つぎ
つきぬき
ほととぎす


小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ
   山野草 (上臈 杜鵑草) no15(4)   

 
紀伊 上臈 杜鵑草・時鳥草・
きい じょうろう ほととぎす    

山野草盆栽

山野草の盆栽のほととぎすの
育て方、手入れの仕方



上へ


下へ 

 
まえ  はまぎく
山 野草 まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ



04.11
no1
きいじょうろうほととぎすです。


08.10
no2
きいじょうろうほととぎすです。
 





10.10
no3
山野草
小品盆栽
きいじょうろうほととぎすの小品です。

15.10
no4
山野草
小品盆栽
山野草 小品盆栽 黄じょうろう杜鵑草です。

山野草 小品盆栽 黄じょうろう杜鵑草の花です。
no1からno4まで
全て別な
紀伊じょうろう
杜鵑草です

葉を綺麗に保つには
大きな鉢
(30cm径以上深鉢)か
地植の必要があります
かつ
初夏から初秋まで
70%遮光が必要です

それでも
私は
懲りない人間で
再度小さな鉢で
挑戦しましたが
no4の如く
失敗しました
無念

2004年迄は
no1の写真の如く
葉焼せずに
育ちました


植物 俳句

いさんぼ 作


恐竜の骨組の如杜鵑草


いさんぼ、俳句一覧

上へ


下へ 
紀伊じょうろうほととぎす 育て方

no1、no2、no3は

別のほととぎすです

東京・府中の
夏・冬、屋外で

充分越します

夏は日陰です
丈夫で
吃驚しています

大きな元気な花を
沢山咲かせてくれます

花芽も簡単につきます

no3は
小品盆栽を作りました



肥料は
化成肥料をやってください
no2の
鉢程度(直径20cm)で
鉢際に
5、6粒
(1粒=5mm径)
ぐらいです
春、
新芽が
出だしたらやります
こまごま見てられなければ
5月頃
やれば良いです


難しいのは
葉を綺麗に保つ事です
夏、
日除けしたほうが良いです
水遣りも2回/日
出来れば最高です


私自身も
出来なくて
葉が
綺麗では有りません

来年こそ
紀伊じょろうほととぎすの葉を
綺麗に育てるぞと
今は思うのですが、
来年になると忘れています
人間の性格ですから
諦めています

右上へ

私は出来ないのですが

それでも他人様には

「ほととぎすは水が好きだよ」
っと
名札を付けて書いて
水やりの時に充分注意して
やれば良いのだと
生意気を言ってます

自分が出来ないのにね
あーいやだ
人間やめたくなっちゃう

大きい鉢植と
地植は
問題なく
葉も綺麗に育ちます
これは充分承知ください

2004年の頃までは
no1の写真の如く
綺麗に出来てました

挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率


挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法


 
小品 ミニ 盆栽 作り方

岩 苔玉 盆栽 作り方



山野草の盆栽の
ほととぎすの

育て方、
手入れの仕方



水遣り


春〜秋:1回/日
夏:出来れば2回/日
(最近の異常気象で
夏に
ほととぎすの葉焼けをさせる
のを防止)
冬:1回/3日

葉の裏にも水をかけてやる


植替



時期
秋の花の後
or
晩冬
or
春彼岸の頃


用土
山野草土
(最近は山野草土として
ホームセンターで売ってます)

右上へ


植替方法

樹木のマルメロの例ですが、
草でも同じです


気をつけるのは
根を洗って
新しい土を入れるときに
草の根の根と根の間に
充分土を
満たしてあげることです
また
腐った根はないか

病気の根(宿根草)は
ないかを確認して
古い根の
半分ぐらい
or
1/3は切っても
良いということです


植替頻度
1回/4年

鉢から
ほととぎすを出してみて
鉢底に根が充満してなければ
翌年にまわします


上へ


下へ 




肥料


時期
初夏の頃
(5月)



20cm径の鉢として
3mm径の化成肥料を
5、6個鉢の周囲に撒く



上へ


下へ 



病害虫

時に青虫がいます
ほとんど付かないが注視する


置き場

特に夏は日陰とする

初夏は半日蔭
他は日向
それでも
鉢植は葉が汚くなる

葉を綺麗に保つには
地植とするか
大きな鉢としないとダメです
特に
2006年頃より
紫外線が強くなって
初夏から初秋まで
日陰が良いです
水遣りも
2回/日に必要です

この状況は
どの種類の杜鵑草にも
言えます
上へ


下へ