つぎ つちぐも

小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ

カエデ もみじ (桂) かえで no1(2)

桂・かつら   小品盆栽 ミニ盆栽 

下へ

もみじの盆栽の育て方、手入の仕方
(年間の季節ごとの作業)

こちらでどうぞ
前頁の 茜 及び当頁の 桂 の両頁に渡って
記述してあります


当頁は主に 
新芽摘み方法 と 整枝 剪定方法 
を記述しています

トップへ



下へ
 


優れた紅葉の盆栽とは


もみじ盆栽の簡易的な育て方、作り方


岩 苔玉付の 桂は こちらでどうぞ


岩 苔玉付の もみじは こちらでもどうぞ

トップへ



下へ
 

種の蒔き方、発芽状況はこちら


枝の剪定方法のサンプル写真、
説明はこちらにもあります



鉢植植物(盆栽)の枯れる原因

トップへ



下へ
 


幹や枝が枯れる原因


楓(紅葉)の取り木の姿写真はこちらでず


楓(紅葉)の取り木方法はこちらでどうぞ

トップへ


下へ
 

 
まえ あかね
もみじ まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ
03.02
no1
寒樹

もみじ・桂です。寒樹です。雑木はこの姿で評価されます。





03.02
no2
改作実例
向き変更後
もみじ・桂です。改作実例姿です。






03.04
no3

もみじ・桂です。02.10に植え替えました。
05.04
no4

もみじ・桂です。
 




根姿・現状もみじ・桂です。現状の根です。





根姿・改作後

もみじ・桂です。改作実例根姿です。


かつらです。花です。

         トップへ


下へ
 



07.03
no5

もみじ 桂 です。




09.03
no6

小品盆栽


10.03
no7

小品盆栽


11.04
no8
小品盆栽
もみじの桂です。恋猫の戦に巻き込まれて樹の頭をずたずたにされてしまいました。



植物 俳句


いさんぼ 作


もみぢ山抑へきれずに木の芽張る



豆腐屋の喇叭の音やもみじ咲き



いさんぼ、俳句一覧




もみじ かつらです。




もみじの桂の葉です。
 


12.04

no9
小品盆栽
もみじの桂です。
 


13.03
no10
小品盆栽
小品盆栽 もみじ 桂 です。
 
no10は
恋猫の戦いに
まきこまれて
ずたずたにされてから
やっと
改造しようと
思った
no5の時点に
戻りました

これから
気合いを入れて
芽摘みを
忘れずに
実施しようと
思います

もみじも
様々な
整枝剪定方法が
ありますが
馬鹿の一つ覚えで
芽摘みを
実施していれば
相当良くなります

 
 
 



もみじの桂の葉色です。 



もみじ 桂 葉 です。   
         トップへ


下へ
 



 11.01
no100
挿し木成功
 
○印の中です
10.07に2本挿し木しました。内1本成功しました。
 10.06に挿し木しました
苔の鉢に
剪定した枝をひょいと
挿し木しました
2本挿し木して
1本成功

挿し木が成功すると
今でも嬉しいです

挿し木の方法は
こちらでどうぞ






13.03

no100a
ミニ盆栽

もみじ 桂 挿し木 苗  です。
挿し木後
約3年生です

もう
見れるようになりました


私は
どの樹でも
この芽出しが大好きです
もっとも
植物に興味のない人でも
可愛いとか
綺麗とか
欲しいとか
言ってくれます

  剪定の1つのサンプル
もみじのあかねの例
 
 





もみじ 桂 挿し木苗のUPです。
no100aの
鉢を隠して
草原の1本の樹と
見えるように
撮影してみました



         トップへ


下へ
 


写真の履歴の
盆栽の改作説明

no1、no2、no3、no4
no5、no6、no7、no8、no9
全て同じもみじ かつら です


no1の問題点は
根の張る向きが
気に入りません

比較のため、
03.02の根張
(no1)

改作後の
根張(no2)の
写真載せました

03.02の(no1)の
鉢姿を天より地を見まして、
時計方向に30°
回転させて
正面とする予定です

理由としては、
03.02のno1の姿は
右側の根が
後ろに下がっていたのですが、
改造後正面(no2)では
左右並行に張るようになります


no3
実施後の姿です
ちょっとしたことですが、
良くなりました
植替えは
03・03に実施しました
鉢も良いものにしました

no4
no3の頭を取りました
10年後に
更に良くしようと思ってます
私が生きてるかどうか
保証ありませんが


まず持論の高植にしました

no4は
no3を天から地を見まして
ほぼ
時計方向に180度回転しました。
(前後逆としました)

小さくしようと思ってます

今は
頭が改作中で格好悪いです
でも
全体は根が張ってもの凄く
良くなったでしょう

他人に
理解を求めても無駄ですが、
私は大満足です


これが
高植の効果で
私がうそぶいている方法の
サンプルです


桂は芽だし後即ですと、
このぐらいな橙色no4です

まだ
葉は開き出したばかりで
完全にひらいていません
しばらく
この色ですが、
次第に褪せて来ます
それでも綺麗な緑です
綺麗でしょう

園芸品種持つなら、
まず、
桂、をお薦めします

もみじの盆栽を
本格的にするつもりなら
清姫を進めます

no5は 
樹の頭も、少し出来てきました

no6
恋猫の戦に巻き込まれました
塀から盆栽棚へと壮絶な戦いで
棚から
この桂を落としてしまい
私の大事なもみじの枝を
ずたずたにされてしまいました

根の素晴らしさは
変わりません
無理やりに
小品にされてしまいました

小さくしようとは
思っていたのですが、
ここまでは
考えていませんでした

この桂以外に
6鉢程やられました

恋では仕方ないかとあきらめて
気を取り直して
水やりしています

なんだか
私が恋に悩んだ
気の重ーい気持ちです

no7は
気の重ーい一年を経た桂です

no6の鉢を
ちょっと良いのにしました
気分転換です

根は
私の予定通りで完璧です

no8の写真の如くで
枝はまだまだまだまだです

no9とno10は
2012年の姿です
やっと
自ら改造しようとした
no5の時点に戻りました
新芽摘みを実施した姿です


no100と
no100aは
同じもみじの桂です

no100は
挿し木をしました
2本さして1本付きました

no100aは
挿し木3年生となります



優れたもみじの盆栽とは


根張、はどうか

幹から土に向って
根が土を掴むような感じ、
もっと言えば、
幹の最下端から
根が
富士山の裾野のように
広がっているか


幹の太さの自然らしさ、は
どうか

(こけじゅん
と言って
単純に言えば
樹高の上部ほど
幹の太さが細くなる
or
幹から枝の出る間隔が
上部に行くほど
狭くなる
or
幹から出る枝の太さが
上部ほど細くなる
or
枝の先ほど枝の太さが細くなる
等々です


幹の古さは
どうか


幹に傷がないこと、は
どうか


枝の細やかさは、
どうか


葉は小さく
且つ
細かで
きりっとしているか

どうか


葉の色の濃さ、輝きは
どうか

等々となります

その中で
寒樹を見ると
上記
1〜5の項目が
葉がない為に
樹その物の姿が
浮き出てきます

そこで
判定します

右上へ



私が育てている
もみじの
園芸品種で
まあまあ
専門家にも
認められている品種は
清姫です
こちらでどうぞ

盆栽とするには
一般的には
小葉が条件となります、
ということだけ書いておきます
でも
当然
好き好きで
私は
盆栽にならないだろうと
世間で言われている
(優れたもみじの盆栽に
当てはまらない)
園芸品種のもみじを
(葉が大きい、
枝が間延びするもみじ)
主に育てています

園芸品種が主力の
私が
盆栽に関して
世間の評価に
矛盾しながらも
当HPで記述しているのは
私は
園芸品種でも
充分に
盆栽として堪えうると
自信を持っている為です
まあ
そんなに
いきがらなくても でしょうね


もみじの盆栽に
向かっての

簡易的
な育て方、作り方

仕事しながらの
植物育成では
時間は
そんなに取れません
でも
今楽しみたい方
or
将来
暇が出来たら
本格的に育てる為の苗を
作っておきたい方の育て方

そんな方々の為に
下記 1、2、を
提案しています

 A 
根張を良くする

こちらの植替を元に
高植にする

高植にするには

樹が
鉢に植わっているとすれば
鉢から樹を出して
鉢の底の
1/3程に
赤玉土を加えて
その上に
今の樹を植えて
鉢と樹を
紐or針金で確り固定する
そして
樹の根際の土の表面を
ピンセット等で
少し根が出るように土を削る

樹の根際に日を良く当てて
根が良くなってきたら
そのまま高植でも良いし
普通に戻しても良い

高植時の注意
水やりの時
水が弾かれて
相当
丁寧に水やりをする
必要があります

短期間に
根張を良くする方法は
こちらでどうぞ


  B  
幹に傷
をつけないよう
剪定
する手入れの仕方

剪定とは
こちらでどうぞ


剪定のサンプル写真は
こちらでどうぞ



自分が想像する
基本樹形に向かっての
荒削りな
整枝剪定
幹や太い枝に
傷を付けない方法:



切れる時期

イ 
毎年、
3月中旬ごろから
今年の新芽が
伸びだします

新芽が動き出したら
伐りたい
多少太い枝を
切ることが出来ます
太い枝が切れるのは
6月末頃までです
(梅雨の終わりまで)


ロ 
冬に葉が落ちた後

1週間ほどの期間も
伐っていいです
期間厳重に厳守



荒削りに
整理(切る)する枝

イ 
忌枝
(いみえだ)は整理する

イ−1 
 車枝:
1個所から数本の枝が出ている枝

「2本(基本だが拘らない)にする」

イー2 
落ち枝:
下に伸びている枝
「切る」

イー3
 交差枝:
枝と枝が交差している
「交差しないように切る」

  イー4  
かんぬき枝:
幹を貫く様に伸びている
「切る」

イー5 
他に
 立ち枝 並行枝等々

ロ 
こけじゅん
そぐわない枝


C 
切り方

その際
枝元から7mm程離して
切断します


この離して切ることで、
枝が付いていた幹に
傷が残りません

切り残した枝は
自然に枯れて消滅します

なお
太い枝を切る場合の
時期、期間は
厳守したほうが良いです

そうでないと
残したい枝が
枝枯れします

切り口に
癒合剤
どの時期も塗ります
(園芸店で販売してます)

枝枯れの
一般的注意は
こちらでどうぞ



新芽摘み

本格的な
もみじ盆栽を作る
年間作業の一つです
(上記  でも
合わせて実施します)


もみじ(雑木等)の場合
次に記述した新芽摘みが
重要な手入れの一つです

(私自身もどのぐらいやれるか)


時間ある方、新芽摘みを
こまめに実施下さい

(もみじの枝数を
多くする方法
更に
もみじの枝先を
細かく
「しなやか」
にする)

新芽摘みの
参考写真はこちらでどうぞ
新芽摘みしなかった時の
枝の伸びの写真は D です
7日で
約10cm伸びてしまいます
C1は
新芽摘みを実施した後の
残がいの写真です


右上へ

もみじの頁である
この欄で書きますが

雑木類
は全て同様です
参考に、
きゃらぼく、いちょうの
新芽の伸び方の

写真を見てください


新芽摘みの
方法は簡単です

3月中旬頃から
今年の新芽が
動き出します
少し伸ばしたいなーと
思うところ以外
伸びた2mm程の新芽を
ピンセット等
でつまみとります
(新芽はほっとけば
10cmにも
or
30cmにもなります)


トップへ


下へ
 



何故
このようなことをやるのか

枝の節の間隔を
短くするためです

プロは、
この新芽時期は
ハサミを使わない、
というようです
ピセットでなく、
ゆびでつまんで
取っても良いです

指でも
充分対応できますが、
ちょっと時間が経つと
指の爪をたてないと
無理かもしれません
(芽が硬くなってしまう)

更に言えば、
少し膨らんできた新芽を
無理に開いて
伸び出そうとしている
新芽を切ります

細かく言いますと
10mmでも伸ばしたら
だめです
伸びてきたら、
たえず続けます
新芽摘みは
初夏に入る頃まで
続けます

でも
仕事していたら次に休める
1週間後には
もの凄く(10cm)
伸びています

もし
出来たとしても
これを
死ぬまで
続けることになります

ははは
ちょっとオーバーかな

真面目に考えれば
1年でも怠ったら
台無しです

これは物理的に無理です


トップへ


下へ
 



そこで
休める日に
少しづつ
新芽つみをします

これを続けていると
完璧とは言いませんが
芽がつまった
良いものになってきます
これで充分です

私の中で
新芽摘みが
まあまあ成功している
のはこちらの
清姫です

始終失敗するのは
こちらの
やまもみじ

例です


続けて 
葉刈り 
という方法も
紹介します

こちらでどうぞ



トップへ


下へ
 



結論は
もみじの盆栽へ
向かっての
育て方、手入れの仕方は
根張が良くて、
幹の傷がなければ、
綺麗も綺麗で、
惚れ惚れする
もみじの盆栽となります

仕事しているのですから
上記  の
簡易的育て方を
参考にしてください
自分の出来る時間で
楽しめばよいです


余談ですが、

雑木盆栽は
繊細な葉、
枝姿等が好まれます

もみじの盆栽で
園芸品種で
盆栽の展示会等で
見られるのは
清姫、獅子頭、鹿島八房等が
多いです

もみじの盆栽と言いますと、
イロハモミジ系の
小葉が主力です
ある程度年数を経れば
手入れすればするほど
穏やかに成長します

園芸品種は
特に新芽の変化葉、が
綺麗です
紅葉も綺麗なんですが、
東京、府中辺りでは
秋の急激な寒さが
少なくてお見事とは
なかなかなりません

でも
春の新芽時の葉は
それこそお見事と
唸るほどです

私はそこに引かれて、
大葉でも、
枝があばれるものでも、
盆栽として育てています

繊細を良とするのが、
もみじ盆栽の評価ですが
私が育てているものは
ごつごつしたものが
沢山有ります


トップへ


下へ
 



それはそれで
別な良さの発見もあります
それこそ好き好きです

何事も
人の意見は聞いて
参考にする
但し
決めて実行するのは
自分です

またまた
偉そうなこと書いちゃった
ははははは



トップへ


下へ
 




もみじの夏の日差し注意

雑木類の中で
もみじは
特に
夏の日差しに
気を付けます
秋の紅葉が
綺麗になるように
夏の日差しも必要ですが
逆に
日差しが強すぎて
葉がちりちりになってもダメです
難しいです
最近の異常気象による
私の経験を言えば
ミニ盆栽、小品盆栽は
夏に葉焼を起こしやすく
厳重管理が必要です
(どうするか:
50%遮蔽とか、
水枯れ起こさないように
2重鉢にするとか、
水遣りをこまめにするとか
鉢ごと土に埋めてしまうかとか)
でも
残念ながら
東京の府中ぐらいですと
頑張っても
夏と秋(晩秋)の温度差が
少ないために
満足な紅葉は
見られることは少ないです

でも
私の
こちらの頁ぐらいには
なります


トップへ


下へ
 



もみじの育て方no1の
茜(あかね)はこちらでどうぞ



盆栽への一般的ご説明は
こちらでどうぞ


紅葉はこちらでどうぞ


 
挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率


挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法


 
小品 ミニ 盆栽 作り方

岩 苔玉 盆栽 作り方
 





トップへ