PADI AOW(アドバンスドオープンウォーター) 2日間


オープンウォーターコースでダイビングが出来るようになりました。アドバンスではよりダイビングを楽しむ為に、5つの違ったダイビングを味わってみようというコースです。例えば初めてボートダイビングをしようとする時、楽しみと共に不安な気持ちも大きいのです。
ですからインストラクターと一緒に経験を積むことで安心して、ボートダイビングを楽しむことが出来ます。
ボートに限らず新たな体験を講習で経験することで、スムーズに体験出来るでしょう!
取得後も1つ1つテーマを持ってのダイビングを経験した事で、今後のダイビングがより安全に楽しくなるでしょう!

5ダイブ
必修ダイブ
ディープダイブ・・・深場にダイビングすることの体への影響や浅場との違いを確認します。
ナビゲーション・・・陸はどっち??こんな悩みを解決しましょう!コンパスの使い方や距離の取り方を練習します。
           方向がわかれば水の中での不安感もなくなり、よりダイビングが楽しくなします。

選択ダイブ・・・中性浮力、水中生物、ボート、水中写真、ドライスーツなど

必修ダイブの2ダイブと選択ダイブの3ダイブを2〜3日間で経験していきます。

料金は・・・   
¥31.500−
教材費・講習費・申請費・保険代が含まれます。
※ダイビングフィーが別途かかります。
例 5ダイブすべてビーチの場合
  ダイビングフィー ¥27.500−     
  アドバンスフィー ¥31.500−      計¥59.000−
  他ボート1本に付き¥3.150−がかかります。


PADI RED(レスキューダイバー) 2日間


ダイビングに対する知識や経験をあげる上で必要不可欠なステップです。セルフレスキューはもちろんの事、他のダイバーの安全も考えるダイビングも身に付ける事が出来ますので、視野が広がり、ファンダイブも余裕を持って、楽しめることが出来ます。DMコースへの前資格となります。

参加条件
AOW・EFRの認定を受けている事
15歳以上

コースは・・・
知識開発
REDマニュアルとビデオを使っての予習とインストラクターと復習
ダイビング緊急事態の予防と対処法の基礎を確立させ、セルフレスキューとトラブルを起こしたダイバーをアシストする為のテクニックを学びます。

オープンウォータートレーニング
知識開発セクションで学習したテクニックを、実際にレスキューテクニックへ応用させていきます。12のセクションからなっており、ダイバー曳航など単純なスキルから、水面での人工呼吸といったスキルまでを段階的に、練習していきます。その環境・体格・体力に合わせた方法を見つけていきスキルを身に付けます。

料金は・・・   
¥50.000−
教材費・講習費・ダイビング代・申請費・保険代が含まれます。

PADI DM(ダイブマスター) 6日間〜


インストラクターとなる方の為の入門のコースです。ダイブリーダーまたはアシスタントとして,活動が出来るように高いレベルの知識とダイビングスキルを身に付けます。
エマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケア(CPR)
エマージェンシー・ファースト・レスポンス二次ケア(ファースト・エイド)このコースは生命にかかわる緊急時のための緊急ケアをカバーするものです。知識開発とスキル開発、現実的なシナリオ練習を通して万が一の際に「まず何をすればよいか?」を身につけ、躊躇することなく手がさしのべられるように学習します。
エマージェンシー・ファースト・レスポンス二次ケア(ファースト・エイド)
このコースは即座に生命にかかわらないケガや病気、あるいは地元のEMS(救急隊)が到着するのに時間がかかるか、利用できない場合を扱うものです。知識開発とスキル開発、現実的なシナリオ練習を通して二次ケアと適切なファースト・エイドに焦点を当てて学習します。

EFR
   一次ケア               ¥10.000−
EFR   一次ケア+二次ケア        ¥18.000−

心肺蘇生法を身に付ける事で万が一の時にも慌てず、適正な処置が出来るようになります。レスキューダイバーコースへの前資格となります。
リフレッシュコースorマンツーマンコース   ¥15.000−
ブランクが空いてしまったり、自分のスキルに不安のある方へダイビングスキルを復習するコースです。