つぎ 
しのぶがおか


小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
カエデ

もみじ 立田川
 
no10


立田川・たつたがわ     中品盆栽
         
もみじ盆栽の一目瞭然の年間作業内容

下へ

もみじ(カエデ)盆栽の育て方、 手入れ方法
(年間の季節ごとの作業)




もみじの 茜 及び 次頁の 桂 の両頁に
渡って記述してあります

上へ



下へ


各年間作業のうち 
新芽摘み
 及び 整枝剪定 は 
もみじの 桂 の頁に記述しています
カエデはもみじと同じ育て方です


樹高による盆栽の分類


紅葉はこちらでどうぞ


上へ


下へ

まえ しぎたつさわ
もみじ まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ



02.04
no1

立田川。古い品種です。


05.04
no1a

たつたがわです。
06.05
no1b

たつたがわです。
08.05
no1c

もみじのたつたがわです。
 



09.04
no1d

中品盆栽
もみじのたつたがわです。中品盆栽です。


10.05
no1e
中品盆栽
もみじのたつたがわです。中品盆栽です。
11.05
no1f
中品盆栽
もみじの立田川です。中品盆栽です。
植物 俳句
いさんぼ 作
いさんぼ、俳句一覧




もみじのたつたがわです。新芽の葉です。


もみじの立田川の葉です。 上へ

下へ


もみじの たつたがわ、は

私が持っている
もみじの園芸品種では
1番古いです

no1dの
写真で46年経過しました
購入したのは
接ぎ木2、3年と思うので
トータル約50年生です



no1、no1a、
no1b、no1c、
no1d、no1e、no1fは
同じ 
もみじのたつたがわです


改作履歴を載せてます


02年4月に
no1aは
no1の
一番枝の上で切りました

03年に
残した
1番枝を更に切りました
葉芽を良く確認して
葉芽の上で切りました
(葉芽を良く確認しないで切ると
樹の本体が枯れます)



04年に更に各枝の
バランスを取るように
剪定しました
全体小さくしました
樹高は30cmです
小品盆栽のぎりぎりです

小品盆栽と
言えるかもしれません
でも 
園芸品種のなかでも
葉が大きい方で
全体としては
中品盆栽と言う感じです


根は最高です
満足満足です

no1bは
no1aの
鉢を変えました
剪定もしました
良くなってきました

no1cは
no1bの
鉢を変えました
整枝剪定もしました

no1dは
no1cの鉢を
更に
小さくしました

数年後
枝が纏まったら
素晴らしくなる予定です

no1eは
枝が増えてきました
葉も茂って来ました

no1fは
no1eの
上がり気味の枝を
針金で下げました




但し
前にも書きましたが
たつたがわは
園芸品種中のなかでも
特に葉が大きく、
荒い方ですから
細かな繊細さは
要求できません


私は
この葉が大好きです
もみじの中で
たつたがわは
芽出しが遅いです


aで新芽葉です

夏葉は
葉の形も確りしていて
これがもみじだと言う
葉型、葉色です


私は
このように改作しましたが、
もみじ全体としては
柔らかさが
好まれます



渓流に枝垂れているもみじの枝、
葉とか

風に
そよいでいるもみじの風情とか



それを考えれば
案外元のno1も
良いと思ってます

大きくして
育ててあげられたら
一番良いことには
違いありません

参考にしていただいて
それぞれの
好みを追求してください

脇道にそれますが、

高さによる盆栽の分類は
下記のように

言われてます

明確な基準ではありません


1 普通の盆栽(大物or大型)は
樹高:60〜90or100cm

2 中品盆栽は
樹高:30〜60cm

3 小品盆栽は
樹高:25cmor30cm未満

このクラスには
ミニ盆栽も
含まれています
(小品盆栽は30cm未満
ミニ盆栽は20cm未満という感じです)
また
豆盆栽と言う言葉もあります

超ミニ盆栽=<豆盆栽
という感じです

強いて言えば
豆盆栽は
樹高:10cmor15cm未満でしょう

何故こんな勝手なことを
書いているかというと
決まりがないからです


上へ



下へ



一応上記の様に考えたとして
寸法云々よりも
あくまでも植物の事を考えますと
非常に問題があります

小品盆栽までの樹高ですと
何百年と継続して育てられます
でも
豆盆栽や超ミニ盆栽の樹高に
なりますと
継続して育てられる可能性は
少ないです

小さくとも
長年育む覚悟が必要です

超ミニ盆栽は
鉢も極小となり
(樹と鉢との釣合いからそうなる))
どうしても
長年育てて育むと言うよりは
その場
その場の
奇をてらう
と言う感じになりがちです

その場を楽しんで
結果として
枯らしてしまえば
(育てている人は
そのように思わなくても)

植物を育てる資格がないと
思うのですが


上へ



下へ



植物は
年々どうしても大きくなります

どのように育てても
大きくなります
超ミニ盆栽は
植物を育てた経験が
40年は有る人が
実施するなら
出来るかも知れません

私はダメです
ミニ盆栽でも
(超ミニより大きい)
2010年の
暑さが続くようなら
もう少し
大きい鉢にしようかな
っと
思ってます

こちら
東京・府中では
暑さが酷過ぎて
小品盆栽の鉢の植物が
元気に夏を越えるのは
無理になってきたような
気がします

2011年の暑さはどのようか
今から心配しています


上へ



下へ


もみじ 育て方 1は
こちらでどうぞ




もみじ 育て方 2は
こちらでどうぞ





挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率




挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法




 
小品 ミニ 盆栽 作り方



岩 苔玉 盆栽 作り方
上へ



下へ





上へ