

黒 松 類 
まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ


02.04
no1

金キャラボク。新芽綺麗で花と思っています。



03.07
no1a

きんきゃらぼくです。

09.04
no1b
きゃらぼくです。垣根に使われることが多いです。新芽時は特に綺麗です。


11.05
no1c
きんきゃらぼく です。

 
 

12.05

no1d 
金伽羅木 です。


   
 


きんきゃらぼくの葉です。 


   
       
金きゃらぼく 新芽摘み 説明  1 


09.04

新芽摘み
実施前
ピセットの位置で切る
新芽摘み説明用写真です。



09.04

新芽摘み
実施後
新芽摘みを実施した写真です。

09.04

新芽摘み
実施後

再確認
できるように
ピンセットの位置で
摘みしましたと言う
写真です
新芽摘みを実施した後の写真です。ピセットの位置で新芽を摘みました。

植物 俳句

いさんぼ 作


盆栽や五境尖らす雪の花


榧の実や駒の裏読む将棋盤


いさんぼ、俳句一覧

03.07
no2
ミニ盆栽

きんきゃらです。挿し木して4年の姿です。



10.04
no2a

ミニ盆栽
きんきゃらぼくです。春の金色の芽が輝いています。

金きゃらぼく 新芽摘み 説明  2    
11.04
no2b
ミニ盆栽

小品 きんきゃらぼく です。

今年の新芽が
伸び出した
姿写真です

11.04
no2c

きんきゃらぼくの 新芽摘み の位置説明図です。

新芽摘みの
説明用 図です

下記には
新芽摘み及び
枝の剪定及び
樹形の剪定まで
ざーっと説明します

1 新芽摘み

平凡に実施するなら
今年伸び出した
一つ一つの小枝の
黄色or金色の針葉を
今年の伸びだしの
芽先(位置)に
2、3葉残して
摘み取ります
全ての
伸びだした小枝の
金色の葉を
摘み取ります
(図の直線の位置)

2 枝の剪定プラス
新芽摘み

樹景をもっと
整理したいなら
前年葉(緑色)の
針葉が
あるところで
切れば良いです
また
上記 1 と 
前年葉を
切る事と合わせて
実施します

3 樹形改作

更に整理したいなら

不要な枝を切ります

当然
上記 2 
も合わせて
実施します


後は私を含めて
皆さまの樹形に対する
想像力です
頑張りましょう



11.04
no2d
小品
小品 きんきゃらぼくの 新芽摘みの 1つの サンプルです。

no2dは
no2cで説明しました
今年伸び出した
新芽(金色の葉)を
2、3針葉残して
全ての新芽を
摘めた写真です


興味があれば
no2bと
no2cと
no2dを
じっくり
見比べてください




この新芽摘みが
雑木類or
きゃらぼく、
えぞまつ等の樹で
1番重要で
単純で
なかなか長年
(栽培を止めるまで)
持続できない方法です


新芽摘みの利点は

a 
節の間隔が短くなる

b 
摘めた個所から
再度
今年の新新芽がでる


 かつ新新芽が
分岐してでるので
(枝分けれして)
枝の数が増える


等々利点が
沢山あります


         上へ



下へ
 

13.04
no2e
ミニ盆栽 

no2からno2eは
同じミニ盆栽の
きんきゃらぼくです

no2はno1の枝を
挿し木しました


後は
せっせと
芽摘み
しようと思ってます

     
 

きんきゃらぼく です。 

     
         上へ



下へ



きゃらぼく 育て方

no1、no1a、no1b、
no1c、no1dは
同じきんきゃらぼくです

樹の変遷を載せてます


no1aは
no1を
天から地を見まして、
半時計方向に
200度回転させました
根張重視です

また
30度前傾としました
苔も除きました
02.10実施しました

相当良くなりました

no1bは
no1aを
再度検討しなおして
どちらかと言えば
no1の姿に近いところで
整枝剪定しました
かなり枝を摘めました
鉢も小さなものにしました

no1cは
新芽摘みは実施済です

頭が密になってくると
良いのですが

no1dは
no1cの右の枝を
上げ気味にしました
元気が良いようにしました

新芽摘みは実施しています





no1、no2は
別なきゃらぼくです

no2、no2a、no2b、no2c、
no2d、no2eは
同じきんきゃらぼくです

no2は、
ミニ盆栽をを
作ろうと思ってます

no1の枝を挿し木しました

no2の時点で
挿し木4年生です




no2aは
no2の鉢を変えました

no2の時点から地道に
新芽摘みを実施しています
今のところ
枝の伸びを摘めて
節間の詰まった
小気味よい枝が出来ています




くどいですが、説明を続けます

どの樹も同じですが
どの枝
(幹、太枝、細枝)
でも
分岐点は、
2枝残しを基本として
残した枝を短く切ります

これを
今年も、来年も
再来年も続けます

あくまでも基本です
これでなければ
ダメではありません
後は
センスです
自然に適ったセンスです

思い切ってやってみてください
逆に言うと
切り忘れた枝がとても
新鮮な事が多いです

形にはまったものは、
即飽きます

飽きてしまうのは
私だけかも知れません


 きゃらぼくは丈夫です
東京 府中市の夏冬共に
屋外で
越せます
病気も虫も付きません

古い枝でも、
針金矯正する場合
相当頑丈です

相当無理しても
折れる事も少ないです

逆に
なかなか思うに任せません
枝の矯正するなら
若い樹のうちにした方が
良いです
このことは
どの樹にも言えます

挿し木も簡単につきます

 
参考になるかどうか
解りませんが
余談を述べます

上の写真の
no1bもno2dも
まだ
頭が出来ていません
ですから
樹としてとても
完成に近いとは
言えません
そこで
まず
樹の完成は
どのあたりかと
言うことです

樹の完成というものは
ありません
樹は毎日刻々生きています
それでも
有る程度の
出来あがった樹で
あると言う
ぼんやりとした見方はあります
それは
頭が(樹冠)
出来ている樹ということです
頭が出来ているということは
頭が
ふさふさしているということです
金伽羅木の盆栽の
育て方、
手入れの仕方


水遣り
春〜秋:1回/日
冬:1回/3日


植替


3月末〜4月


用土:赤玉土 小粒


植替頻度:

若い樹(10年以内):1回/3年

10年以上:1回/5年


植替方法

マルメロの例ですが、
どの樹も同じです


肥料

時期
9月末〜10月


20cm径の鉢の樹として
3mm径の化成肥料を
4、5個を鉢の周囲に撒く



上へ



下へ




剪定方法

新芽摘み説明


病害虫
ほとんどなし


置き場

日当たりの良いところ
かつ
風通しの良いところ
なければ
準ずるところ
  新芽摘みの方法は
新芽を(金色の葉)、
伸びる度に
伸びた芽の長さの
5割から7割を
指で摘みます
もっと
摘んでも良いです





参考写真は
こちでどうぞ
写真のピンセットは

新芽の摘む位置を
解りやすくするために
添えました
摘める作業は
ピンセットを使わずに
指で実施してください
 例えば
挿し木をした樹を考えてください
成功したとしても
頭に葉が
1枚or2枚です

この頭を
ふさふささせるには
何年間か
育てる必要があります
頭を育てていれば
当然根も出来てきます
それで
頭が出来れば
一応
見れるようになった樹と
言えます

この もみじ 清姫は
完成間近ではありませんが
まあまあ
見れるようではあります

人間は逆です

だんだん
頭が薄くなります
(私のことではありません)
頭に
内容が詰め込まれれば
詰め込まれるほど
頭が薄くなります
 
蝦夷松、きゃらぼく、杉類は
新芽摘みの場合
金物を使って切ると
切り口が枯れて汚くなります

10mm伸びたら
7mm摘み取ります
これを繰り返します
持続してなかなか
出来ませんが、
これを
実施すると節間の詰まった
芽の細かい
素晴らしい木になります

特に
指で取れるぐらいの
若い芽を摘みます

ここまでできなくても
伸びてしまった芽を
摘む事を繰り返します

伸びて枝が固くなったら
鋏で切ります
 
  冗談は
別としまして
自然の樹は
頭がふさふさしています
でも
思い出してください

自然の厳しい地域の樹は
逆に頭が無かったりします

また
樹齢何百年の樹は
やはり頭が
剃り落とされたりします
これも自然です
自然の樹は風雪に耐えて
このようになります
 上へ



下へ
no2bとno2cとno2dは
上記
説明を補足する意味で
別な角度から
また
1部、別な言葉を使って
図で説明しました

参考にしてください

あくまでも
1つのサンプルです

樹形に対する
想像力
(芸術力)
がある方は
当然幹を切っても良いし
様々な方法を組み入れて
実施ください

no2eは
2011年
新芽摘みをして
2年経過した
2013年4月の姿です
新芽摘みはこれから
実施するつもりです

右上に
盆樹も
この
自然の樹の姿に学んで
育てられています
これらを踏まえて
毎日毎日
盆栽の樹に
水遣りをしてください
私はそのように考えながら
水遣りをしています


仕事しながら
鉢植植物育成法
(初歩の初歩)は
こちらでどうぞ



挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率




挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法




 
小品 ミニ 盆栽 作り方



岩 苔玉 盆栽 作り方




上へ



下へ
上へ



下へ