漫画書庫 わ〜

<ページ内ショートカット>
○ 「わ!」
○ 「WORKING!!」
○ 「WORLD」
○ 「ワイルダネス」
○ 「わたしの狼さん。」
○ 「わたしの狼さん。 THE OTER SIDE OF LYCANTHROPE」
○ 「ONE PIECE」



「わ!」全3巻

(作) 小島あきら
(刊行) スクウェア・エニックス
(ジャンル) 学園片思いの連鎖4コマ
(ランク) Aクラス
(付記) タイトルになっている「わ!」は「片想いの輪」の「わ」を指す。「まなびや」と世界観を同じくする。奇抜な髪の色のキャラがいないのもいい。キャラの中ではなんといっても――会長!会長!1ページに1ネタという贅沢な空間の使い方をしているが、それが読みやすくていい。エロゲーのネタなども多く、第一印象に反してなかなか際どいネタが多い。



「WORKING!!」1〜11巻

(作) 高津カリノ
(刊行) スクウェア・エニックス
(ジャンル) ファミレス4コマ
(ランク) Bクラス
(付記) 変人ばかりのファミレスの日常を描く4コマ。キャラが気に入ればファンになるだろうが、ストーリーを楽しみたいタイプの人にはお薦めできない。ギャグとしてはごくごくたまにクスッとくるぐらいで、声を出して笑えるようなネタは正直ない。作画も色々と雑。TVアニメが好きになって原作に手を出そうとしているのならば、その補正で愛を補えるだろう。



「WORLD」

(作) 藤崎竜
(刊行) 集英社
(ジャンル) 初期短編集
(ランク) Cクラス
(付記) まだ作者が、かの「封神演義」で一世を風靡する以前の、短編作品を収録した物。それまであまり好きではなかった、短編漫画というジャンルを好きにさせてくれた作品達。季刊ジャンプが出るのが楽しみだった思い出がある。



「ワイルダネス」1巻

(作) 伊藤明弘
(刊行) 小学館
(ジャンル) ガンアクション
(ランク) Dクラス
(付記) 何回読んでも、なかなか物語が把握出来ない。アクションが凄過ぎるのが逆に原因となってしまっているのか?同作者の「ジオブリーダーズ」に比べると、キャラが全く立っていないのが大いに残念。差別化は出来ていると思うのだが……。



「わたしの狼さん。」

(作) 藤原ここあ
(刊行) エニックス
(ジャンル) ほのぼのラブコメファンタジー
(ランク) Cクラス
(付記) 可愛い顔して口が物凄く悪い小桃ちゃんと、その小桃激ラヴのレベル2000のライカンスロープである魔王のお話。男性キャラの女性人気が高いらしい。何と作者のデビューは15歳。これからが非常に楽しみである。



「わたしの狼さん。 THE OTER SIDE OF LYCANTHROPE」

(作) 藤原ここあ
(刊行) エニックス
(ジャンル) ほのぼのラブコメファンタジー
(ランク) Dランク
(付記) 「わたしの狼さん。」の外伝+読みきりが2本収録されている。天然キャラの将軍(女の子)が、ものすごくかわいい。犬化しての「わん。」はかなり反則気味。小桃&魔王もちょびっとだけ登場するので、前作ファンも安心&嬉しいだろう。



「ONE PIECE」1〜63巻

(作) 尾田栄一郎
(刊行) 集英社
(ジャンル) 海賊アドベンチャーロマン
(ランク) Aクラス
(付記) 現代に甦った、古き良き少年ジャンプ漫画のテイストを持った、心の底からワクワクドキドキさせてくれる素晴らしい作品。作者のキャラと読者を大切にする姿勢には非常に好感が持てる。スケールの大きさには圧巻される。この先どうなるんだろう……!と毎週毎週楽しみで仕方がない。



トップへ
トップへ
戻る
戻る