つぎ  くりんそう

小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ

山野草(金鳳花) no6
 
          
 
金鳳花 きんぽうげ・キンポウゲ



山野草の盆栽のきんぽうげの育て方



上へ


下へ


まえ  きえびね
山 野草 まとめ
植物名検索
いさんぼ
ホーム・もくじ



02.04
no1
北岳

きんぽうげ。北岳です。


03.05
no3
八ヶ岳
八ヶ岳きんぽうげです。
04.04
no4
北岳

きただけきんぽげです。
 



no2
二重鉢の
外側の姿の写真
2重鉢説明用写真です。




八ヶ岳
八ヶ岳きんぽうげです。
北岳
きただけきんぽうげです。
北岳
きただけきんぽうげです。
植物 俳句
いさんぼ 作
いさんぼ、俳句一覧

  山野草の盆栽の
きんぽうげの育て方



no1、no3共に
夏の暑さよけに
2重鉢で育てています
no2は
2重鉢にしている、
外側の鉢の様子です
このように、
きんぽうげが
植えてある鉢を
大きい鉢に入れてます
鉢と鉢の間に、
土でも、
じゃりでもいいです

これで
東京の蒸し暑い夏
越せます
また
日中に、
冷えるよう、
回りに打ち水しています

それ以外は
問題ありません
肥料は
やってもほんの少しがいいです

1回/3年、植替してください


鉢植植物の
植替の基本的考え方


どの木、草花、何でも共通です

  鉢に植えてあるものは、
  植物が
生きていく為に必要な根が、
伸びるために
必要な範囲を
限定されてしまいます
  日数が経過しますと、
自分の根で一杯に
なってしまい
伸びる隙間がなくなります
  また
土自体も粒が細かくなって
水を通しにくくなります

  そうすると
水を掛けても
水は滲みこまなくなります
 
  植替は、
元通りに
根が元気に伸びる空間を
作ってやる事です

そうすれば、
また水がさーっと土を
通るようになります
  水といっしょに
必要な空気も
通ることになります
  これが特に必要です

右上へ


  

  だからといって、
根が詰まったから、
真夏の暑い時でも
即、
  植え替える

いうわけにはいきません
  その為、
植替適期、
適当な用土が
言われています
 
  しかし、
必要な知識を
得た上で、
時期はずれ
、好きな用土で、
実施するには、
  なんら問題が起こりません

  もう少し
細かく言いますと、
根を切ったら、
根に頼って生きてきた
幹、枝、葉の
  バランスを
頭に入れておきます

  という事は、
根を切ったらそれ相当の
枝葉も
切るという事です


上へ


下へ




  知識の裏ずけあれば、
真夏でも
植替出来ます

  植替適期の環境で
実施すれば良いのです

  要は
やってみることです
  大した
問題起こりません 



挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率




挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法




 
小品 ミニ 盆栽 作り方



岩 苔玉 盆栽 作り方
 
上へ



下へ 




















上へ



下へ 




















上へ

下へ 




 
上へ