つぎ  
しゅんらん 


小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
山野草 (福寿草)
 
no1

福寿草・ふくじゅそう 葉姿

山野草盆栽福寿草の育て方、手入れ方法
(年間の季節ごとの作業)




福寿草の増やし方(株分け)



岩 苔玉付 ふくじゅそうはこちらでどうぞ


福寿草の地植の栽培





トップへ 



下へ



まえ  
かにさぼてん
野草 まとめ
ホーム・もくじ




08.02
no1

ふくじゅそうです。この大きな鉢なら浅鉢でも地植の様に数年は植え替えせずに育てられます。



09.03
no2

葉姿
ふくじゅそうの葉が出た姿です。この葉が重要で来年の花芽を作ってくれます。日陰が良いです。
10.01
no3
ふくじゅそうです。私のお気に入りです。
 





福寿草です。



福寿草の花です。早春です、早春です。



11.01
no4

ふくじゅそうです。8花芽のうち2花が先行して咲き出しました。



11.02
no5
ふくじゅそうです。自慢は市販品より豪華に咲いてくれます。
11.02
no6

苔庭に積もった
雪の上
11.2.14、苔庭に雪が積もりました。東京・府中では珍しいことです。11.02.15、は雪晴れで見事な福寿草の咲きっぷりでした。

植物 俳句


いさんぼ 作


堀取れば長き根を持つ福寿草


雪晴れのかんかんかんと福寿草


いぐわいにも向きあちこちや福寿草


月火水木金土晴福寿草





福寿草の花のUPです。



もやもやをふりはらひたり福寿草


空よりも眩し斜面の福寿草


湯気揺るる雑木林に福寿草


13.01
花芽
2013年の福寿草の花芽です。まだまだ咲きそうにありません。
2013年は
厳しい寒さで
花芽は
まだまだ固くて
とても
咲きそうにありません



13.02
no7
苔玉付
苔玉付福寿草です。

福寿草の花のUPです。
no7は
no6の
鉢をはずしました


花芽は8個あります

育て方
福寿草を
毎年咲かせるには
花の後
2月末頃迄に
葉が伸び出します
その葉を
大事に育てます

肥料は
no7程度で
5mm径の
化成肥料を6、7粒
全体平均にやります


右上へ 

更に
葉が
続けて伸びますが
4月中旬には
日陰に置きます

最大の注意は
5月頃には
葉が
枯れてなくなります

その後も
忘れずに
水遣りを続けます
12月頃
花芽が
土の表面に
膨らんできて
1月or2月に
咲きます

知っておくのは
根が長いことです
ですから
花の咲く頃
園芸店の様に
根を切って
小さい鉢に
格好付けて
植えないことです

もし
植えても
花の後は
大きな鉢で
育てます

13.02
no7a
苔玉付
苔玉付 福寿草 です。8花芽の内6花咲きました。

no7とno7aは
同じ
苔玉付の福寿草です

 no7aは
no7から1週間後です
寒かったり
日が少なかったりで
やっと
6花咲きました
まだ
2花咲いていません


no7とno7aは
撮影角度を
少し変えてます
 
福寿草雑木林を突きたり


金冠に宇宙写して福寿草


棟梁の声詰まらせる福寿草

靄なれど咲き乱れろや福寿草


腐葉土に靴音軽ろし福寿草


いさんぼ、俳句一覧

   
   14.02
ミニ盆栽

ミニ盆栽として一輪咲を作りました。以外に可愛らしいです。
 17.02
小品盆栽
no8
フクジュソウ  です。

no1の鉢を
no2以下で

あれこれ説明
してますが、更に
加えると

一部
粗末にして枯らしたり
幾鉢かに分割して
他人にあげたり
弱らせたり
してしまいましたが
辛抱して
no8まで
復帰させました

フクジュソウ  花です。 
 
     トップへ 



下へ

盆栽改作実例


no1、no2、no3、
no4、no5、no6は
同じふくじゅそうです


no1は
我家で35年になります

no2は
no1を
3つに株分しました

その中の1つです
小さな鉢に格好付けました

no2は
花が殆ど終わって
葉が出てきた姿です

no2は
no1の
鉢を体積で1/4にしました
雑木林の緩い傾斜地に
咲いているように
想像して作りました

no3は
no2の
葉が養分を蓄えて
花芽を形成し
それが咲いてくれた姿です

この姿も
間もなくno2のように
葉が茂ってきます

no4は
今、咲きそうなのは2花ですが
全体は8花芽あります
先行して
2花が咲き出しました
でも
全体の開花は
2週間程遅れています
当然に
苔も
まだまだ生きの良い緑に
なってくれてません

ふくじゅそうが咲く時期は
苔が緑でないのが
残念ですね

no5は
no4が
満開となりました
ただ
先行して咲いた2輪は
萎んでしまいました
毎年、
全体が
まあまあ揃って咲きますが
2011年は
ばらばらとなってしまいました

2011年の気温の現状は
東京・府中で
小寒、大寒の最低気温が
 0度付近
今後1、2週間も 
1、2度の予想です
私が感じる平年より
3度程低いように思います

余談ですが
このような年は
春になると
樹木の花は一気に咲いて
見事となってくれるでしょう


11.02.14から
11.02.15にかけて
雪が降りました

苔庭は10cm積もりました
02.15は
雪晴れで福寿草も満開でした

no6は
苔庭の雪の上の
福寿草の写真を撮りました



順調に育てられた
本来の福寿草は
吃驚するぐらいの
長い根があります
この長い根を
大事にして育てます
ですから
格好付けずに
深鉢で育てたら簡単です


販売されている福寿草の根
(浅い平鉢の福寿草)
販売時期は12月〜1月


初冬〜正月にかけて
(正月用の花として)
町で売っている
平鉢の福寿草は
その年は
なんとか
1、2花は
咲いてくれて楽しめますが
花は貧弱です
根も貧弱です

酷いのは
薄い鉢に入るように
根が大きく切ってあります


来年も花を楽しむには、
花が咲き終わったら即、
深鉢or地植に
植替して育てます
(平鉢に植えられていた場合)

元気に育てて
それを
来年の
正月用に飾るなら
秋になって鉢に植えます


花を見た後の処置
(1月中旬〜2月中旬)

浅鉢から深い鉢に
植替る場合


根を見て
黒く腐っているところは除き
全体の根の2割を切ります

後はそのまま
深鉢or地植に
移して育てます
前の古い土は落とし
新品の土を加えます
但し
古い土は
簡単に落ちる程度で
良いです
新品の土は
赤玉土で良いです


葉が元気に繁ります
(2月中旬〜5月中旬)

がぐんぐん伸びて
鉢の土の中では
新根が伸びて
長く元気な根が
育ってきます

それらが
来年の
花芽を付けてくれます



病気、虫
目立つ問題はなし


置き場

東京・府中の夏、冬共に
屋外で育てられます

下記 9−A の開花期は
日向が良いです

下記 9−Bの葉が茂って
新葉が確り固まりだす
時期以後は
日陰が良いです

トップへ 



下へ

山野草盆栽福寿草の
育て方、手入れ方法
(年間の季節ごとの作業)



植替:
(1月中旬〜2月中旬
or
11月〜12月)


時期


今年購入した福寿草の植替
時期:1月中旬〜2月中旬


購入して何年か育てている福寿草
(秋の生育度合いによる
付いた花芽の数が
少なければ実施しない)

時期:11月〜12月


用土:赤玉土or山野草土


植替頻度:1回/3年


植替方法

昨年12月〜今年1月に
購入した福寿草

花の後に
植替る(こちらでどうぞ)


購入して何年か育てている福寿草

福寿草の秋は葉がありません


花芽として
ぷくっと膨らんできた芽を
大事にして
鉢から
全体を取り出します


底にある
古い根をよく見て
汚い根や
虫がいないか見て
綺麗なら
古い土を
軽く除けるだけ除きます


除いたら
全体の根の
2割ほど切ります


それを
再度鉢に入れて
新しい土を加えて
古い土と新しい土との
境界を
細い棒で突いて
馴染ませます


鉢を含めて
全体を
荒縄で(腐る紐)で縛ります


水をたっぷりやって
終了です


花芽が少ない鉢は
その年は
植替を実施しません



整枝剪定
葉が茂るほど素晴らしい
葉は切りません


肥料
(花の後 2月〜3月)


時期:
花の後、
今年の新葉が伸びだした頃


量:
20cm径の鉢として
5mm径の化成肥料を
鉢の周囲に7、8個撒く


水遣り

春、夏、秋:1回/日
冬:1回/3日
(葉が無くなっても
必ず水遣りする)


購入した
福寿草の手入れ方法


販売時期:12月〜1月


福寿草の性質

福寿草は
長い生きの良い根で生きています
写真
鉢の土が
山になっているのは、
山の中に
ぐるぐる
根がいっぱい詰まってます
このぐらいの鉢盛りなら
花の後
このまま育てられます


右上へ


株分方法は
(2月or11月末)
把握し易いために
記述しますと
今育てている鉢から
福寿草をすっぽり出して
2分割なら半分に割れば良いです


(2月)
花芽が5芽になれば
実施して良いです
(鉢の径は15cmぐらいと
した場合です
鉢の径が大きければ成育には
そのままが良いです)

2芽と3芽に分けます

花の後早めに
(まだ葉が出ない1週間以内)
鉢から株を出し
土を落とし
良く水洗いします
すると
根と茎、花との接続が
良く解ります
といっても
長い根が絡み合っている
ところもあります
その株の中で
分けやすいところを選び
(例で言えば
2芽と3芽を分けやすいところ)
ほぐしつつ
手で引張って分けます

花の後、
時間を置きますと、
来年の花芽のために
葉が成長してきます
その葉が
成長してからでは
葉が傷んでやりにくいです


葉がないのでやり易い
(11月末)

この株分は
秋にやることも出来ます

生産者は
秋が多いようです
花の後、
葉が成長して
夏前には葉は枯れます
蓄えられた養分により
秋口に
花芽が
盛り上がってきます

その花芽付きの株を
分割して
生産者は売りに出します

それを我々は店で買います



福寿草の1年間の様子まとめ


開花
(1月〜2月)
日向が良いです

花は
太陽の陽で開きます

寒暖の差で
開花時期がずれます


新葉の出現
(2月)

花が終わり
葉が出てきましたら
3月中旬頃までは
日向が良いです
肥料もやります


新葉が確りして
その後
枯れてしまう時期
(3月中旬〜5月初旬)

日陰が良いです
但し
薄日がさすところが良いです
庭の樹の下とか
(自生地は雑木林が多いです)



トップへ 



下へ




初夏、葉が枯れてなくなります
(5月初旬)

葉がなくなると
水遣り忘れます

葉がなくなっても
水遣りは
絶対忘れてはダメです



順調に育てば
秋に花芽が付きます
ぷくっと膨れて来ます


飾りつけ


秋の11月末〜12月に、
売っていたような
平鉢等にまた植えます


その時の注意として
町で売ってるように
根を短く切って
無理に
小さい鉢に
しないほうが良です


花が開かなかったり
貧弱だったりします

トップへ 



下へ



岩 苔玉 ふくじゅそうは
こちらでどうぞ




挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率




挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法




 
小品 ミニ 盆栽 作り方



岩 苔玉 盆栽 作り方
 


トップへ 

 トップへ 



下へ
     トップへ 

福寿草の地植での育て方を
良く聞かれます

下記に記述します

秋にポットの苗を買って
正月〜3月にかけて
運よく(多数は上手く開かない)花が開き
見終わったとします

この時
が出て来ていると思います
その葉は大事にして
更に
ポットから根を出して地植にします
(上手く咲かなかった苗も同じ)
特にこの根も大事にします
本来であれば
福寿草の根は長くてとぐろを巻いてます
でも
多分秋に買った苗は
少し根が付いているぐらいでしょう
「根を切られて無理やりポットに入れられています
{そうでない正常(根が長い)なポットもあります}」

ポットから福寿草を出して
地に植えるわけですが
福寿草の特徴を記述します
(地植え場所の環境)

1   葉は花後(3月頃迄)に出ます
この出た葉を
4月中旬頃までは日に良く当てます
以後は日陰にします
(これが重要です)
4月末or5月中旬頃には葉は枯れて
なくなります

2   根はこの葉で作られて
来年の花芽も作られます

根は水が好きで乾燥に弱いです
でも
湿り過ぎも嫌います
また
葉が無くなってからの乾燥も嫌います

上記の
福寿草の好む条件の環境は
1 雑木の下
(晩秋から冬は葉が落ちて春遅くから葉が出る樹)

2 晩冬から初春は日が当たり
(福寿草は日が当らないと花が咲かない)
晩春からは日陰になる土地

3 湿り気はあるが水が留まらないところ
(傾斜地or小高い土地)

福寿草の群生地として有名なのは
長野県 赤怒田(あかぬた)とか
秩父地方とかあります
参考にすると良いでしょう




トップへ 



中へ


育てるには

土は赤玉土(鹿沼土)を主力にした山野草土

肥料は花が済んで葉が出だした頃に
福寿草の根から10cm程離して
ぐるりと周りに
化成肥料(3mm径)を10粒程

水遣りは基本は必要なし
酷い乾燥時(20日も雨が降らない時)は水を遣る


トップへ 



中へ