つぎ 
いちょう そろ
 

小品盆栽ミニ盆栽いさんぼ

      雑木 (楡欅)   no3     

楡欅・にれけやき ミニ盆栽 小品盆栽 



楡欅盆栽の育て方、手入れ方法

(年間の季節ごとの作業)




新芽摘みの説明


紅葉はこちらでどうぞ




トップへ


下へ


まえ こなら
雑木 まとめ

黒 松 類 
まとめ
植物名検索
ホーム・もくじ

リンクの頁
03.11
no1

にれけやきです。紅葉です。
05.11
no2

にれけやき・紅葉です。
08.04
no3
にれけやきです。
 
にれけやきの新芽です。

 10.04
no4
ミニ盆栽
芽出し
にれけやきです。取り木をして取った部分です。

10.09
no4a
ミニ盆栽

手抜きで
ぼうぼうとなりました
ミニのにれけやきです。ぼうぼうにしてしまいました。



10.09
no4c

ミニ盆栽
本来の芽摘みでなく
剪定で整えました

ぼうぼうのにれけやきを剪定で整えました。本来は芽摘みを続けて整えるのですが。


12.04
no4e
ミニ盆栽

芽出し
楡欅の芽出です。

 植物 俳句

いさんぼ 作

大国の欅紅葉の舞ひやまず

新緑の梢の揺れの静かなり

新緑や黙りなさいよ群れ雀

新緑やいつもと違ふ帰り道

新緑や勿体無きを思ひ出し

粋な声欅参道枝下ろす

欅の根闇夜御輿案内する

赤とんぼ欅の下の書道展

いさんぼ、俳句一覧
 
  にれけやきの芽出しです。
10.09
no4b

ミニ盆栽

サンプルで
右第一の枝を
針金掛けでなく
針金で
引いている姿です

皆様のサンプルの為に針金掛けでなく、針金引きで右の第一枝を針金で引いている姿を撮りました。


10.09
no4d
ミニ盆栽

サンプルで
左の第一の枝を
針金掛けでなく
棒で
上げている姿です

皆様のサンプルとして左の第一枝を針金掛けでなく棒であげている姿を撮りました。

楡欅の芽出です。
 
10.05
no5
小品盆栽

にれけやきです。取り木をして残った部分です。

10.08
no5a
小品盆栽

剪定忘れの姿
にれけやきです。芽摘みを忘れて伸ばしてしまいました。


10.08
no5d
小品盆栽

剪定後の姿
にれけやきです。剪定後の姿です。

 
 

no5b
剪定忘れの姿

にれけやきです。枝がぼうぼう状態です。


no5e
剪定後の姿
にれけやきです。枝の剪定後の姿です。
   トップへ


下へ
 
no5c
剪定忘れの姿
にれけやきです。ぼうぼうの枝を剪定した位置のサンプル写真です。

   
         
  13.04
no5f
小品盆栽
小品盆栽 楡欅  です。

 楡欅 の新芽です。
今年の新芽が出て
1番美しい時期です
育てている者としては
待ちに待った
心浮き浮きする
時期です
また
樹の品定めを
するにも
良い点、悪い点が
(葉が伸びてないために
樹の幹や
枝の細やかさの
良い点や悪い点)
はっきりわかります

この後
2、3週間後から
新芽摘を開始します

この後
葉が伸びだした姿が
右記のno5gです
 14.06
no5g
小品盆栽

小品盆栽 楡欅 です。
 
no5〜no5gは
同じ
楡欅です
変遷を
載せてます


左記のno5fの
6、7週間後の姿が
no5gとなります


新芽摘は実施しました
  17.04
no6
ミニ盆栽 
ミニ盆栽 楡欅  です。

no6は
他の鉢で
剪定したニレケヤキ
の枝を
挿し木しました

当樹で
挿し木の6年生です

鉢は
もっと小さいほうが
良いのですが、
最近の気候
(夏の暑が酷すぎる)
に合わせて
(私の水遣りペース
に合わせて)
大きくしました

皆様も
ミニ盆栽では
少し大きな鉢で
育てたほうが
枯らすことが
少ないと思います
ミニ盆栽としては
多少根の張りが
良いですが、
(枝が元気に伸びる)
樹を枯らすよりは
良いと思います

 トップへ


下へ
         
にれけやき盆栽改作実例

no1、no2、no3は
同じにれけやきです

no2は
no1を
天から地を見まして
反時計方向に
50度弱回転しました
根張が良く見える
向きに変えました
また、
no1の右側の
下から2番目の枝の
上で切りました
03.11に実施しました

no3は
no2の
裏表を逆にしました
天からみて
180度回転させました
鉢を小さいのにしました

私の頭は狂っていて
芸術性の思考が
ころころ変ります
またまた
変えたくなりました

本人も心変わりに
困っているんですよね

心変わりによって
no4は
no3を
取り木しました

ミニ盆栽 を作りました
取り木の個所は
no3の
左の1番枝の上です

09.04に実施しました
当たり前ですが
根はまだまだです

no4とno4aとno4bと
no4cとno4dとno4eは
同じにれけやきです


雑木は
葉が無い
寒樹の時期から
芽出し前の姿で
評価されます


葉が無い為に
樹形
or
こけじゅん
等が
充分眺められるからです
no4はその写真です


no4aは
本来は
no4の
芽摘みを実施するところを
手抜きと言うか、
さぼりと言うか、
ぼけと言うか
結論は
ぼうぼうにしてしまった姿です


仕方ないので
枝を剪定(切る)しました


剪定の枝を切る位置は
下記の説明と
同じです(no5c)


枝を切った姿がno4cです
芽摘みをすると
枝が細めに出て
枝の数も
増えてくれます
剪定ですと
枝の数が少なくなります


no4bは
本来
針金掛けでする手入れを
針金で引いて
矯正している姿です

その手入れによって
no4bは
右の
第一枝が下げられました

no4cの
右の第一枝が
上がり気味と
思ったからです

no4dは
左の
第一枝を棒で上げました

no4cの
左の第一枝が下がり気味と
思ったからです


no4eは
失敗やらも含めた
2011.04時点の
現実の姿です

良いも悪いも現実なので
これを認めて
来年に向かい
努力しようと思ってます


雑木は
この芽出しの頃の姿が
抜群です

雑木に限りませんが
この芽出しの素晴らしさが
解るようになれば
植物を育てることが
続けられます


no4aやno4bやno4cや
no4dやno4eを
見ていただいて
自分ならこうすると言う
参考にしてください

基本はこけじゅんです

また
枝の上がり気味は
元気な若木に見えます


枝の下がり気味は
熟年の感じに見えます
(古木)

勉強するのであれば
盆栽展に行って良く見ること
及び
自然の樹を
よくよく見ることにつきます

針金掛けは
ちゃんと
実施した方が良いです
特に
骨格を作る時期には必要です

但し

掛けた針金を
外すことを絶対に
忘れてはダメです


針金で引いたりするのは
専門家でも実施します
やってはいけない方法では
ありません

同じ
雑木の代表格のもみじの
芽出しの
参考写真(もみじ 清姫)は
こちらでどうぞ



右上へ


no5、no5a、
no5d、no5eは
同じにれけやきです

no5は
no3を
取り木して
残った部分の樹です
小品盆栽が出来ました
枝や葉は
まだまだですが
根は充分です

逆に
言いますと
no5の上に
no4をのせると
no3となります
no5、no5a、no5dは
取り木をした後の
たった数か月の
変遷です


no5aは
本来
no5の芽摘み
せっせと
やらなければ
なりませんでした

やり忘れて
枝が
ぼうぼうの
状態になりました

no5dは
no5aのぼうぼうの枝を
剪定
(枝を切りました)
した姿です

枝切りの位置は
no5cの
ピンセットの位置です

一番長い
解りやすい枝を参考に
写しました

他の短い枝も
同じように
切りました
短かい枝は
全体が揃うように短く
切りました

切る前後の枝の姿は
「(no5b、no5c)切る前」)と
「(no5e)切った後)」です

切る前と
切った後の
全体の樹の姿は
no5a(切る前)

no5d(切った後)です


本来は
ここまで
伸ばしてはダメです

細めに
芽摘みをした方が良いです

理由は
芽摘みをした位置から
再度芽を出してくれるので
1年で
小枝がどんどん増えます
no5fは
やっと
新芽の緑が
顔を出した状態で
まだ
新芽摘を
実施しなくて良い時期で
(一番綺麗な、嬉しい姿です)
この後
2週間から
3週間程したら
新芽摘みを
実施し始めなければ
なりません

(新芽摘みは
下記で説明しています)

鉢植から
盆栽にしたい方は
こちらでどうぞ


岩苔にれけやき、は
こちらでどうぞ


楡欅、紅葉は
こちらでどうぞ


挿し木、取り木、株分の
樹種別の成功確率


挿し木、取り木、株分、
接ぎ木の方法


 
小品 ミニ 盆栽 作り方


岩 苔玉 盆栽 作り方



楡欅盆栽の育て方、
手入れ方法
(年間の季節ごとの作業)



植替
(3月)

時期:春彼岸頃


用土:赤玉土


植替頻度:1回/3年


植替方法


鉢から樹を出して
根がびっしり張っているか
腐った根や
虫がいないかチェックします
根が張ってなければ
来年にする
虫等が入れば
除く



樹の根を水で綺麗に洗い
古い土を落とします
6、7割り洗えたら
(根が入り組んでいたら
無理しない)
3割ほどの根を
鋏で切り落とします


鉢底の鉢穴に
樹と鉢を固定する
針金を入れます
さらに
鉢穴に防虫網を置きます
次に
新しい土を入れて
その上に
整理した樹の根を
置きます
新しい土と
整理した根の古い土が
馴染むように
境界辺りを
 

細い棒で突きます
新しい土を入れながら
古い土と新しい土の
境界を突きます



針金で
樹を固定したら
水をたっぷりやって
終了です

固定方法が解らなければ
鉢の外側から
針金で
樹と鉢を固定します
この固定が1番重要です


整枝剪定


樹形を作る剪定
(3月〜8月)

今年の
新芽が伸びだしてから
8月中旬まで
切りたい位置で
幹や太い枝を切れます
こけじゅん
頭に入れて整えます

右上へ

a
トップへ


下へ



様々な
頁で枝切りの方法を
記述しています


切る時は
幹なら太い枝のある先を
太い枝なら細い枝のある先を
細い枝なら
葉のある先を切ります


参考

にれけやきは
細かな葉が沢山
付いています
ですから
自由に切り易いです

でも
葉が少ない他の樹でも
同じように
(写真のno5c)
葉が付いている先を
切ります
そうすれば
樹を枯らすことはありません


時間ある方、
新芽つみ実施下さい
(4月〜7月)

欅を含めて
雑木類は
新芽摘みで
樹形も整えられたら
最高級の樹となります


時期:4月〜7月


方法
春から伸びた新芽を
2〜3葉残して
絶えず繰り返し
新芽を摘みます

細かく丁寧なほど
見事な盆栽に
仕上がります

もみじ いちょう 
きゃらぼく の例ですが、
芽摘みの位置の
参考写真は
こちらでどうぞ



葉刈り
(6月)


時期:6月


欅は
もみじのように
葉柄を残して
葉を切るのではなく
(葉柄がないわけでは
ありませんが
細かくて出来ない)
葉を切って
風通しを良くすると言う
感じです



トップへ


下へ




実施すれば
他の
雑木類と同じように
新新芽が出て
(今年の一番芽は
4月頃出ます
そこから
もう一度
新芽が出ます)
更に
細やかと成ります



もみじの例ですが、
参考にしてください
欅も同じです



余談

仕事していたら
時間取れないと思います
上記 B の
新芽摘みを
なんとか
実施してください
でも
時間ない方
諦めないで下さい

そこで
私が提案しているのは
下記2点です


根張りを良くする
新芽摘みが上手く出来なくても
根は発達しています


幹に傷を付けない

これだけでも
充分見事で惚れ惚れする
盆栽となります

また
細かな手入れが
出来る余裕が
出来てから初めても
(歳をとって
退職してから初めても)
遜色ありません
但し
高級品を購入した場合は
なんとしても
手入れをしないと
枝が茫々となってしまいます


トップへ


下へ




肥料
(5月or9月)


時期:5月or9月


量:
10cm径の鉢として
3mm径の化成肥料を
鉢の周囲に
3、4個撒く


植替を
確実に実施していたら
肥料は少ないほうが
(やらない方が)
芽の詰まった樹と
なります


水遣り

春〜秋:1回/日
冬:1回/3日

最近の夏の暑さは厳しくて
夏は 2回/日が良いです
特に
小さい鉢(20cm以下)は
必要です
参考に
記述しますと
私は
相変わらず
夏でも1回/日です
でも葉はちりちりに
なってしまいます


置き場


にれけやきは丈夫です
東京・府中の夏、冬、
屋外で越します


夏、反日陰が良いです
50%遮光したら良いです
私は
育てている鉢数が多いので
重要な樹のみ
50%遮光をしています






トップへ


下へ
トップへ
トップへ
トップへ