つぎ
はなしょうぶ
ちよのはる


小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
山野草 (花菖蒲) no12(2)   

花菖蒲 紫鳳殿・しほうでん はなしょうぶ

山野草盆栽の花菖蒲の育て方、手入れの仕方
(年間の季節ごとの作業)


下へ

岩 苔玉付 花菖蒲はこちらでどうぞ
 

上へ
まえ
はなしょうぶ
こきょうのはる
山 野草
まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ
09.06
no1
山野草盆栽
花菖蒲 紫鳳殿です。
17.06
no1a

山野草盆栽
山野草 花菖蒲 柴鳳殿  です。

no1とno1aは
別な
花菖蒲の紫鳳殿です

no1aはno1を
株分して作りました

紫鳳殿は
花菖蒲として
一般的な紫色です

様々な色模様の
品種がありますが
紫鳳殿は
古くから
見慣れている色で
思い出も
含まれていて
とても美しいです
また
花菖蒲に限らず
古くから残っている品種は
丈夫で育てやすい
特徴が
あります
 
はなしょうぶのしほうでんです。 花菖蒲 紫鳳殿 花姿  です。
上へ


下へ
   16.06
no2
山野草小品盆栽



 no1は株分して
no1aとno2に
しました

no2は
山野草小品盆栽を
作りました

蕾は
もう一つあります
1鉢に
1、2花と言うのも
可愛いでしょう


歳をとると
小さいとか
少ないとか
薄いとか

好きになりますね

皆さまも
その様に感じたら
歳を意識した方が
良いと思います

関係ないか

   植物 俳句

いさんぼ 作

小弛(おだや)みて人出に適ふ花菖蒲

花菖蒲紬の人も手繰りたり

花菖蒲幼鳥の声彼方なり

奥能登に江戸の血残る花菖蒲

千枚の田に並びたる花菖蒲

花菖蒲いふいふたれば山高し
いふいふ=ゆうゆうのゆうは
さんずい偏に邑です
香気があふれるさまです


先駆けの一輪靡く花菖蒲

いさんぼ、俳句一覧
   山野草盆栽 紫鳳殿 です。      上へ


下へ


花菖蒲  育て方

no1、no1aは
別の
はなしょうぶのしほうでんです

植木屋さんで
小さな苗を200円で買いました
それがno1です
25年前です

株分けして
他に幾鉢か持ってます

no1aは
no1の鉢を株分けして
別な鉢を作りました
06年です

山野草盆栽花菖蒲の
育て方、手入れの仕方
(年間の季節ごとの作業)



植替
(3月)


時期:3月


用土:赤玉土or山野草土


植替頻度:1回/1年

花菖蒲園の地植でも
1回/3年
だそうです

でも
私が作っています
岩苔玉上での花菖蒲
植替困難な場所ですが
根ずいてくれると
見事に咲いてくれます
但し
植替に相当する
岩苔玉上の
花菖蒲の根がある
辺りを切り開いて
増し土はしています


植替方法


花菖蒲は
宿根草です
事典等では
アヤメ科の多年草とも
書いてあります
単純な分け方は
宿根草は
冬に葉が枯れてなくなります
多年草は冬も葉があります


鉢から株を出して
腐った根や
虫等がいないか
チェックします
入れば除きます
次に
古い土を落として
水洗いします


同じ大きさの鉢で
育てるとして
根の1割程を
切り捨てます


用意した鉢の
鉢穴に
株を固定する
荒縄or腐って消える紐等を
通して
鉢底網を置きます


新しい土を入れて
整理した株を
入れて
紐で鉢と株を軽く縛り
新しい土を加えます


古い土と
新しい土の境界辺りを
細い棒で突きながら
馴染ませながら
新しい土を加えます
水をたっぷりやって
終了です


岩苔玉上の植替は
株の根がありそうな
場所を切り開いて
増し土をし
そこにケト土で固めます


肥料
(6月)


時期:花の後(6月 御礼肥)



量:
30cm径の鉢として
5mm径の化成肥料を
鉢の周囲に
5、6個撒きます


花柄つみ
(6月〜7月)


花が咲き終わったら
(1花は1、2日で萎みます)
花がらを摘みます



花は一茎に
二つ咲きます


右上へ

病気や虫の予防
(5月〜11月)

花菖蒲は酷い
病気等はありませんが
茎や葉を綺麗にしてあげます


茎や葉を普段から
綺麗に保ちます
水洗いします

(11月)
特に
葉が枯れだしたら
汚い葉は除き
鉢の土の表面も
雑草とかを除きます
葉は12月初旬には
消えて無くなります


水遣り

春〜秋:1回/日
冬:1回/3日

葉がなくなった冬も
忘れずに水遣りします

置き場

上へ




東京・府中の夏冬共に
屋外で育てられます


日当たりの良いところ

花時以外もよく日に当てる
来年の花芽が付く効果は
肥料よりあります

花時は逆に日陰が良い


風通しの良いところ

花時は強風を避ける


株分け
(10〜11月)


時期:10月、11月


鉢から株を出して
根を水洗いして
根と茎とが
繋がっている
株の位置を見つけて
そこを
2、3個の株に分けます
手で柔らかな力で引っ張ります
無理なら
鋏で切ります

ちょっと
荒っぽいですが、
鉢から株を出して
水洗いせずに
強引に半分に分けても
出来ます
でも
さすがにこれでは
分けたところの傷は酷いです
でも
1、2年経てば
植物は元気に育ってくれます


上へ

下へ


分割した株を
鉢に植えます

植え方は
上記
植替を参照下さい

増やすには、株分け、
種を取る等、あります
種でも4年で咲きます


種を蒔く
(12月)


花の後に
花柄を除かなければ
種がなります


下へ


種を生らせる問題点


本体の株が
実を生らせる事で
疲れて
来年の花芽が減る


出来た種の品種が不明
但し
素晴らしい
新品種が
出来るかもしれません
また
自分の植物への
興味を湧かせる為には
とても良いです

種を取り、
播いた苗の姿はこのようです
緑が綺麗ですよ



岩苔玉上での花菖蒲

こんな
岩苔玉上でも咲きます
植替は
根の付近を切り開いて
増し土はしています


挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率


挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法


 
小品 ミニ 盆栽 作り方

岩 苔玉 盆栽 作り方



上へ 

a
































上へ

上へ